ヴィクトリアマイル~ホエールキャプチャ『歳を取ると直感の精度が高まる』



◆ヴィクトリアマイル2014


【ホエールキャプチャ】

○Whale Capture
○牝6
○父 クロフネ
○馬名 意味由来⇒ 捕鯨

==========



◆歳を取ると直感の精度が高まる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「春のG1は、めっちゃ荒れてるよねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「残り5レース。。。全部荒れるのか、それとも反発してくるか・・・それによって、シゲさんへのツケが払えるかどうかが決まってくる・・ブツブツ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「まずは春の古馬牝馬の女王を決める、ヴィクトリアマイル。ここは若くてピチピチギャルが多いっすよね 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。つくねタレおまち」



オウケンブルースリ
「やっぱ前走で、大出遅れから豪脚で差し切った、スマートレイアーかなあ・・ブツブツ」



  ガラガラッ



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 今週アタシ主役っ?! 汗汗」


オウケンブルースリ
「む。ホエールちゃん。久々の登場だな」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 あたすったら、こったら舞台でちゃんとしゃべれっか心配だっぺがよー 汗」


オウケンブルースリ
「な、なまってるぞ 汗」



ホエールキャプチャ
「あ。スゲさん。ビールを」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」


オウケンブルースリ
「シゲさんな 汗」



ホエールキャプチャ
「いやぁー。なんつーか、ここんとこー取材とかもほとんど無かったべが、今週はやったら取材が多いっぺがよー 汗」


オウケンブルースリ
「ホエールちゃん、ここんとこ全部人気薄だったからな 汗」



ホエールキャプチャ
「記者さんによー『ホエールさん、好きな食べ物は?』なんつって聞かれてよー、『クジラです』なんつってー、ププッ 笑」


オウケンブルースリ
「じ、情緒が不安定だな 汗 つーか、クジラとかあんまり食べないっすよね。シゲさん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「クジラベーコンおまち」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 注文してねえが、食っていいだかー?スゲさんー 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。サービスだぜ」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 スゲさんったら、そったら優しくされったら、ほれてまうやろ~!なんつって、ププッ 笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ホエールキャプチャ
「それはそうとさー、あたすのホエールキャプチャって名前の由来、知りてえか? 喜」


オウケンブルースリ
「鯨+捕獲。つまり、捕鯨(ほげい)だろ?」



ホエールキャプチャ
「ホゲー!汗 答えゆっちゃったべがよー!!汗汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ホエールキャプチャ
「捕鯨だけに、ホゲー! 汗」


オウケンブルースリ
「ウ、ウザくなってきたな 汗」



ホエールキャプチャ
「・・モグモグ・・ホゲー!汗 クジラベーコンうまっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・ホエールちゃんさあ、ヴィクトリアマイルはどうよ?」



ホエールキャプチャ
「ホエ?」


オウケンブルースリ
「いや、ホエ?じゃなくて 汗」



ホエールキャプチャ
「いやー、あたすったら、なんかしんねえけどさー、東京1600~1800だと、気づいたら勝ってっぺよがさー 汗」


オウケンブルースリ
「そうなんだよなあ。その条件なら、ほとんど完璧だもんな」



ホエールキャプチャ
「ヴィクトリアマイルもさー、現在2連覇中だっぺがよー」


オウケンブルースリ
「ウ、ウソつくんじゃねえっ!汗 去年はハナ差でヴィルシーナに負けてただろ 汗」



ホエールキャプチャ
「実質2連覇ホエ」


オウケンブルースリ
「実質ってなによ 汗」



ホエールキャプチャ
「ホエー!!汗汗」


オウケンブルースリ
「な、なに? 汗」



ホエールキャプチャ
「ネプリーグ、ビデオに録ってくるの忘れたっぺがよー!!汗汗」


オウケンブルースリ
「知らねえわっ!!怒 録画してみる感じの番組でもねえだろっ! 怒」



ホエールキャプチャ
「あ。スゲさん。クジラーおかわり」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


オウケンブルースリ
「アムラーみたいに言うな 汗」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 アムラーって古いっぺがよー!オウケンさんったらばよー!ププッ 笑」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ホエールキャプチャ
「でもさー、ヴィクトリアマイルの出走馬をチェックしてたっぺがよ、みんな4歳とか若ぇーっぺがよー 汗」


オウケンブルースリ
「ピチピチギャルだよな」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 あたっすってば、もうババア? 汗汗」


オウケンブルースリ
「いや、最近は熟女好きが多いから、大丈夫だろ」



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 あたす、もう熟女ってかよー?!汗」


オウケンブルースリ
「6歳だからなぁ」



ホエールキャプチャ
「・・うう・・泣 ババア感が強いとか、言わないでくだホエ・・ 泣」


オウケンブルースリ
「ゆってないけど 汗」



ホエールキャプチャ
「・・はぁー 落 歳はとりたくねえもんだっぺがよ・・ 落」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ホエールキャプチャ
「歳取っても、なーんもメリッツなんかねえぺがよ・・ 落」


オウケンブルースリ
「メリットでいいだろ 汗」



ホエールキャプチャ
「ねえスゲさんー。歳取っても、メリッツなんかねえよがなあ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・歳を重ねるメリッツか・・」



ホエールキャプチャ
「ホエ」


オウケンブルースリ
「メリッツて 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・直感が使えるようになるな」


ホエールキャプチャ
「ホエ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「直感というのは、若い人でもあるものだが、若いうちの直感ってやつは、ほとんど役に立たねえことが多い」


ホエールキャプチャ
「ホエホエ」


オウケンブルースリ
「ふむふむって言ってんのか? 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「なぜなら、『使える直感』ってやつは、知識と経験の積み重ねの中から生まれるからだ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それはつまり、脳の中で大量の情報を一瞬で処理しているということだ。これが直感の正体だ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「すなわち、直感とは、データ分析なんだぜ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「勘とデータは真逆に見えるが、真に『使える直感』は、経験から生まれるもんだ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、『なんとなく、~な気がする』という直感は、歳を重ねるほどに、精度が高まるもんだぜ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「たしかに若い個体は、見た目が美しい。だがよ、しっかり知識と経験を積んでいけば、歳を取るにつれて、トータルで魅力的な存在になっていけるんだぜ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ホエールキャプチャ
「・・ホエ・・。ホホホにホホエホホエ・・」



オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよっ!汗 いっこもわかんねえわっ!!汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・『いえ・・。心に響きました・・』、だぜ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ! 汗汗」



ホエールキャプチャ
「スゲさん。あたす、東京マイルの知識と経験を活かして、直感で馬群を抜けてくるっぺがよホエ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」



  - つづく –

サブコンテンツ