中山記念~トウケイヘイロー『発する言葉が世界を彩る』



◆中山記念2014


【トウケイヘイロー】

○Tokei Halo
○牡5
○父 ゴールドヘイロー
○馬名の意味⇒ 冠名+父名の一部

==========



◆発する言葉が世界を彩る



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「レナたん!今日はシャンパンを開けちゃうぞー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「いや~ん♪オウケンたんったら、お・と・こ・ま・え♪♪」



オウケンブルースリ
「でへへー 喜 だから、レナたん!今日こそチュウチュウ~ 唇」


No.1キャバ嬢レナ
「こら~♪当店は、チュウは禁止だじょ♪」



オウケンブルースリ
「いいじゃんいいじゃん~。ん~ん~ 唇」


No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪うふ♪」



トウケイヘイロー
「・・・ヘイ。オウケンさん 怒」


オウケンブルースリ
「ん?どうしたヘイロー」



トウケイヘイロー
「・・・飲みに行くっていうからついてきたのに、なんすかこの店 怒」


オウケンブルースリ
「レナたん~チュウ~ 唇」



トウケイヘイロー
「ヘイヘイ! 汗」


オウケンブルースリ
「なんだよ」



トウケイヘイロー
「オレ帰りますよ 怒」


オウケンブルースリ
「・・・ちょっと待て。ヘイロー」



トウケイヘイロー
「なんすか」


オウケンブルースリ
「おまえが帰ったら、誰がここの金を払うんだ?」


トウケイヘイロー
「しらんがな 汗」



オウケンブルースリ
「言っておくが、オレは今日、金がない」


トウケイヘイロー
「じゃあ来んなよ 汗」



オウケンブルースリ
「おまえは最近、めっちゃ稼いでそうだから、連れてきたのだ」


トウケイヘイロー
「・・・オレはこういう、縦ロールの香水くさい女は、嫌いなんすよ」


No.1キャバ嬢レナ
「えー 泣 『シャネルのチャンス』なんだけど、この香り嫌い~? 落」



トウケイヘイロー
「どうせ男の顔なんか、全員、福沢諭吉にしか見えねえんだろ?」


No.1キャバ嬢レナ
「・・そんなことないもん・・ 落」



オウケンブルースリ
「おい!ヘイロー!言い過ぎだぞ! 怒」


トウケイヘイロー
「フン」



オウケンブルースリ
「まあよ。おまえは今週の中山記念で、また稼ぐんだから、いいだろ」


トウケイヘイロー
「ヘイ。その通りだぜ。オウケンさん 喜」



オウケンブルースリ
「でもよ。秋天で完敗した、ジャスタウェイがいるぜ?」


トウケイヘイロー
「ヘイ。あの時とは条件が全然違うぜよ 喜」


オウケンブルースリ
「ほう」



トウケイヘイロー
「秋天は、ドンナの奴が、後ろから突っついてきやがったんだ」


オウケンブルースリ
「ふむ」



トウケイヘイロー
「『ヘイヘイ!汗 突っつくな!このクソアマ! 汗』と、レース中にケンカしてたほどだ」


オウケンブルースリ
「そ、そうだったのか 汗」



トウケイヘイロー
「そのせいで秋天は、1000m通過が、58.4のハイペース」


オウケンブルースリ
「だな」



トウケイヘイロー
「ジャスタウェイは、アビリティ『殿一気』が発動。そしてオレは大バテ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



トウケイヘイロー
「ヘイ。でも今回は違うぜよ。中山コース。しかも開幕週。しかも単騎逃げで行けそうなメンバー構成」


オウケンブルースリ
「ふむ」



トウケイヘイロー
「ジャスタウェイのアビリティ『殿一気』が発動しても、届かず3着だな。ヘイヘイ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「でもでもぉ~♪レナのお友達の、みどり君は中山がとっても、つおいんだじょ♪」



トウケイヘイロー
「み、みどり君って、誰だ? 汗」



オウケンブルースリ
「ヴェルデグリーン。ヴェルデは『緑』、グリーンも『緑』。だから、みどり君だ」


No.1キャバ嬢レナ
「前回、お店に来てくれて、みどり君はAJCCを勝ったんだよぉ~♪」



トウケイヘイロー
「ヘイ。ヴェルデグリーンさんの前走AJCCは、先行馬が壊滅の展開で、ズバリはまった感が強いヘイ」


No.1キャバ嬢レナ
「むむー♪」



トウケイヘイロー
「ヘイ。お友達だか知らねえが、ヴェルデグリーンさんも届かねえぜ」


No.1キャバ嬢レナ
「むー」



オウケンブルースリ
「まあまあ。ケンカすんなって。あ。オレちょっとトイレな」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ヘイローたん♪お飲み物のおかわりは?」


トウケイヘイロー
「いらん。おまえのクソ香水で、酒の味がわからねえ」



No.1キャバ嬢レナ
「ご、ごみん 落 シャネルのチャンスは、私のお気に入りなんだけどな・・ 落」


トウケイヘイロー
「チッ」



No.1キャバ嬢レナ
「あ。ヘイローたんは、中山記念のあと、ドバイに行くんでしょう?」


トウケイヘイロー
「ヘイ。そうだ。だからこんなとこで負けるわけにはいかねえ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん♪すごいんだ♪」



トウケイヘイロー
「G1級のメンバーとか言われてるが、オレに言わせりゃ、ザコ揃いよ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「ヘイ!ウェイター!もつ煮込みをくれ」


ウェイターの男
「も、申し訳ございません 汗 当店にもつ煮込みは・・ 汗」



トウケイヘイロー
「チッ。ねえのかよ。使えねえな。もういいよ 怒」


ウェイターの男
「申し訳ございません 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「はぁー。使えねえ奴ばっかりだ。世の中は、間違ってるぜ 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「なんで世の中は、こんなに未完成なんだ。バカばっかりだ ブツブツ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それはさ・・」


トウケイヘイロー
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・それはきっと、ヘイローたんが作っている世界なんだよ」


トウケイヘイロー
「あ? 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「・・世界は、自分が発する言葉によって、彩られる・・」


トウケイヘイロー
「あぁ? 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「日頃から、汚い言葉を発する人は、その目に見える世界も濁って見えるの」


トウケイヘイロー
「なに言ってんだ?オメ 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「いつも後ろ向きな発言をする人は、その目に、『不可能』しか映らないの」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「逆に、どんなに苦しい時でも、いつも笑顔でポジティヴな発言を心がける人は、その目に、いつも明るい世界が見える」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「言葉って、習慣だからさ。日頃から心がけてないと、つい汚い言葉、使っちゃうの」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だからね。もし今、ヘイローたんに見える世界が、濁った世界なら・・」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「今日から、『良い言葉』を意識することで、少しづつ変わる。きっと変わるの」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「いつも明るい世界を・・・ヘイローたんにも・・見てほしいの・・ 涙」


トウケイヘイロー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん・・。私バカだから・・。うまく言えなくて・・ 涙」


トウケイヘイロー
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



トウケイヘイロー
「・・・ヘイ。女。・・・いや・・レナ・・さん 照」


No.1キャバ嬢レナ
「あ・・。名前・・ 涙」



トウケイヘイロー
「・・・フー。参ったな。ヘイヘイ 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



トウケイヘイロー
「世界は、自分の言葉が彩っている・・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・うん」



トウケイヘイロー
「アンタの言う通りかもしれねえな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ヘイローたん 涙」



トウケイヘイロー
「オレは、自らの汚い言葉で、自分自身の世界を汚していたんだな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「アンタのおかげで、大切なことに気づくことができた。ヘイヘイ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ううん 涙 私は何もしてない。ヘイローたんが、自分で気づいたんだよ 涙」



トウケイヘイロー
「ふっ」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪ 涙」



トウケイヘイロー
「シャネルのチャンス・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」



トウケイヘイロー
「・・・いい香りだな」


No.1キャバ嬢レナ
「ヘイローたん・・ 涙」



トウケイヘイロー
「中山記念を勝って、シャネルのチャンス、ごっそり届けるぜ。ヘイヘイ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 涙」



トウケイヘイロー
「楽しみに待ってろ。ヘイヘイ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・わかった・・ 涙 えへ♪ 涙」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。やはり落ちたかヘイロー。さすがレナたん。恐るべし 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ