シンザン記念 ミッキーアイル『自分が人より優れている部分はどこか?』



◆シンザン記念2014


【ミッキーアイル】

○Mikki Isle
○牡3
○父 ディープインパクト
○馬名 意味由来⇒ 冠名+母名の一部

==========



◆自分が人より優れている部分はどこか?



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ふむ。ロードカナロアが年度代表馬っすね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「短距離馬の受賞は、タイキシャトルとたった2頭。ロードカナロアは日本競馬史上、最強クラスの短距離馬ってことか」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ですねえ」



オウケンブルースリ
「まあ、そんなカナロアも引退だし、今年は新しい短距離のスターが出てくるといいっすね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。なまこ酢おまち」



オウケンブルースリ
「短距離と言えば、今週は3歳マイル重賞の、シンザン記・・・」



  ガラガラッ



ミッキーアイル
「新しい短距離のスター?それはボクのことですね? 喜」


オウケンブルースリ
「ん?」



ミッキーアイル
「時代を先どるニューパワー!!喜 それはボク! 喜」


オウケンブルースリ
「む。おまえは・・・」


ミッキーアイル
「ふっ」



オウケンブルースリ
「・・・だ、誰だっけ? 汗」


ミッキーアイル
「ち、ちょっとー! 汗汗」



オウケンブルースリ
「冗談だよ。おまえの事は知ってるぜ。走破時計がやたら評判になってるな」


ミッキーアイル
「そう!喜 ボクはデビューから1600mしか使ってない! 喜」


オウケンブルースリ
「ああ」



ミッキーアイル
「まさに!アイル王なのです! 喜」


オウケンブルースリ
「マ、マイル王な 汗」



ミッキーアイル
「デビューからアイルで3連勝中なのです! 喜」


オウケンブルースリ
「ウ、ウソつくんじゃねえ!汗 デビュー戦で見事に負けてるだろ! 汗」



ミッキーアイル
「朝日杯フューチュリティステークスは、抽選でダメでした 落」


オウケンブルースリ
「ク、クジ運悪いな 汗」



ミッキーアイル
「しかし!しかたなく出走した前走の中山1600!朝日杯よりも、超絶に早いタイムで圧勝! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。たしかにな」



ミッキーアイル
「ボクが出てなくてよかったな!アジアエクスプレスよ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ミッキーアイル
「まずはシンザン記念。こんなザコ相手のレースは通過点っす」


オウケンブルースリ
「あ、あんまり言わないほうがいいぞ 汗」



ミッキーアイル
「持ち時計から換算すると、馬なりで回ってきても楽勝! 笑」


オウケンブルースリ
「て、天誅が下るぞ 汗」



ミッキーアイル
「大逃げから、ラスト200mで、ボクのアビリティ『二の脚&三の脚&四の脚』が発動します! 喜」


オウケンブルースリ
「よ、四の脚まであるのか? 汗」



ミッキーアイル
「そう!稀代の逃げ馬!サイレンススススズカさんのように! 喜」


オウケンブルースリ
「ス、が多すぎるぞ 汗」



ミッキーアイル
「春の目標は、NHKアイルカップです! 喜」


オウケンブルースリ
「マイルカップな 汗」



ミッキーアイル
「秋の目標は、アイルチャンピオンシップです! 喜」


オウケンブルースリ
「マイルな 汗」



ミッキーアイル
「春はついでに、ヴィクトリアアイルも勝ちます! 喜」


オウケンブルースリ
「オマエは男だからダメな 汗」



ミッキーアイル
「そして年末は!グランプリ!アイル有馬記念も勝ちますから! 喜」


オウケンブルースリ
「アイル有馬記念ってなによ 汗」



ミッキーアイル
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・ん?」



ミッキーアイル
「・・・ただひとつ、気がかりなことが・・」


オウケンブルースリ
「なによ?」



ミッキーアイル
「・・・逃げていいのだろうか・・と」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ミッキーアイル
「現代競馬は、逃げ馬が人気を背負ってジーワンを勝つのは至難の業・・」


オウケンブルースリ
「まあそうだよなあ」



ミッキーアイル
「2013年度JRA賞受賞馬を見ても、ほとんど差し馬と追い込み馬・・」


オウケンブルースリ
「だな」



ミッキーアイル
「だから、逃げというスタイルが、ボクは不安なんです・・」


オウケンブルースリ
「なるほどねえ」



ミッキーアイル
「やっぱり環境に合わせて、差す競馬とか覚えた方がいいのかなあ・・ 落」


オウケンブルースリ
「難しいとこだな」



ミッキーアイル
「・・・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・自分が人より優れている部分はどこか?」


ミッキーアイル
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生を生きる上において、弱点を克服するのは、たしかに重要だ」


ミッキーアイル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、自分のマイナス部分を、がんばってゼロにしていっても、最終的には『フラットなプラマイゼロの人』になっちまう」


ミッキーアイル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「弱点が無い人間は、なんでもソツなくこなすし、劣等感を感じずに済む」


ミッキーアイル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、何かで突き抜けたり、ものすごく愛されたりする人間ってのは、フラットではなく、凸凹してるもんだぜ」


ミッキーアイル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「環境に合わせて自分を変化させることは、もちろん大事だ。だがよ、環境に動じない自分を作っていくことは、もっと大事なのかもしれねえな」


ミッキーアイル
「・・動じない・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ミッキーアイル
「・・いえ・・。・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ミッキーアイル
「ありがとうございます!シゲさん!迷わず行きます!自分の長所を引き出せるように! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。楽しみに見させてもらうぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあシンザン記念がんばれや。応援行くからよ。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



ミッキーアイル
「・・ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。すまんな。拾ってもらっちゃって。・・・はうっ!!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事2014~ いやん♪凸凹してる♪』



ミッキーアイル
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 これには深いワケがっ!!汗汗」


ミッキーアイル
「・・・決して応援には来ないでください・・じゃ」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ