日本ダービー~トゥザワールド『極めたと思った時が落ち目の1歩目となる』



◆日本ダービー2014


【トゥザワールド】

○To the World
○牡3
○父 キングカメハメハ
○馬名の意味⇒ 世界へ向かって

==========



◆極めたと思った時が落ち目の1歩目となる



≪超高級料亭にて≫



トゥザグローリー
「ワールドよ。ついに我ら、超良血トゥザ一族の悲願、クラシック2冠制覇の時が来た」


トゥザワールド
「い、いや、兄さん 汗 ボク、皐月賞はおもっきし負けてます 汗」



トゥザグローリー
「・・・まぁ皐月賞なんかどうでもいい。ダービーを勝った者こそが最強だ」


トゥザワールド
「はい。心得ております。兄さん」



トゥザグローリー
「まずは前祝いの乾杯と行こうか。・・・女将!!パンパン 手」



   カタン 戸



料亭の女将しほ
「いらっしゃいませ。グローリー様。ワールド様。いつもごひいきにしてくださり 微笑」


トゥザグローリー
「おう女将。ドリンクのメニューをくれ」


料亭の女将しほ
「かしこまりました。こちらになります。超高級ビールでございますので、お値段は少々・・」



・生ビール 1万円
・黒ビール 3万円
・赤ビール 5万円



トゥザグローリー
「ふん。安いな」


トゥザワールド
「そうだね兄さん。僕ら、超良血のおぼっちゃまにしてみれば、激安だね」



料亭の女将しほ
「・・ビールメニューはその下にもございます」


トゥザグローリー
「ほう。珍しいビールも置いているな」



・金ビール 50万円
・腐ビール 100万円
・緑ビール 300万円
・ミドリガメ 500万円



トゥザグローリー
「・・むう」


トゥザワールド
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「・・・女将。金ビールってなんだ?」


料亭の女将しほ
「はい。金ビールとは、大ジョッキに金箔を、溢れんばかりに詰め込んでございます」



トゥザグローリー
「ほほう。ゴージャスだな」


トゥザワールド
「・・・そ、それはビールじゃなく、ただの金箔では? 汗」



料亭の女将しほ
「・・・ちなみに、腐ビールは10年前に賞味期限が切れている牛乳。緑ビールは腐ビールをさらに20年、寝かせたものでございます」


トゥザグローリー
「ほう。破壊力ありそうだな」


トゥザワールド
「い、命がけだね 汗 ビールじゃないし 汗」



トゥザグローリー
「・・・最後の、ミドリガメとは?」


料亭の女将しほ
「はい。それは、元気なミドリガメでございます。」



トゥザグローリー
「ビールじゃねぇのかよっ! 汗」


トゥザワールド
「・・・い、いや、後半のやつは、全部ビールじゃないような気が 汗 ボソッ」



トゥザグローリー
「じゃあ俺は、生ビール。ワールドにはミドリガメを」


トゥザワールド
「えぇ~~!!汗汗」


料亭の女将しほ
「かしこまりました。少しお待ち下さいませ」



   パタン



トゥザワールド
「に、兄さん 汗 ぼくも生ビールが良かったんですが 汗」


トゥザグローリー
「・・・そんなことよりワールドよ。ダービーの勝算はどうだ?」



トゥザワールド
「はい。皐月賞で、めっさ自信がなくなりました 落」


トゥザグローリー
「む」



トゥザワールド
「総合力ではイスラボニータ君が上。末脚の破壊力ではワンアンドオンリー君が上ですから・・ 落」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「・・彼らには武器がある。『これができれば勝てる』という感覚をつかんでいると思うんです。でも僕には、まだそれがない・・ 落」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「僕には武器がない。あるのは金だけです」


トゥザグローリー
「・・・・汗」



トゥザワールド
「・・・僕も、『これでいける!』『これなら大丈夫だ!』『極めた!』という感覚が欲しい・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・自信がないですよ・・兄さん・・ 落」


トゥザグローリー
「・・・・」



   カタン 戸



料亭の女将しほ
「ドリンクをお持ちいたしました」


トゥザグローリー
「ああ。サンキュー。女将」



料亭の女将しほ
「・・・お話を聞いてしまって申し訳ございません。・・ワールドさま」


トゥザワールド
「ん?」



料亭の女将しほ
「余計なお節介かもしれませんが・・」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・『自分の型』が決まっていないことは、必ずしも人生においてマイナスになるわけではございません」


トゥザワールド
「え?」



料亭の女将しほ
「むしろ人生においては、『これで行ける!極めた!』と、思ってしまった瞬間こそが、落ち目の1歩目となることが多いのでございます」


トゥザワールド
「な、なんで? 汗」



料亭の女将しほ
「極めた!と思えば、そこで思考が停止してしまいます。思考が停止すれば、新しい知識を取り入れようとする意欲がなくなります」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「そうなれば、後は、よくても現状維持。大抵の場合は、衰退していくこととなります」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「ですからワールドさま。ご自分の型が決まっていないという事は、まだまだこれから、伸びしろがたくさんあるということなのでございます」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・人はいくつになっても、『自分はまだまだ未完成』という思いを、どこかに持っていなければなりません」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「それを忘れない限り、人は一生涯、成長し続けていくことができる」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「傲慢になった時、自己の成長は止まり、周りから人は離れていくでしょう」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・申し訳ございません。私ごときが偉そうなことを・・」


トゥザワールド
「いや・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・ありがとう女将。ダービーへのプレッシャーが、少し緩和された気がする・・」


料亭の女将しほ
「そうでございますか。ありがたきお言葉にございます 微笑」



トゥザグローリー
「・・女将。それはいいんだが、ビールくれ 汗」


料亭の女将しほ
「ああ。大変失礼いたしました。・・・こちらがグローリーさまの生ビールでございます」



トゥザグローリー
「おし!うまそうだ!ゴクゴク・・・プハァー 喜」


料亭の女将しほ
「・・・そしてこちらが、ワールドさまの、ミドリガメでございます 亀」



トゥザワールド
「の、飲み物じゃねぇしっ!!汗汗」


料亭の女将しほ
「ささ。ゴクリと」


トゥザワールド
「行けるかっ!!汗」



トゥザグローリー
「頭に乗せよう」


トゥザワールド亀
「乗せるなっ!! 汗」



トゥザグローリー
「・・・おし。そろそろ帰るか。ワールド」


トゥザワールド亀
「なんも飲んでねえしっ!!汗」



料亭の女将しほ
「・・・グローリー様。ワールド様。本日もありがとうございました。恒例の・・・『おみや』をご用意してございます ニヤリ」


トゥザグローリー
「おおっ 喜 キタ!!」



料亭の女将しほ
「おまえたち!入りなさい!」



   ゾロゾロ



料亭の女将しほ
「・・・左から、『マエケン・ヒムケン・ピン子』、でございます。ささ、お好きな『おみや』をお持ち帰りくださいませ ニヤリ」


トゥザワールド亀
「い、いやいや!汗 女将!僕らはそういうことは、ちょっと。・・・ねえ?兄さん」



トゥザグローリー
「じゃあヒムケンで」


トゥザワールド亀
「えぇ~~!!汗汗 つーか、いつもどおり、ピン子じゃねえのかよっ!!汗汗」



ヒムケン
「ちょっと、お会計して~♪エイっ!技ありぃ~♪」


トゥザグローリー
「おし。今日も可愛いぜ。ヒムケン。じゃあ行くぞ」


ヒムケン
「技ありぃ~♪」



ピン子
「・・・ちょっと待ってくれがよ・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



ピン子
「・・・あたすの事は・・遊びだったってことがよ・・ 涙」


トゥザグローリー
「・・・オレたちは・・・もう終わったんだ」



ピン子
「ヒドイべさ!涙 ベッドでは、あんなにも愛してるって言ってくれたのに!!ボカボカ! 殴」


トゥザグローリー
「・・・ピン子。もういいから 冷」


ピン子
「うわぁぁ~~ん!!泣涙 わがれたくねぇ~~! 涙」



トゥザワールド亀
「・・・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド亀
「・・・女将。とりあえずダービー頑張ってきますんで」


料亭の女将しほ
「はい。応援馬券、買わせていただきますよ。ワールドさま 微笑」



マエケン
「ほうっ!!投玉」



  - つづく –

サブコンテンツ