京都記念~トーセンラー『結果とは才能と努力の相乗』



◆京都記念2014


【トーセンラー】

○Tosen Ra
○牡6
○父 ディープインパクト
○馬名 意味由来⇒ 冠名+エジプト神話の太陽神

==========



◆結果とは才能と努力の相乗



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ふむ。京都記念はドンナで決まりっすかねえ。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「G1しか使ってこなかったドンナさんが、G2ですからねえ」



オウケンブルースリ
「だよねー。メンバー的にもザコ揃いだし」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ザ、ザコはまずいぜ 汗」


オウケンブルースリ
「まあ、ドンナに断然人気でも、ドンナの鉄板レースに・・」



  ガラガラッ



トーセンラー
「ちょっと待っラー! 走」


オウケンブルースリ
「おう。ラーか」



トーセンラー
「ちょっと待っラ!」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんのよ 汗」



トーセンラー
「ちょっと待った」


オウケンブルースリ
「さ、最初から普通に言えや 汗」



トーセンラー
「京都記念を制するのは、ドンナではないラっ! 燃」


オウケンブルースリ
「ほう。じゃあ誰よ?」



トーセンラー
「ぼくラ」


オウケンブルースリ
「ん?」



トーセンラー
「ぼくラ」


オウケンブルースリ
「・・僕ら?」



トーセンラー
「いや、僕らではなく、ぼくラ」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん。赤ワインおかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



トーセンラー
「き、聞けラー! 怒」


オウケンブルースリ
「うるせえなあ。まあ、ワインでも飲んで落ち着けよ。オレの飲みかけだから、いらねえと思うけど」



トーセンラー
「飲むラ」


オウケンブルースリ
「・・野村?」



トーセンラー
「いや、野村ではなく、飲むラ」


オウケンブルースリ
「じゃあ飲めよ」



トーセンラー
「うん。・・・ゴクゴク・・プハー!オウケンさんの飲みかけだから、まずいラ」


オウケンブルースリ
「じゃあ飲むなやコラァァーー!!怒 ガスガス 蹴」



トーセンラー
「い、痛いラー 泣 けラーないでー 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ラーよ。なんか食うか?」


トーセンラー
「あ、じゃあ、ラーハンとギョララーを」



オウケンブルースリ
「なんて言ってんだよ!怒 誰も理解できねえわっ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「チャーハンとギョウザな。あいよ」


オウケンブルースリ
「理解できちゃったよっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「味噌ラーメンと、海老シュウマイおまち」


オウケンブルースリ
「はやっ!汗 つーか、全然違うものが出てきちゃったよっ! 汗」



トーセンラー
「うわーい。いたラーきまーす! 喜」


オウケンブルースリ
「く、食うんかいっ! 汗」



トーセンラー
「・・・モグモグ。・・・うーん♪ラいう~♪」


オウケンブルースリ
「まいう~って言ってんのか? 汗」



トーセンラー
「まいラ~♪」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



トーセンラー
「オウケンさんも食うラ?」


オウケンブルースリ
「いや、オレは酒のんでっかラ」



トーセンラー
「なんだ。食わねえのかラ」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗」



トーセンラー
「食えばいいのラ」


オウケンブルースリ
「・・・おい、ラーよ」


トーセンラー
「ラ?」



オウケンブルースリ
「・・・さっきから、ちょいちょいタメ口になってねえか? 怒」


トーセンラー
「なってねえラ」



オウケンブルースリ
「・・・それは、なんて言ってんだ?」


トーセンラー
「なってねえわ」



オウケンブルースリ
「タメ口だろうがぁぁーー!!こラー!! 怒 ガスガス 蹴」


トーセンラー
「ぐわぁー!泣 けラーんといて~ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・オ、オウケンさんも、さっきから、ちょいちょい、ラがおかしいぜ 汗」



オウケンブルースリ
「ケッ。まあせいぜい、ドンナにぶっちぎられないように、がんばるんだな」


トーセンラー
「・・ふっふっふ」


オウケンブルースリ
「な、なに? 汗」



トーセンラー
「ご存知のとおり、ボクは京都コースは無敗ラ 喜」


オウケンブルースリ
「い、いや、ご存知じゃねえけど 汗 負けまくってるだろ 汗」



トーセンラー
「ボクは京都コースの鬼。京都コースのボスラ」


オウケンブルースリ
「モスラ?」



トーセンラー
「いや、モスラではなく、ボスラ」


オウケンブルースリ
「まあ、勝手にがんばれよ」



トーセンラー
「ボクの目標は、京都コース三冠ラ! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう」



トーセンラー
「マイルCS!春天!菊花賞!マイルCSは去年勝ったかラー、三冠までは、あと春天と菊花賞だけなのラー! 喜」


オウケンブルースリ
「ろ、6歳で菊花賞に出る気か? 汗」



トーセンラー
「じゃあ、エリザベス女王杯に出ラー!」


オウケンブルースリ
「おまえはオッサンだから無理 汗」



トーセンラー
「ふっ。なぜボクが京都コースにこだわるか?それは京都コースに、適正と才能があるかラー」


オウケンブルースリ
「ふむ」



トーセンラー
「あらゆるジャンルにおいて、結果というのは、才能×努力によって導き出されラー」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「結果とは、掛け算なのラ。つまり、才能と努力、どちらがゼロでも結果はゼロなのラ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「『結果が出なくても、とにかく汗を流してがんばるべし!』というのは日本人の古き良き美徳だが、才能がゼロだと感じたラー、違うジャンルで努力してみることも重要ラー」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「才能があると感じたステージで、全力で努力すラ。それが結果を出すには効果的ラ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「そのためには、色々ラーことにチャラーンジしてみて、自分が何に適正があラーのか、探してみラーことが重要ラー」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



トーセンラー
「フッ。すまねえラー。えらそうに言っちまってラー 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



トーセンラー
「おいこラ。人の話ラ、ラーんと聞いてんのかラ?ラウケンこラー」


オウケンブルースリ
「・・・そ、それは、なんて言ってんだ? 汗」



トーセンラー
「おいコラ。人の話をちゃんと聞いてんのか?オウケンコラ」


オウケンブルースリ
「・・・ふっ 微笑」


トーセンラー
「えへラ 喜」



オウケンブルースリ
「・・・ラーよ。ちょっと人のいないところで話をしようか・・来いや・・ 怒」


トーセンラー
「ラ? 汗 いや、ここでいいラ 汗」



オウケンブルースリ
「・・言葉使いを・・教えてしんぜよう・・ 怒」


トーセンラー
「い、いやラー! 汗 シ、シゲさん!助けて!ラちされラー! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ