大阪杯2015~ エアソミュール『漠然とした目標は人生の邪魔になる』



◆大阪杯2015


【エアソミュール】

○Air Saumur
○牡6
○父ジャングルポケット
○馬名 意味⇒ 冠名+フランスの都市名

==========



◆漠然とした目標は人生の邪魔になる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「シゲさん!なんと今日は、ツケを全部払いに来たよ!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ホ、ホントですかい?」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・ウッソぴょーん♪エイプリルフールでしたー♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・あれ?怒っちゃった? 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・実はな・・」


オウケンブルースリ
「うん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・この店・・閉めようかと思ってな」


オウケンブルースリ
「えぇ~~~!!!汗汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ななな、な~んでなんでなんで、なんでー? 汗汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・それはな・・」


オウケンブルースリ
「・・・・ ゴクッ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・エイプリルフールだからだ」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


オウケンブルースリ
「くっ・・。やられた。シゲさんが一枚上手だったか・・ 汗」



  ガラガラッ



エアソミュール
「こんにチワワ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



エアソミュール
「席、空いてますか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、満席だぜ」


エアソミュール
「ガラガラですよね 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。エイプリルフールだぜ」


エアソミュール
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ん?オマエは、今週の大阪杯に出走する・・」


エアソミュール
「ふっ」



オウケンブルースリ
「・・・エアキリヤン君でわ?」


エアソミュール
「そ、それは兄ちゃんだっ!誰が知ってんだ! 汗」



オウケンブルースリ
「エイプリルフールだ」


エアソミュール
「いや、ウソはついてないでしょ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「エアキリヤンさん、ご注文は?」


エアソミュール
「あ、はい。じゃあ、ビール10人前!・・・なんちゃって!エイプリルフ・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


エアソミュール
「受けるんかいっ! 汗」



オウケンブルースリ
「おい、エアキリヤン。大阪杯の自信はどうよ?」


エアソミュール
「ふっ。もちろんありますよ・・・つーか、さっきから名前、間違ってます 汗」



オウケンブルースリ
「・・・でもよ。大阪杯には、アイツが出てくるんだぞ?」


エアソミュール
「はい」



オウケンブルースリ
「3文字で、『キ』から始まる・・」


エアソミュール
「ええ」



オウケンブルースリ
「・・・『キリン』がよ」


エアソミュール
「そうなんです。あの首の長さはやはり脅威・・・まてーい! 汗」



オウケンブルースリ
「おお。ノリツッコミ。さぶい」


エアソミュール
「さぶくないじゃないですか! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ビール10人前おまち」


エアソミュール
「飲めるかっ!ホントにきちゃったよっ! 汗」



オウケンブルースリ
「で、キリンに勝つ秘策はあるのか?」


エアソミュール
「ええ。やはり、キリンとゴール前で馬体を合わせる形になると、首の長さ的に、確実に写真判定で負けるので、先に抜け出す形に・・・コラー! 怒」



オウケンブルースリ
「おお。ノリツッコミが上達してきたな」


エアソミュール
「キリンじゃなくて、キズナ! 汗」


オウケンブルースリ
「おし。わかったから、話を進めろ」



エアソミュール
「なにめんどくさくなってんすか 汗」


オウケンブルースリ
「早く進めろ、エアキリヤン・・・キリンとキリヤンがややこしいな ブツブツ」



エアソミュール
「とにかく!対キズナ用の秘策があるのです! 燃」


オウケンブルースリ
「ほう」



エアソミュール
「ふっ。聞きたいですか?」


オウケンブルースリ
「いや別に」


エアソミュール
「ブッ! 吹麦」



オウケンブルースリ
「う、うわっ。ビールを吹き出すな 汗」


エアソミュール
「失礼。フキフキ」



オウケンブルースリ
「で?」


エアソミュール
「はい。対キズナ用の秘策。それは・・」


オウケンブルースリ
「・・・・ゴクッ」



エアソミュール
「・・・『2着狙い』ですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」


エアソミュール
「・・・・」



オウケンブルースリ
「はい。ということで本日のゲストは、エアキリヤン君でしたー。拍手ー パチパチ」


エアソミュール
「締めようとすんな! 汗」



オウケンブルースリ
「まあオレの予想では、おまえの気性難を考えると、そろそろ惨敗もあると見たな」


エアソミュール
「大人になったわっ! 怒」



オウケンブルースリ
「なんつっても、親戚がミスター気性難の、エアシャカール氏だからな」


エアソミュール
「くっ・・」



オウケンブルースリ
「『1着』と『2ケタ着順』が、これだけ多い馬も珍しいな。まさに、じゃじゃ馬w」


エアソミュール
「ぬぬ・・」



オウケンブルースリ
「まあ、頑張んなさいな」


エアソミュール
「くっそー!オレはG1を勝ちたいんですよぉー! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・なんで?」



エアソミュール
「な、なんでって、誰だってG1勝ちたいでしょ!」


オウケンブルースリ
「そうなの?」


エアソミュール
「当たり前です!」



オウケンブルースリ
「ふーん」


エアソミュール
「ねえ、シゲさん!目標がないとダメですよね?!」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・漠然とした目標は、逆に人生の邪魔になることがある」


エアソミュール
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「『G1を勝ちたい』『モテたい』『お金持ちになりたい』といった、漠然とした目標は、ただの願望に過ぎねえ」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「願望は人生を好転させない。人生を変えるのは、一つ一つの行動の積み重ねだけだ」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「願望だけがあって行動がない場合、現実と願望が時とともに乖離し、そのギャップに苦しむことになる」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、持つべきは、『漠然とした目標』ではなく、『具体的な行動プラン』の方がいい」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「極端な話、目標なんかなくても、然るべき小さな行動をコツコツと積み重ねれば、必然的に未来は変わっていくだろうぜ」


エアソミュール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


エアソミュール
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



エアソミュール
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



エアソミュール
「ありがとうございます!シゲさん!これからはオレも、願望ではなく行動を積み重ねたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。そうだな」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



エアソミュール
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ ほら。恥ずかしい願望を言ってごらん。お姉さんがして、あ・げ・る♪』



エアソミュール
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


エアソミュール
「・・・シゲさん。キズナは怪物ですが、全力で頑張ってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ