大阪杯~エピファネイア『ネガティブな発言は本当にダメになる』



◆大阪杯2014


【エピファネイア】

○Epiphaneia
○牡4
○父シンボリクリスエス
○馬名 意味由来⇒ クリスマスから12日目にあたる1月6日「公現祭」

==========



◆ネガティブな発言は本当にダメになる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ大阪杯だな。キズナへのリベンジの自信はどうよ?エピ」


エピファネイア
「・・・リベンジという感覚はないっすね」


オウケンブルースリ
「ほう」



エピファネイア
「負けた記憶がないっす」


オウケンブルースリ
「いや、ダービーで完敗しただろ 汗」



エピファネイア
「フッ。ダービーでは『エピファイヤー』が発動しなかった。ご存知でしょ?」


オウケンブルースリ
「ぞ、存じねえけど 汗」



エピファネイア
「『エピファイヤー』ですよ?」


オウケンブルースリ
「な、なにそれ 汗」



エピファネイア
「フッ。エピファイヤー。それはオレのアビリティ」


オウケンブルースリ
「ほう」



エピファネイア
「発動すれば、異次元の急加速。ニトロみたいなもんです」


オウケンブルースリ
「ふーん」



エピファネイア
「でも、エピファイヤーにも弱点があるっす」


オウケンブルースリ
「ん?」



エピファネイア
「エピファイヤーは、道中で折り合いを欠くと、ニトロが全部こぼれちゃうのだ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



エピファネイア
「皐月賞は外枠でスタートして、かかりまくったので、道中でエピファイヤーが全部出ちゃった。ニトロダダ漏れ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



エピファネイア
「ダービーは、道中で前の馬のケツに突撃して、つまづいた時に、エピファイヤー放出(※これをケツファイヤーと言う)」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



エピファネイア
「ということで、発動さえすれば、デビュー戦の時のような、異次元の超加速が可能。それがエピファイヤー」


オウケンブルースリ
「な、なるほど」



エピファネイア
「神戸新聞杯と菊花賞では、折り合いもまあまあついたので、『エピファイヤー60%』という感じでしたね」


オウケンブルースリ
「ほう。まだ上があると?」



エピファネイア
「当然です。菊花賞は流して勝ちましたが、オレが本気で走れば、大差勝ちだったでしょう」


オウケンブルースリ
「そ、そうなの? 汗」



エピファネイア
「菊花賞で子供扱いした、バンデが、阪神大賞典で好走していたことからも、オレの能力は世界一という計算になる」


オウケンブルースリ
「いや、その計算おかしいだろ 汗」



エピファネイア
「もし去年、オレが凱旋門賞に出ていたら、トレヴを置き去りにして、優勝していたでしょう。オルさんは論外」


オウケンブルースリ
「ジ、ジャーニーさんに怒られるぞ 汗」



エピファネイア
「・・まあ・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



エピファネイア
「・・・こんなデカイ口叩いてたら、生意気だと思われる可能性も、少しあります」


オウケンブルースリ
「す、少しっつーか、確実に思われるだろ 汗」



エピファネイア
「・・だが、カリスマは常に、ビッグマウスでなければならない」


オウケンブルースリ
「ふーむ」



エピファネイア
「オレは、オルさん亡き、これからの競馬界を背負って立つ男」


オウケンブルースリ
「し、しんでねえわっ 汗」



エピファネイア
「エピファマウスです! 燃」


オウケンブルースリ
「いや、それいらん 汗 『エピファビッグマウス』にしないと意味わからんし。でもそれじゃあゴロが悪いな・・ ブツブツ」



エピファネイア
「何ブツブツ言ってんすか。気色の悪い」


オウケンブルースリ
「テ、テメーに乗ってやってんだろがぁぁーー!!怒」



エピファネイア
「まあ、そのように発言することによって、オレ自身の潜在意識に、『勝ち犬根性』を刷り込むのです!」


オウケンブルースリ
「ま、負け犬根性の逆か? 汗 あんま聞かねえな 汗」



エピファネイア
「エピファドッグですっ! 燃」


オウケンブルースリ
「だから、それいらねって 汗 エピファドッグだったら、負け犬かもしれないし ブツブツ」



エピファネイア
「とにかく!『自分なんかダメなんだ…イジイジ 落』という発言をしてると、それが心に刷り込まれていき、本当にダメになっていく」


オウケンブルースリ
「ふむ」



エピファネイア
「だからオレは!ホントはそう思ってないけど、自信満々な発言をするのですっ! 燃」


オウケンブルースリ
「・・いや、コイツはホントに、そう思ってるタイプだな・・ ボソッ」



エピファネイア
「オウケンさん。大阪杯では、武兄弟が止まって見えるほどの、エピファイヤー(ニトロ)をご披露しますよ! 燃」


オウケンブルースリ
「おう。エピファイヤーの発動、楽しみにしてるぜ。じゃあ、そろそろ帰るか。よいしょっと 立」



   カタン



エピファネイア
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。スマンな。拾ってもらっちゃって。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のDVD~ナースのお仕事リターンズ~いやん♪白衣にお注射♪』



エピファネイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだっ!汗 これには深いワケがっ!!汗汗」



エピファネイア
「・・・オウケンさん・・」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ! 汗」



エピファネイア
「・・・いや・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



エピファネイア
「・・・パ、パッケージを見てたら・・エピファイヤーが出そうですっ!!汗汗」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



エピファネイア
「こ、このDVD!借りていきますっ!汗 それじゃ!・・・エピファイヤーーー!!走喜」


オウケンブルースリ
「・・・さ、最低な終わり方だ 汗 結局エピファイヤーって、なんなんだ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ