オークス~ハープスター『自力でやろうと決めた時、人が集まる』



◆オークス2014


【ハープスター】

○Harp Star
○牝3
○父 ディープインパクト
○馬名 意味由来⇒ ベガの別名

==========



◆自力でやろうと決めた時、人が集まる



≪ブエナ組 事務所にて≫



ペルーサ
「コンコン・・・ 姐さん!失礼しやす! 緊張」


ブエナビスタ
「・・・なんや 目鋭」



ペルーサ
「おおお、お茶をお持ちしやした! 汗茶」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「おおお、お茶をどうぞっ!!汗茶汗」


ブエナビスタ
「・・・ペルーサよ」



ペルーサ
「ははは、はいっ! 汗汗茶汗汗」


ブエナビスタ
「・・・茶の中に、お前の汗が入っとるわ 苦笑」



ペルーサ
「はうっ!!汗汗 すすす、すいやせん!姐さん!かかか、かくなる上はっ・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「ゆゆゆ、指を!詰めやす!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「こ、この小指でオトシマエ!オトシマエをっ!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・ペルーサよ」



ペルーサ
「オト!オトシマエホウッ!!汗汗」


ブエナビスタ
「ペルーサ」



ペルーサ
「オト!オト!オトウチャンポウッ!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・・汗」



ペルーサ
「オトン!オトツマエツケツケー!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・ペルーサ。指はいらん」



ペルーサ
「イラン? 汗」


ブエナビスタ
「・・お前の指もろてどうするんや」



ペルーサ
「は、はいっ 汗 すいやせんっ 汗汗」


ブエナビスタ
「・・ときにペルーサよ。お前はいつになったら復活するんや」



ペルーサ
「は、はいっ 汗 なかなか調子が戻らず!すいやせん! 汗」


ブエナビスタ
「・・そうか。何事も焦ると良からぬ方向に行く。ゆっくり自分のペースで行けばええ」



ペルーサ
「あ、あねさん・・ 涙」


ブエナビスタ
「フッ」



  コンコン
  ガチャ



帽子にグラサンの女
「・・ハーイ♪姐さん、お元気~?」


ペルーサ
「だ、誰じゃワレァー!!怒 姐さんのお部屋に勝手に入るんじゃねえ!この野郎!ブチころっぞ!オラァー! 怒」



帽子にグラサンの女
「こ、こわー 汗」


ペルーサ
「出て行け!オラァー! 怒」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサ。ええんや」


ペルーサ
「は?」



ブエナビスタ
「・・・帽子とサングラスを取れや。ハープ」


帽子にグラサンの女
「えへ♪変装したのにバレバレ? 脱」


ブエナビスタ
「わかるわアホ」



ハープスター
「・・・本日はお日柄もよく 微笑」


ブエナビスタ
「フッ。なんやそれ」



ペルーサ
「・・・姐さん。自分はここで失礼しやす」


ブエナビスタ
「ああ。お茶ありがとうな。飲めんけど」


ペルーサ
「はいっ!では失礼しやすっ! 礼」



   バタン



ハープスター
「・・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「・・オークスですねぇ♪」


ブエナビスタ
「人ごとみたいに言うな」



ハープスター
「姐さんの時のオークスみたいに、ゴール前で劇的に差し切れるかなぁ♪」


ブエナビスタ
「さあな」



ハープスター
「東京の芝は、インコースが綺麗で、前残りが顕著なのでー、届かないかもぉー♪てへ♪」


ブエナビスタ
「・・先行策は考えておらんのか?」



ハープスター
「考えてませーん♪今回も、殿一気なのです♪」


ブエナビスタ
「そうか」



ハープスター
「2400mという距離も、ちょっと不安でーす♪」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「はー。もー。断然人気になんか、なるもんじゃないですね。ブー」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「ヴィクトリアマイルみたいに、ほとんどの馬が上がり33秒台になったとしたら、ワタクシは、上がり29秒くらいで走らなきゃですー 汗」


ブエナビスタ
「・・・・汗」



ハープスター
「あー。もー。不安っ!汗 間違いなく断然人気になるし、めちゃくちゃ多くの人が、ワタクシに大金を投じるっ! 汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「超キンチョー 汗 ねえねえ姐さん。タスケテー 汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「実際に、同じ厩舎、同じ脚質でオークスを制した、姐さんのアドバイスがあれば、心強いしー♪」


ブエナビスタ
「・・・・」



ハープスター
「ねえねえ。可愛い後輩を助けてよぉー。あねさぁーん」


ブエナビスタ
「・・・・」


ハープスター
「・・・・」



ブエナビスタ
「・・・ハープよ。人に助けを求めるのは、最小限にせい」


ハープスター
「え?」



ブエナビスタ
「・・いつも人を頼って、人に助けを求める者の周りに、人は集まらん」


ハープスター
「げ 汗」



ブエナビスタ
「人というのは、いつも『助けて!タスケテー!』と言っている者よりも、黙って一人で頑張っている者を、助けたくなるもんや」


ハープスター
「・・・・」



ブエナビスタ
「依存心が強い者は愛されにくく、逆に、自責の念が強い者に人は集まる」


ハープスター
「・・・・」



ブエナビスタ
「逆説的だが、自力で頑張ろうと腹をくくった時、助けてくれる仲間ができる」


ハープスター
「・・・・」



ブエナビスタ
「今はまだ、分からんかも知れんが、覚えておけ。ハープ」


ハープスター
「・・はい」



ブエナビスタ
「フッ。競馬に絶対はない。だからこそ、勝っても負けても悔いが残らないように、自分のスタイルを貫けばええ」


ハープスター
「はい!」



ブエナビスタ
「がんばりや」


ハープスター
「はい!自分の競馬でねじ伏せて、凱旋門賞へ向かいます! 燃」


ブエナビスタ
「フッ」



ハープスター
「よーし!頑張るぞ!燃 ・・・テンション上げたら、ノドがカラカラだー。姐さん。そのお茶、いただきまーす♪」


ブエナビスタ
「む。いや、そのお茶はヤメ・・」



ハープスター
「・・・ゴクゴク・・ぷはぁ~。塩分がきいてて旨いです♪梅昆布茶ですかぁ?」


ブエナビスタ
「・・・・汗」


ハープスター
「ん?」



ブエナビスタ
「・・・・」


ハープスター
「・・・・」



ブエナビスタ
「・・・ペ、ペルーサ汁や 汗」


ハープスター
「ブッ!! 吹茶」



ブエナビスタ
「・・ペルーサの、一番搾りの汗が、たっぷりと 汗」


ハープスター
「ぎ、ぎいやぁぁぁーーー!!!涙爆走」



ブエナビスタ
「・・・む、むう。その爆走なら勝てるわ。ハープよ 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ