皐月賞~トゥザワールド『あえて欠点を見せることも大切』



◆皐月賞2014


【トゥザワールド】

○To the World
○牡3
○父 キングカメハメハ
○馬名の意味⇒ 世界へ向かって

==========



◆あえて欠点を見せることも大切



≪超高級料亭にて≫



トゥザグローリー
「ワールドよ。ついに我ら、超良血トゥザ一族の悲願、クラシック制覇の時が来た」


トゥザワールド
「はい。兄さん」


トゥザグローリー
「まずは前祝いの乾杯と行こうか。・・・女将!!パンパン」



   カタン



料亭の女将しほ
「いらっしゃいませ。グローリー様。ワールド様。いつもごひいきにしてくださり。」


トゥザグローリー
「おう女将。今日はオレの弟のクラシック制覇の前祝いだ。一番高いワインと日本酒を持ってきてくれ」


料亭の女将しほ
「かしこりました。すぐにお持ちいたします」



   パタン



トゥザグローリー
「フー。調教の状態はどうだ?ワールド」


トゥザワールド
「はい。今のところ、モーマンタイです」



トゥザグローリー
「そうか。母さん(トゥザヴィクトリー)も、オレも成し遂げられなかったクラシック制覇。おまえには期待している」


トゥザワールド
「わかっています」



   カタン



料亭の女将しほ
「失礼致します。当料亭で最も良質なワイン『ロマネコンテスト』を、お持ちしました」


トゥザグローリー
「おう。ロマネコンティーの最上級で、ロマネコンテストか。前祝いにふさわしいな」



料亭の女将しほ
「お値段のほう・・少々・・」


トゥザグローリー
「ああ。いいってことよ女将。オレらは超良血のおぼっちゃまだ。金は腐るほどある」



料亭の女将しほ
「はい。『ロマネコンテスト』1本、800万円になります」


トゥザグローリー
「安いな」


トゥザワールド
「激安ですね。兄さん」


料亭の女将しほ
「ありがとうございます。そしてこちらが、当料亭で最高級の日本酒、『黒光り亀』でございます」



トゥザワールド
「な、なんとも言えない名前だね 汗 兄さん 汗」


トゥザグローリー
「おう。ここの『黒光り亀』は最高だぜ。ワールド」



トゥザワールド
「く、黒光り亀は、おいくらですか?」


料亭の女将しほ
「はい。『黒光り亀』1本、2300万円になります」



トゥザグローリー
「リーズナブルだな」


トゥザワールド
「大特価だね。兄さん」


料亭の女将しほ
「ありがとうございます。では、お料理のほうも、すぐにご用意させていただきます」



トゥザグローリー
「・・・それはそうとワールドよ。桜花賞のハープスターは、いい女だな」


トゥザワールド
「そ、そうですね 照」



トゥザグローリー
「おまえの女にしないのか?ビッグカップルだぜ」


トゥザワールド
「ななな、なに言ってんですか!汗 兄さん! 汗」



トゥザグローリー
「財力で押しきれない女はいねえ」


トゥザワールド
「こ、好感度、ダダ下がりですよ、兄さん 汗」



トゥザグローリー
「ハープスターが自分の女だったら、いいじゃねえか」


トゥザワールド
「そ、それはまあ、その~あの~いや~ 照」



トゥザグローリー
「おし。グローリー流、女の落とし方を伝授してやる」


トゥザワールド
「な、なにそれ 汗」



トゥザグローリー
「まず、男と言えど、見た目は重要だ。特に『清潔感』これは命と言ってもいい」


トゥザワールド
「は、はい 汗」



トゥザグローリー
「モテない男は、ワイルドと不潔をごっちゃにしてたりするが、これは最悪だ」


トゥザワールド
「はい 汗」



トゥザグローリー
「カジュアルでもフォーマルでもいいが、清潔感だけは忘れるな。ワールド」


トゥザワールド
「はい」



トゥザグローリー
「ファッションは、財力にモノを言わせて、全身で50億円くらいかけろ」


トゥザワールド
「か、叶姉妹もビックリだね 汗」



トゥザグローリー
「ただ、ヴィトンとか、あまりにもベタなブランドで統一すると、逆にモテねえから気をつけろ」


トゥザワールド
「む、難しいね 汗」



トゥザグローリー
「デートの時は、絶対に女に金を払わせるな。金は男が払うものだ」


トゥザワールド
「僕らおぼっちゃまには、当然だね」



トゥザグローリー
「デート中に、『やっぱこの女はねえな』と思ったら、ドライブ中にトイレに寄って、そのまま置き去りにしろ」


トゥザワールド
「さ、最低だ 汗」



トゥザグローリー
「ドライブはもちろん、車じゃなく、自家用ジェット。80億円だ」


トゥザワールド
「僕らおぼっちゃまには、当然だね」



トゥザグローリー
「自家用ジェットでフライトデート中に、『やっぱこの女はねえな』と思ったら、パラシュートをつけてやって、突き落とせ」


トゥザワールド
「に、兄さんの好感度が 汗」



トゥザグローリー
「パラシュートつけてやってんだから、いいだろ」


トゥザワールド
「つけなかったら事件です 汗」



トゥザグローリー
「逆に、『どうしても落とせない女』は、パラシュート無しで突き落として、すぐに自分が後から飛んで助けることによって、強引に女の心を略奪するという手もある」


トゥザワールド
「げ、下衆の極みだ 汗」



トゥザグローリー
「まあ何にせよ、男はスキを見せず、財力で押していくのが基本だ」


トゥザワールド
「な、なるほど 汗」



トゥザグローリー
「な?女将。どうよ?オレのモテ理論」


料亭の女将しほ
「・・・・」


トゥザグローリー
「ん?」



料亭の女将しほ
「・・・わたくしごときの意見を言わせてもらえば・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・長い目で見ると、先に欠点やスキを見せておいた方がよいかと」


トゥザグローリー
「む」



料亭の女将しほ
「短期で遊んで捨てる女なら、グローリー様のメソッドで良いと思います」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将しほ
「が、もし、良き男女関係を、長きに渡って続けていきたいのなら、悪い面を見せることも必要かと」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将しほ
「『最後にガッカリする』より、『最初にガッカリしておく』ほうが、長く良い関係が続きやすいものです」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将しほ
「失礼致しました。わたくしごときが」


トゥザグローリー
「・・・いや。女将の言うとおりだ」


トゥザワールド
「うん。そうだね兄さん」



トゥザグローリー
「よし、ワールド。まずはハープスターに、おまえの悪い面を見せる作戦で行くぞ!」


トゥザワールド
「わ、悪い面? 汗」



トゥザグローリー
「おう。おまえが実は、短小なこととか」


トゥザワールド
「だ、誰が短小だっ! 汗 キングサイズだわっ! 汗」



トゥザグローリー
「とにかく、下ネタが大好きだとか」


トゥザワールド
「それはアンタでしょ 汗」



トゥザグローリー
「あー。なんかいいなぁー。青春しててー 落」


トゥザワールド
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「オレも青春してえなあー。女ほしいなあー バタバタ 脚」


トゥザワールド
「に、兄さん 汗」



料亭の女将しほ
「・・・わかりました、グローリー様。本日は、そんなグローリー様のために、『おみや』をご用意してございます」


トゥザグローリー
「おおっ 喜 キタ!!」



料亭の女将しほ
「おまえたち!入りなさい!」



   ゾロゾロ



料亭の女将しほ
「・・・左から、『しをん・みなみ・ピン子』、でございます。ささ、お好きな『おみや』をお持ち帰りくださいませ 微笑」


トゥザワールド
「い、いや女将!僕らはそういうことは、ちょっと。・・・ねえ?兄さん」



トゥザグローリー
「じゃあピン子で」


トゥザワールド
「えぇ~~!!汗汗」



トゥザグローリー
「よし。行くぞピン子」


ピン子
「いやぁ~ん♪」


トゥザワールド
「いやーん、じゃなくて 汗」



トゥザグローリー
「今夜は寝かさないぜ? 喜」


ピン子
「ぐふふ~♪」



   バタン



トゥザワールド
「ちょ、ちょっとー!!兄さーん!! 汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ