マイラーズカップ~ワールドエース『つらい時は、しゃべらなくていい』



◆マイラーズカップ2014


【ワールドエース】

○World Ace
○牡5
○父 ディープインパクト
○馬名の意味⇒ 世界のエース

==========



◆つらい時は、しゃべらなくていい



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「イェーイ!久々にレナたんに会いに来たじょー♪ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ、あれ? 汗 レナたん? 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・あ!い、いらっしゃいませ 汗 オウケンたん 汗」



オウケンブルースリ
「ど、どしたの?レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「う、ううん 汗 どうもしないじょ! 汗」



オウケンブルースリ
「ならいいけど。じゃあ、まずはチュウチュウ~~♪ 唇」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・こらー・・当店はチュウは禁止だじょ・・・落」



オウケンブルースリ
「テ、テンション低っ!!汗 棒読みっ! 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「え?汗 そ、そうかな 汗 いつもどおりだじょ? 汗」



オウケンブルースリ
「ま、まあいいや。今日は、今週のマイラーズカップに出る、エースを連れてきたぜ」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あー♪アタシこの人知ってるー。ダービーで1番人気になった、すごい人でしょー?」


ワールドエース
「・・・チッ」


オウケンブルースリ
「まあ、オレほどではないがな。あ、レナたん、オレ水割りね。エースは?」



ワールドエース
「・・・オレはレース前なんで」


オウケンブルースリ
「ああ。そうか。酒はダメか」



ワールドエース
「・・・ブランデーで」


オウケンブルースリ
「えぇ~~! 汗」



ワールドエース
「・・・前走は、オープン特別ごときで凡走してしまいました。飲まなきゃやってられんすよ。ゴクゴク」


オウケンブルースリ
「ふーん。今回は初めてのマイル戦で、しかも重賞だからな。さらに条件キツイだろ」



ワールドエース
「・・・そうっすね。まあ、勝ち負けというより、一度、スピード競馬を経験して、レース勘みたいなものを取り戻したいっすね」


オウケンブルースリ
「なるほどね。まあ、エースは素質あるから、調子さえ戻れば、またG1戦線でやっていけるさ。ね?レナたん」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 遠目」


オウケンブルースリ
「レ、レナたん? 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ハッ!え?なになに?汗 水割りおかわりでちゅか? 汗汗」


オウケンブルースリ
「い、いや。まだいいけど 汗 レナたん大丈夫?」



No.1キャバ嬢レナ
「う、うん 汗 ごめんね。ボーっとしちゃって! 汗」


オウケンブルースリ
「いや、いいけどさ 汗」



ワールドエース
「・・・オウケンさん。なんすか、このやる気ない女。接客する態度じゃないでしょ。なんでこんな女がナンバーワンなんすか」


No.1キャバ嬢レナ
「ご、ごめんなさいっ! 汗」



オウケンブルースリ
「ま、まあまあ。ブランデーおかわりするか?エース」


ワールドエース
「ええ。ありがとうございます」



オウケンブルースリ
「そういえば、エルコンドルパサー氏が、ついに殿堂入り(顕彰馬)だなー。何度目の正直だ?」


ワールドエース
「そうっすね。毎年、惜しくも届かずでしたからね」



オウケンブルースリ
「てことで、来年はオレだな! 喜」


ワールドエース
「そうですね」



オウケンブルースリ
「ブッ! 吹 ツッコむ気すらねえのかよっ! 汗」


ワールドエース
「むしろボクでしょ」



オウケンブルースリ
「G1勝ってから言ってくれ 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「なんつってもオレは、菊花賞と京都大賞典と阿賀野川特別の、変則3冠馬だからな! 喜」


ワールドエース
「はい」



オウケンブルースリ
「変則3冠も、殿堂入りの条件だろ! 喜」


ワールドエース
「きっとそうっすね」



オウケンブルースリ
「右から左へと受け流すな!ムーディコラァー!!ガスガス! 蹴」


ワールドエース
「ぐ、ぐわぁー!汗 レース前なんですから!ケガするしっ! 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・つ、つーか、レナたん。ホント大丈夫? 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「え?!汗 う、うん 汗 全然だいじょうぶい! 汗」



ワールドエース
「・・・フン。プロ失格だな」


No.1キャバ嬢レナ
「え・・」



ワールドエース
「寝不足だか、風邪だかしらんけど、プロならお客の前で、個人的な感情を出しちゃダメだろ」


No.1キャバ嬢レナ
「ご、ごみん 汗」



ワールドエース
「なんか目も腫れてるし。どーせ昨日、遊びすぎて寝不足なんだろ?」


No.1キャバ嬢レナ
「て、てへ 汗」



オウケンブルースリ
「まあまあ。落ち着けってエース。楽しい酒にしようぜ。あ、オレちょっとトイレな」



   バタン



ワールドエース
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ワールドエース
「ったく。こんな奴がナンバーワンになれるなんて、キャバ嬢ってのは楽でいいよな」


No.1キャバ嬢レナ
「い、いやー 汗」



ワールドエース
「夜遊びで寝不足で、目が赤く腫れても、ナンバーワンですか」


No.1キャバ嬢レナ
「た、たはっ!汗 自己管理ができてないよねっ 汗」



ワールドエース
「俺ら、サラブレッドの世界は、そんな甘くねえんだ」


No.1キャバ嬢レナ
「う、うん!そうだよね。男の人の世界は、常に戦いだもんね」


ワールドエース
「フン」



No.1キャバ嬢レナ
「あ、エースたん。ブランデーおかわり?」


ワールドエース
「ああ」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあ新しいグラス持ってくるね♪よいしょ 立」



   パサッ



ワールドエース
「ん?何か落としたぞ。女」


No.1キャバ嬢レナ
「え?なんだろ。・・・あ・・」



 ⇒『動物病院 診察券』



ワールドエース
「・・・動物病院?なんだコレ」


No.1キャバ嬢レナ
「あ!汗 いや、なんでもないんだじょ!汗 拾ってくれてあんがと! 汗」



ワールドエース
「・・・動物病院・・。ペット飼ってんのか?女」


No.1キャバ嬢レナ
「う、うーんとね 汗 飼ってるっていうか、飼ってたっていうかー、そのー 汗汗」



ワールドエース
「・・・飼ってた?」


No.1キャバ嬢レナ
「・・いや・・あの・・」



ワールドエース
「・・・なんで過去形よ?」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ワールドエース
「・・・おい女。なんとか言・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「え・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「お、女・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん・・ 涙」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・昨日・・ずっと一緒に暮らしてた、ハムスターのハム太郎が・・・闘病の末・・息を・・ 泣」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・アタシ・・昨日はずっとハム太郎から離れることができなくて・・一睡もできなくて・・ 泣」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめんね・・。プロなのに・・個人的な感情ばっかりで・・ 泣」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・が、がんばらなきゃね。エースたんの言う通り。アタシはプロなんだから 涙拭」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「さ、さて!汗 辛気臭くなっちゃってメンゴ!笑 じゃあ今日は、レナの鉄板の爆笑ネタを披露しちゃうじょ! 汗」


ワールドエース
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あるところに、レナたんという、それはそれは可愛らしい女の子がいました! 泣」


ワールドエース
「・・・もういい」



No.1キャバ嬢レナ
「レナたんは、小さいころから・・」


ワールドエース
「もういいから」


No.1キャバ嬢レナ
「え・・」



ワールドエース
「・・・つらい時は・・しゃべらなくていい」


No.1キャバ嬢レナ
「エースたん・・」



ワールドエース
「つらい時は、誰かのそばに寄り添って、泣いていればいい」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「悲しみをごまかして、元気に振る舞えば、心が傷つく」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「だから今は・・・しゃべらなくていいから」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「ひどいこと言って、すまなかった」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「目が赤く腫れていたのは、一晩中、泣いていたからなんだな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「すまない。何もわかってない奴が、偉そうなこと言って」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「必死に笑顔を見せていたんだろう?」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「よくがんばったな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「もうがんばらなくていい。ボクのそばで、ただ泣いていればいい。金は払うから」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・エースたん・・ 涙」



ワールドエース
「・・・今週のマイラーズカップ。勝てるかどうかはわからないが・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ワールドエース
「いいレースをして、ハム太郎に捧げるから」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



ワールドエース
「な」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 泣」



ワールドエース
「アンタががんばりすぎないように、オレはまたここへ来て、そばで寄り添うから」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 泣」



ワールドエース
「だから早く元気になれ。女。・・・いや、レナ・・さん 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・うん 涙 ありがと・・・エースたん・・涙」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。完全に落ちたなエース。さすがレナたん。恐るべし。つーか、ハム太郎っていう、安易なネーミングはどうなのよ?レナたん 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ