AJCC ヴェルデグリーン『フラれる原因はもらいすぎだから』



◆AJCC2014


【ヴェルデグリーン】

○Verde Green
○牡6
○父 ジャングルポケット
○馬名 意味由来⇒ 緑+冠名

==========



◆フラれる原因はもらいすぎだから



≪キャバクラの前にて≫



ヴェルデグリーン
「あれ?オウケンさん。今日はシゲさんとこで飲むんじゃないんですか?」


オウケンブルースリ
「ふっふっふ。今日は、レナたんのとこで飲む 喜」



ヴェルデグリーン
「だ、誰ですか 汗」


オウケンブルースリ
「まあ、おまえもレナたんに会えば、ホレてまうやろー! 喜」



ヴェルデグリーン
「・・・オレはキャバ嬢になんか、絶対にホレませんよ 怒」


オウケンブルースリ
「まあよ。とにかく入ろうぜ 喜」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「いらっしゃいませ~♪・・・あぁ~♪オウケンたんだぁ~♪お久しぶり~♪」


オウケンブルースリ
「うわぁ~い!喜 レナたん!いいにおい~!チュウチュウ!ん~! 唇」



No.1キャバ嬢レナ
「こらー♪チュウは禁止だじょ~♪」


オウケンブルースリ
「いいじゃんいいじゃーん!ん~! 唇」


ヴェルデグリーン
「・・・・ 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪・・・あれ?そちらの緑色のスーツを着た、ダンディーさんは?」


オウケンブルースリ
「ああ。こいつはヴェルデグリーン。今週のAJCCの有力候補だ」



No.1キャバ嬢レナ
「えー♪すごーい♪」


ヴェルデグリーン
「フン」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪ヴェルデグリーンさんは、なんで全身、緑色なの~?」


ヴェルデグリーン
「・・・フン。オレの名は、ヴェルデグリーン。ヴェルデはイタリア語で『緑』。グリーンは英語で『緑』だ」


No.1キャバ嬢レナ
「み、みどり三昧だね 汗」



ヴェルデグリーン
「日本語で言うと、『緑緑』だ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ヴェルデグリーン
「だからオレのコーディネートは、スーツからパンツから靴下まで、全身みどりなのだ」


No.1キャバ嬢レナ
「なるほどー♪じゃあ、みどり君って呼ぶね♪」


ヴェルデグリーン
「呼ぶな 汗」



オウケンブルースリ
「ヴェルデよぉ。AJCCはどうよ?」


ヴェルデグリーン
「ええ。中山2200は、オールカマーを勝った舞台。がんばりますよ」



オウケンブルースリ
「おまえは中山コースは走るからな」


ヴェルデグリーン
「ええ。中山のマイスター。通称、なかやマイスターです」


オウケンブルースリ
「そ、それはゴッホさんだろ 汗」



ヴェルデグリーン
「オウケンさん。『チーム ジャンポケ』として、今年はオレ、がんばりますよ」


オウケンブルースリ
「おう。最近はジャンポケ産駒が元気ないからな。俺らでがんばらんとな」


ヴェルデグリーン
「ア、アンタは引退してるでしょ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪みどり君は、彼女とかいるのぉー?」


ヴェルデグリーン
「・・・チッ。これだから女は・・ 怒」



オウケンブルースリ
「どーなのよ。みどり君」


ヴェルデグリーン
「・・・女は得意じゃないっすね」



オウケンブルースリ
「ふーん。モーホーか?」


ヴェルデグリーン
「くっ・・・」



オウケンブルースリ
「あ。オレちょっとトイレな」


ヴェルデグリーン
「はい」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ヴェルデグリーン
「・・・・」




No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪なんで、みどり君は女の子がニガテなの?」


ヴェルデグリーン
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「・・・つき合っても、長続きしねえ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふむふむ♪」



ヴェルデグリーン
「恋愛初期の脳内ホルモンが出てるうちはいい。だが、それが無くなれば、関係は続かねえ。オレはフラれる」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「何が悪いのかわからねえ。この緑のスーツが悪いのかもな。もしくはオレの性格が悪いか。ケッ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「まあ、アンタみたいな、チャラいキャバ嬢に言っても、ムダだろうがな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「オレはモテねえのさ。ハッハ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・悪いのは・・」


ヴェルデグリーン
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「悪いのは、グリーンのスーツでも、みどり君の性格でもないかも」


ヴェルデグリーン
「はぁ? 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「誰も悪くない。ただ、メリットバランスが変わっただけなのかも」


ヴェルデグリーン
「なに言ってんだオマエ 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・アタシの考えだから、間違ってるかもだけどー」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人間関係は、与える量と、もらう量のバランスによって成り立ってる」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「恋愛初期は、脳内ホルモンが気持ちいいから、それだけでバランスが取れてる」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でも、恋愛ホルモンが分泌されなくなったら、そこからはお互いに、与える量ともらう量のバランスが重要になってくるの」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「もらう量が多すぎる人はフラれる。与える量が多い人は愛される。恋愛に限らず」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「メリットっていうのは、お金とか目に見えるものだけじゃなく、愛情や思いやりや、優しい言葉とか、総合的なもの」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「もし、みどり君がフラれやすいなら、それは、みどり君が彼女から、もらうばっかりになってたのかもだね」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ごめんネ。キツイこと言って」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でもさ」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「みどり君に魅力がないからフラれるわけじゃないよ。みどり君は、ちょっと不器用なだけなんだよ」


ヴェルデグリーン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね?」


ヴェルデグリーン
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「みどり君・・」


ヴェルデグリーン
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめんね・・ 落」


ヴェルデグリーン
「・・・謝らないでくれ・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめん・・」


ヴェルデグリーン
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・アタシ・・バカだから、言い方・・わからなくて・・ 落」


ヴェルデグリーン
「・・・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ヴェルデグリーン
「・・・オイ・・キャバ嬢・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「・・いや・・。レナ・・さん・・」


No.1キャバ嬢レナ
「あ。名前・・呼んでくれた・・ 喜」



ヴェルデグリーン
「・・・AJCCで賞金を稼げたら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ヴェルデグリーン
「・・アンタにスーツをプレゼントする」


No.1キャバ嬢レナ
「・・みどり君・・ 涙」



ヴェルデグリーン
「全身グリーンのスーツ。プレゼントするからよ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 涙」



ヴェルデグリーン
「・・オレも、人に何かを与えられる男になるよ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 涙」



ヴェルデグリーン
「・・レナ・・さんのために 照」


No.1キャバ嬢レナ
「ふふっ 涙 あになと♪うれしい 涙」


ヴェルデグリーン
「ふっ 照」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。落ちたなヴェルデ・・。さすがレナたん。恐るべし。つーか、緑のスーツはいらんだろ 汗 やっぱアイツはモテねえな 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ