シルクロードS レディオブオペラ『夢ある者は他人の目に支配されない』



◆シルクロードS2014


【レディオブオペラ】

○Lady of Opera
○牝4
○父 Singspiel
○馬名 意味由来⇒ オペラの淑女

==========



◆夢ある者は他人の目に支配されない



≪焼き鳥シゲにて≫



ストレイトガール
「ついにアンタとの、女の対決の日が来たね。レディ」


レディオブオペラ
「ふっ。負けませんよ。まっすぐ姉さん」



ストレイトガール
「ま、まっすぐ姉さんゆうな!汗 ダセーから! 汗」


レディオブオペラ
「だってそういう名前でしょ?」



ストレイトガール
「アタシの名前の意味は『まっすぐな少女』よ!」


レディオブオペラ
「・・・少女って歳でもないでしょ・・ ボソッ」



ストレイトガール
「な、なんですってー!このガキー! 怒」


レディオブオペラ
「あ。シゲさん。カルアミルクを」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ストレイトガール
「オカマみたいな酒、飲んでんじゃないわよっ! 怒」


レディオブオペラ
「お、女なんですけど 汗」



ストレイトガール
「シゲさん!アタシも注文! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ。何にしやすかい?」



ストレイトガール
「バーボン!怒 もちろん、ストレートで! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あ、あいよ 汗」



レディオブオペラ
「さ、さすが、ストレートガールですね 汗」


ストレイトガール
「当たり前よ!怒 アタシはソフトボールのピッチャーやる時も、ストレート1本で勝負よ! 怒」


レディオブオペラ
「め、メッタ打ちでしょ 汗」



ストレイトガール
「ヘアースタイルも、いつもストレートよ! 怒」


レディオブオペラ
「ま、まあ、馬でパーマかけてる子は、あまりいないっすよね 汗」



ストレイトガール
「車の運転中、左折しなきゃいけなくても、もちろん直進よっ! 怒」


レディオブオペラ
「ど、どこに着くんですか 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「バーボン ストレイトおまち」


レディオブオペラ
「ス、ストレイトて 汗」



ストレイトガール
「おし!一気よ! 怒」


レディオブオペラ
「一気はやめたほうが 汗」



ストレイトガール
「・・・ゴクゴク・・・ぷはぁー!汗 カー! 汗」


レディオブオペラ
「カー、ゆってるじゃないですか 汗」



ストレイトガール
「ノドがー!汗 カー! 汗」


レディオブオペラ
「・・・・汗」



ストレイトガール
「でも、オカーワリ! 汗」


レディオブオペラ
「カー、を利用しておかわりしてる 汗」



ストレイトガール
「・・・競馬の話をしなさいよ!レディ! 怒」


レディオブオペラ
「ね、姉さんがストレイトな話をするからでしょうが 汗」



ストレイトガール
「シルクロードSの1番人気は、譲らないわよっ! 燃」


レディオブオペラ
「いや、たぶん私が1番人気です」


ストレイトガール
「ブッ! 吹」



レディオブオペラ
「うわっ!汗 吹かないでくださいよー 汗」


ストレイトガール
「失礼・・・フキフキ」



レディオブオペラ
「・・・・」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「・・・ねえ。まっすぐ姉さん」


ストレイトガール
「まっすぐ姉さんゆうな! 怒 まっすぐな少女だ! 怒」



レディオブオペラ
「・・・私は、男 藤田さんに育ててもらった・・」


ストレイトガール
「ふむ。アンタは、1度も乗り替わってないね」



レディオブオペラ
「だから今度は、私が、男藤田を男の中の男にしたい」


ストレイトガール
「ややこしいわっ! 汗」



レディオブオペラ
「男藤田をレディにしたい」


ストレイトガール
「女藤田じゃねえか! 汗」



レディオブオペラ
「女藤田にしたい」


ストレイトガール
「すんな 汗」



レディオブオペラ
「藤田シンディーにしたい」


ストレイトガール
「やかましいわっ! 汗」



レディオブオペラ
「・・・私は、男藤田と一緒にジーワンを勝つ。それが、恩返しになると信じて」


ストレイトガール
「ふむ」



レディオブオペラ
「私、京都1200は、4戦4勝。そしてシルクロードSも、京都1200」


ストレイトガール
「ふーむ」



レディオブオペラ
「ここは通過点」


ストレイトガール
「むう」



レディオブオペラ
「藤田シンディーへの通過点」


ストレイトガール
「もうええっちゅうねん 汗」



レディオブオペラ
「・・・下馬評では・・」


ストレイトガール
「・・・・」


レディオブオペラ
「・・・私は、斤量55キロは初めてだから重いとか、去年の夏から7戦連続で使い詰めだとか、初めての重賞挑戦の壁は厚いとか、色々言われてる・・」


ストレイトガール
「そうだね」



レディオブオペラ
「・・・でも・・」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「私には夢がある。夢がある者は、他人の評価に一喜一憂しない」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「自分に『芯』が無い時は、他人の評価に一喜一憂しがち」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「でも私には芯がある。家のトイレのトイレットペーパーも、芯があるタイプを使っている」


ストレイトガール
「知らねえよっ! 怒」



レディオブオペラ
「・・まっすぐ姉さんが強いのはわかってる。でも私にも、負けられない理由がある」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「・・・まっすぐ姉さんってゆうな!って言わないんですか?」


ストレイトガール
「も、もう、めんどくさくなってきたわ 汗」



レディオブオペラ
「ちなみに、まっすぐ姉さんは、京都コースは得意ですか?」


ストレイトガール
「当たり前よ。アタシは京都で2戦して、どっちも惨敗よ」



レディオブオペラ
「・・・・汗」


ストレイトガール
「で、でも距離が1400と1600だったからね! 汗」



レディオブオペラ
「・・・・」


ストレイトガール
「・・・・」



レディオブオペラ
「・・・とにかく・・いいレースにしましょう 燃」


ストレイトガール
「・・そうだね 燃」



レディオブオペラ
「逃げる私と、差す姉さん。ゴール前、楽しみにしてます。まっすぐバアさん」


ストレイトガール
「望むところよ・・・って、誰が、まっすぐババアだコラァァーー!!怒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ