きさらぎ賞~バンドワゴン『賞賛されすぎると堕落する』



◆きさらぎ賞2014


【バンドワゴン】

○Bandwagon
○牡3
○父 ホワイトマズル
○馬名 意味由来⇒ パレードの先頭の楽隊車

==========



◆賞賛されすぎると堕落する



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「たった2戦で、有名人になっちまったよなあ」


バンドワゴン
「たはっ 照 今週は取材がすごいんすよ 照」



オウケンブルースリ
「いいなあ。オレには取材が来ねえぞ」


バンドワゴン
「ア、アンタは引退してるでしょ 汗」



オウケンブルースリ
「オマエのデビュー戦の時は、みんなトゥザワールドしか見てなかったんだがなあ」


バンドワゴン
「あは。6馬身ぶっちぎっちゃってゴメンなさいって感じですかね 照」



オウケンブルースリ
「デビュー戦が 1.0秒差。エリカ様が 0.8秒差だもんなあ」


バンドワゴン
「エリカ賞です 汗」



オウケンブルースリ
「・・・エリカ賞をぶっちぎった感想は?エリカ様」


バンドワゴン
「・・・・」

オウケンブルースリ
「・・・・」


バンドワゴン
「・・・別に」



オウケンブルースリ
「・・・・」


バンドワゴン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「さぶっ! 汗」


バンドワゴン
「ア、アンタがやらせたんでしょうが 汗」



オウケンブルースリ
「あのフリで乗っちゃったよっ! 汗」


バンドワゴン
「もういいです 怒」



オウケンブルースリ
「ふむ。おまえ、ホワイトマズル産駒か」


バンドワゴン
「そう!代表産駒は、ニホンピロアワーズさんです! 喜」


オウケンブルースリ
「ダ、ダート馬ですけど 汗」



バンドワゴン
「ホワイトマズル産駒は、芝にも活躍馬が多数!シルポート!アサクサキングス!イングランディーレ!敬称略!」


オウケンブルースリ
「・・・うーむ。みんな人気薄のどさくさ紛れに、逃げ粘るタイプのような 汗」


バンドワゴン
「チーム ホワイトマズルですっ! 喜」



オウケンブルースリ
「ところでさあ、バンドワゴンってどういう意味よ?」


バンドワゴン
「・・・ふっふっふ。知りたいですか? 喜」



オウケンブルースリ
「いや別に」


バンドワゴン
「ブッ! 吹豆」



オウケンブルースリ
「うわっ!汗 枝豆を吹くな 汗」


バンドワゴン
「名前の由来を予想してくださいよー フキフキ」



オウケンブルースリ
「うーん・・・バンドマンが機材を乗せるワゴン車?」


バンドワゴン
「それは、バンドワゴン」



オウケンブルースリ
「合ってるじゃんか 汗」


バンドワゴン
「違いますよ!バンドワゴンっていうのは、パレードの先頭を走る、でっかい車のことですっ! 喜」



オウケンブルースリ
「・・・・」


バンドワゴン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ。シゲさん、枝豆おかわり」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


バンドワゴン
「ブッ! 吹豆」



オウケンブルースリ
「うわっ!汗 オマエが枝豆を吹くから、すぐ無くなるだろーが! 汗」


バンドワゴン
「くっ・・・。きさらぎ賞という、パレードの先頭をぶっちぎりで爆走してやる・・ ブツブツ」



金髪ギャル
「あ、あの~♪もしかして、バンドワゴンさんですかぁ? 照」


バンドワゴン
「ん?そうですけど?」



ミニスカギャル
「うそー♪ファンなんですー!握手してください♪」


バンドワゴン
「あ。はい 照 ニギニギ」



ミニスカギャル
「キャー♪あになとうごないますぅ~♪きさらぎ賞、がんばってくださいっ♪」


金髪ギャル
「応援してま~すっ♪」


バンドワゴン
「ど、どもです 照」



オウケンブルースリ
「ハッハッハー!喜 お嬢さんたち!そんな小者より、このオレ様と握手するかい? キランっ」


金髪ギャル
「いや、いいです」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹豆豆」



ミニスカギャル
「ぎゃー!汗 お豆がいっぱい飛んできたー!汗 イヤー! 逃」


オウケンブルースリ
「こ、こんちくしょうがぁぁーー!!怒 だったらテメーらのお豆も・・・」



  バキッ!



オウケンブルースリ
「ぐはぁー! 泣」


バンドワゴン
「す、すみません 汗 プロデューサーから殴れって、カンペで指示が出たもんで 拳」



オウケンブルースリ
「くっそー 怒 悔しいが、人気あるな。バンドワゴンよ」


バンドワゴン
「たは 照 そうなんすよー。『クラシック本命候補』とか、『スケールの大きさはジーワン級』とかー 喜」



オウケンブルースリ
「ちっ。今が最高値にならんようにせいや」


バンドワゴン
「えへへ~ 喜」



オウケンブルースリ
「ほ、褒められすぎて、浮かれモードだな 汗」


バンドワゴン
「いやー。みんなに認められて、賞賛されるのって気分がいいっす。ねえ、シゲさん 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


バンドワゴン
「・・・・ 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・余計なお世話とは思うが・・」


バンドワゴン
「ん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・褒められすぎるのは、あまり良くないかもしれねえ」


バンドワゴン
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「本能的に、人は他者からの賞賛を求めるが、多くの場合、人は賞賛されることによって堕落する」


バンドワゴン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「褒められた瞬間、『改善しないとヤバイ!』という危機感が失われるからだ」


バンドワゴン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人から蔑まれたり、バカにされたり、屈辱的な扱いを受けることは苦しいが、皮肉なことに、そんな苦しみの時期にこそ、人は最も成長するのかもしれねえな」


バンドワゴン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。えらそうに言っちまって」


バンドワゴン
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



バンドワゴン
「・・・ボク、ちょっと浮かれてました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



バンドワゴン
「そうですよね・・。『スゴイ』とか『スケールが大きい』なんて言われすぎて、自分を見失うところでした。ありがとうございます。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「ふむ。まあチヤホヤされて転落するってのは、よくあるからな」


バンドワゴン
「そうですね」



オウケンブルースリ
「油断がなくなったオマエは、さらに強くなったか」


バンドワゴン
「いえ。まだまだですよ」



オウケンブルースリ
「はっは。じゃあオレは帰るぜ。きさらぎ賞がんばれや。・・・カタン」


バンドワゴン
「あ。何か落としましたよ。オウケンさん。・・・DVD?」



オウケンブルースリ
「ああ。すまんな拾ってもらっちゃって。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~~スゴイ♪スケール大きいっ♪』



バンドワゴン
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだっ!汗 これには深いワケがっ!!汗汗」


バンドワゴン
「・・・シゲさん。きさらぎ賞、応援してくださいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗 応援馬券、買っとくぜ 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ