高松宮記念~ストレイトガール『目標にとらわれ過ぎると人生を見誤る』



◆高松宮記念2014


【ストレイトガール】

○Straight Girl
○牝5
○父 フジキセキ
○馬名の意味⇒ まっすぐな少女

==========



◆目標にとらわれ過ぎると人生を見誤る



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ高松宮記念っすね。シゲさん 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「カナロア引退後のスプリント王者は、誰ですかねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「楽しみですねえ」



オウケンブルースリ
「馬券でも大儲けしたいっすね! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ば、馬券の前に、ツケを払ってくだせえ 汗」



   ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ストレイトガール
「こんにちはーーー! 走直」



オウケンブルースリ
「おおっ! 驚 まっすぐに走ってきた!チミは、もしかして・・・」


ストレイトガール
「えへ 照 アタシをご存知ですか?オウケンさん 照」



オウケンブルースリ
「・・も、もしかしてチミは、大人のDVD 『乳をたずねて三千里』に出演してた子では? 喜」


ストレイトガール
「ち、違うわっ!!怒 誰なんだそれはっ!!怒」



オウケンブルースリ
「え?違うの?」


ストレイトガール
「違うしっ!汗 ホラ!このTシャツの背中に刻まれた文字を見よ!」



  『直娘』



オウケンブルースリ
「な、なんだそれ 汗」


ストレイトガール
「これを見れば、アタシが誰だか、わかるでしょーが!」



オウケンブルースリ
「ぜ、全然わからんけど 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ストレイトガールさんですね?」


オウケンブルースリ
「わ、わかるんかいっ! 汗」



ストレイトガール
「そう・・アタシの名前は、まっすぐ姉さん。・・・いや、まっすぐ姉さんゆうな!ダセーから! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ストレイトガール
「ここに来る途中、コンビニでお茶を買ったの」


オウケンブルースリ
「うん」



ストレイトガール
「おつりは50円のハズだったんだけど、500円もらったの」


オウケンブルースリ
「お。ラッキーだな!」



ストレイトガール
「・・・なんでラッキー?」


オウケンブルースリ
「いや、だって、多く金もらえたし」



ストレイトガール
「・・・本来、もらうべきでなかったお金をアタシがもらえば、誰かがその分、損をすることになる。だから返す」


オウケンブルースリ
「は?」



ストレイトガール
「アタシは、おつりが間違っていることを知っている。知った上で、それを受け取ることは、アタシの美学に反する」


オウケンブルースリ
「な、なんて、まっすぐな性格なんだ 汗」



ストレイトガール
「小銭をちょろまかして、得したと思っても、長期的には、実はもっと大きなものを失っている」


オウケンブルースリ
「そ、そうなの? 汗」



ストレイトガール
「小銭と引き換えに、心根が腐る。心根が腐れば、人生が腐っていく」


オウケンブルースリ
「そ、そうだな 汗」



ストレイトガール
「アタシはバナナでも、曲がったバナナは嫌いなの」


オウケンブルースリ
「へ、へー 汗」



ストレイトガール
「大きく曲がったバナナは、心根も曲がっているに違いない」


オウケンブルースリ
「いや、バナナはああいうもんだから 汗」



ストレイトガール
「オウケンさん。あなたは心根が曲がっているから、きっとチ●コも曲がっているんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ち、ちょっと左に曲がってるかも? 汗汗」



ストレイトガール
「・・アタシは曲がらない。まっすぐに進み続ける」


オウケンブルースリ
「す、すばらしいです 汗」



ストレイトガール
「ナンバーワン・スプリンターになるまで、ムダは一切を省いて、最短距離をまっすぐに駆けていく」


オウケンブルースリ
「・・・・ 汗」



ストレイトガール
「人生に、ムダなことをやってる時間はないから」


オウケンブルースリ
「う、うん 汗」



ストレイトガール
「さ。じゃあそろそろ、おいとま・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・直娘さんな」


オウケンブルースリ
「直娘て 汗」



ストレイトガール
「なんでしょうか」


オウケンブルースリ
「返事すんのかいっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・目標にとらわれ過ぎることで、逆に人生を見誤ることがある」


ストレイトガール
「は?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「目標を決めて、一直線に、ストレイトに努力していくことはすばらしいことだ」


オウケンブルースリ
「ストレイトて 汗」


ストレイトガール
「はい。そのつもりでやってます」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・だがな。狭い道を全力疾走することは、最短距離のメリットと同時に、転倒のリスクもあるんだぜ」


ストレイトガール
「転倒?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。人生の視野が狭すぎると、その道がうまくいかなかった時に、対応できなくなることがある。燃え尽き症候群だ」


ストレイトガール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、少しだけ人生に『ムダ』を許容することで、人間としての器が大きくなったりする」


ストレイトガール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・目標へ向かって一直線に、ストレイトに駆け抜けることはすばらしい。だが、肩に力が入りすぎると、逆にうまくいかなかったりするもんだぜ」


ストレイトガール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


ストレイトガール
「・・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「少し力を抜かねえと、出遅れちまいやすぜ」


ストレイトガール
「・・ふふっ・・ 涙 そうですね 涙」



オウケンブルースリ
「ハッハッハー 笑 そうそう。少しぐらい曲がったっていいのさ!人間だもの! by みつをウケン」


ストレイトガール
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・あ。そう言えばオレって、チ●コ曲がってんのかな?どれ。・・・脱」



   ボロンっ



ストレイトガール
「う、うぎゃぁぁぁーーー!!!逃走」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。やはり左曲がりのダンディーだな 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ