フィリーズレビュー~ホウライアキコ『ネガティブな言葉は周囲も自分自身も不幸にする』



◆フィリーズレビュー2014


【ホウライアキコ】

○Horai Akiko
○牝3
○父 ヨハネスブルグ
○馬名の意味⇒ 冠名+人名より

==========



◆ネガティブな言葉は周囲も自分自身も不幸にする



≪焼き鳥シゲにて≫



ドリームジャーニー
「シゲさん、ビールおかわりですー 酔」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



オウケンブルースリ
「む。行くじゃねえか。ジャーニーさん」


ドリームジャーニー
「たまにはボクだって、ハメをはずしますよ~ 酔」


オウケンブルースリ
「・・・ハメ・・」



   バキッ!



オウケンブルースリ
「ぐはぁー! 泣」


ドリームジャーニー
「冒頭から、良からぬことを言うのはやめてください 拳」



オウケンブルースリ
「まだ何も言ってねえじゃんかっ! 汗」


ドリームジャーニー
「言おうとしたでしょー。なんか言おうとしたでしょー。今すぐなんか言おうとしたでしょー グビグビ」


オウケンブルースリ
「くっ・・。酒グセわりいな、この男 汗」



   ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


ホウライアキコ
「ハァッ! 喜」



オウケンブルースリ
「は? 汗」


ホウライアキコ
「アッコです。ハァッ! 喜」



ドリームジャーニー
「むむっ!チミは、スターダストレビューに出走する、ホウライアキコちゃんですね! 酔」


オウケンブルースリ
「フィリーズレビューな 汗」



ホウライアキコ
「アッコです。ハァッ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ホウライアキコ
「わらはってぇ~ゆるしてへぇ~♪ハァッ! 歌」


オウケンブルースリ
「歌うな 汗」



ドリームジャーニー
「お~ね~がい~よ~♪はぁっ! 酔」


オウケンブルースリ
「続きを歌うな 汗 ジャーニーさん 汗」



ドリームジャーニー
「フィリーズレビューの自信はどうですかあ?アッコちゃん 酔」


ホウライアキコ
「ハァッ!へんほうわ、はかがはったうへに、マヒルはなははった!ハァッ! 喜」



オウケンブルースリ
「な、なんてゆってんだよっ!怒 いっこもわかんねえわっ! 怒」


ドリームジャーニー
「・・前走は坂があった上に、マイルは長かった・・と」


オウケンブルースリ
「わかるんかいっ! 汗」



ホウライアキコ
「へも!ほんはいわ、へんよんに、ほにはんひゅく!」


オウケンブルースリ
「さ、さすがにジャーニーさんでも、これは解読不能だな 汗」



ドリームジャーニー
「・・でも今回は、1400に距離短縮・・と」


オウケンブルースリ
「わかっちゃったよっ! 汗」



ホウライアキコ
「ひはも!へんほうわ、へんほうばにわ、ひみひいなはれだった。ハァッ!」


オウケンブルースリ
「ジ、ジャーニーさん 汗」



ドリームジャーニー
「・・しかも前走は、先行馬には厳しい流れだった。ハァッ!」


オウケンブルースリ
「ハァッ!は、いらん 汗」



ドリームジャーニー
「・・あ。そろそろボク、トイレに行きたいんですけど~ 酔」


オウケンブルースリ
「ああ。そっちだぜ」



ドリームジャーニー
「・・・どっちですか~? 酔」


オウケンブルースリ
「う、うぜえなっ!怒 そっち行けばわかるよっ!クソ狭い店なんだからっ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「こんなクソ狭くて、クソ汚ねえ店で、迷わねえだろっ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「オ、オウケンさん 汗」



ドリームジャーニー
「・・オウケンくん、ついてきて~ 酔」


オウケンブルースリ
「き、きしょいわっ! 汗」



ドリームジャーニー
「オウケンくーん・・ 泣」


オウケンブルースリ
「わか・・わかったよ!汗 ほら。行くぞ。ジャーニーさん」


ドリームジャーニー
「わーい 酔」



   バタン



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・フッ。すいやせんね。アッコさん。騒々しくて」


ホウライアキコ
「はは。にぎやかなお店ですね 苦笑」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ふ、普通にしゃべれるんですかい? 汗」


ホウライアキコ
「しゃべろうと思えばしゃべれます。ハァッ! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「じゃあ、しゃべればいいぜ 汗」



ホウライアキコ
「・・・はぁー・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・どうしやしたかい?」



ホウライアキコ
「・・さっきは強気にあんなこと言ったけど・・本当は不安だらけ・・ハァッ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「チューリップ賞では、ライバルのハープスターが圧勝・・。凱旋門賞の予想オッズでも、3番人気になったとか・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「アタシは、ジュベナイルフィリーズでは、イレ込みまくり、最後はバテバテだった・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「・・しょせん・・社台のスーパーヒロインのハープスターと、雑草魂のアタシでは、運命が違うんだ・・ハァ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「わらはってぇ~ゆるしてへぇ~♪・・・か。でも負けたら、誰も笑って許してくれないよ・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「あ~あ。このまま早熟とか言われて、枯れていくのかなぁー・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「もう、やってらんないなー・・。ねえ、シゲさん・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ホウライアキコ
「・・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・アッコさんな」


ホウライアキコ
「ん~?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ネガティブな感情は、言葉にしないほうがいい」


ホウライアキコ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「怒りや、嫉妬や、愚痴、恨みごと・・・。これらは、言葉にした瞬間に増幅しちまう」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言えば言うほど、周囲の人も、そして自分自身をも、苦しめることになる」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉には、不思議な力がある。言霊ってやつだぜ」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ムカつく気持ちを、言葉にしてしまいそうな時は、いったん我慢だぜ」


ホウライアキコ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「・・・でも・・。そんなの無理・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・オウケンさんを、見てごらんなせえ」


ホウライアキコ
「え?」




オウケンブルースリ
「おし!ジャーニーさん!にらめっこ対決だ!」


ドリームジャーニー
「はい!もちろん望むところですよぉー! 燃」



オウケンブルースリ
「行くぞ!・・笑うと負けよ~あっぷっぷ!・・・(変顔)」


ドリームジャーニー
「・・・・(変顔)」



オウケンブルースリ
「・・・・」


ドリームジャーニー
「・・・ブーー!!www 豆吹」



オウケンブルースリ
「うわっ!!汗汗 汚ねえなコラァァーー!!怒 枝豆を飛ばすんじゃねえ! 怒」


ドリームジャーニー
「ブーww プププwww」




ホウライアキコ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・オウケンさんの周りには、いつも笑いが溢れている」


ホウライアキコ
「・・・・」




オウケンブルースリ
「大体、そんなに吹き出すほど、変顔してねえぞコラァー! 怒」


ドリームジャーニー
「オウケンくんは、天然モノの変顔ですから」


オウケンブルースリ
「だ、誰が、天然モノだ! 怒 天然マグロみたいに言うな! 怒」




焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・発する言葉は自由だ。そして、発する言葉が、周囲に怒りをまき散らすこともあれば、逆に、誰かを笑顔にすることもある」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉は無限に自由。だからこそ、大切に使わなければならねえ」


ホウライアキコ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「アッコさんが、どんな言葉を選ぶのも、自由だぜ」


ホウライアキコ
「・・・・」




オウケンブルースリ
「おし!2回戦!牛乳を口に含んでの、にらめっこ対決だ!」


ドリームジャーニー
「望むところです!・・・グビグビ(牛乳)」



オウケンブルースリ
「おし。オレも牛乳を含むから、ちょっと待ってくれ・・」


ドリームジャーニー
「・・・ブフゥーーー!! 乳吹」



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー!!乳浴」


ドリームジャーニー
「ぎゃぁーはははは~~!!www 酔」


オウケンブルースリ
「ま、まだ始まってねえぞコラァァーー!! 怒」




焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ホウライアキコ
「・・・オウケンさんは・・わざとバカなキャラを演じて・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「・・みんなを楽しませるために・・自分をピエロに・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「・・誰かを、笑顔にするために・・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「・・・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



   ガタン



ホウライアキコ
「・・あ。オウケンさんのカバン。落としちゃった」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ホウライアキコ
「なんか色々、入ってるな。きっと難しい本とかも読んでるんだろうな。・・・オウケンさんのカバンには、何が入ってるのかな?・・・どれどれ・・」



・ハズレ馬券(大量)
・うまい棒(食べかけ)
・ガリガリ君の棒(ハズレ)
・パチンコ玉(3個)
・レナたんの名刺
・レンタルしたエ●DVD(延滞料金発生中)
・ガラケー(料金滞納で止まっている)
・長らく使用されていないコン●ーム
・財布(現金32円)



ホウライアキコ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



ホウライアキコ
「・・・バ、バカを演じている・・というか・・ほんまモンのバカなのでは・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗汗」



オウケンブルースリ
「おーし!じゃあ次は、タバスコを口に含んでの、にらめっこ対決だぁー!!燃」



  - つづく –

サブコンテンツ