安田記念~トーセンラー『人の欠点を見て安心するか。自分の欠点を見て向上するか』



◆安田記念2014


【トーセンラー】

○Tosen Ra
○牡6
○父 ディープインパクト
○馬名 意味由来⇒ 冠名+エジプト神話の太陽神

==========



◆人の欠点を見て安心するか。自分の欠点を見て向上するか



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「おし!今日はおまえの安田記念の前祝いとして、このキャバクラで飲むぞ! 喜」


トーセンラー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ぜ、全然ノってねえな 汗」


トーセンラー
「・・・だってオラー、キャバクラーとか興味ねえラー」



オウケンブルースリ
「読みづらいから『ラー』ってゆうな 汗」


トーセンラー
「読みづラーい 喜」



オウケンブルースリ
「おし!入店するぞ! 喜」


トーセンラー
「めんどくラーい 落」



   ガチャ



オウケンブルースリ
「イエーイ!喜 レナたんー!今日も会いにきたよー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「あー♪オウケンたんだー♪いらっしゃいませ♪今日も楽しく飲んでいってね♪」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あれ?そちらの素敵な男性は?」


オウケンブルースリ
「ああ。こいつは今週の安田記念に出走予定の、ラーだ」



No.1キャバ嬢レナ
「えー♪すごーい♪聞いた事ある~。去年の秋のチャンピオンマイラーだよねっ♪」


トーセンラー
「・・・ま、まあラ 照」


オウケンブルースリ
「まあな、って言ってんのか? 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪ラーたんは、安田記念も勝つ自信があるのぉ?」


トーセンラー
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「んん?」



トーセンラー
「・・・ねえラ」


No.1キャバ嬢レナ
「な、ないの? 汗」



トーセンラー
「あるわけねえラ。何を隠そう、オラーは東京コースは2戦して、どっちも思いっきり惨敗してラー」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



トーセンラー
「ついでに言うと、東京コースと似たような形態の、新潟コースでも2戦して、どっちも思いっきり惨敗してラーよ。ラッハッハラー 自虐笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「まぁよ。勝負はやってみないとわかラーねぇからな。飲もうぜ、ラー。あ、レース前だかラー酒はダメか?」


トーセンラー
「いや、こうなったラー、飲むラ」



オウケンブルースリ
「・・野村?」


トーセンラー
「いや、野村ではなく、飲むラ」



オウケンブルースリ
「ノムさん?」


トーセンラー
「いや、ノムさんではなく、飲むラ」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪ラーたんは、何を飲みますかぁ? 微笑」


トーセンラー
「・・・じゃあ、ミズワラーをコイラーで」



オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよ!汗 さっぱりわかんねえわっ! 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「水割りを濃いめですね~♪かしこまりましたっ♪ 敬礼」


オウケンブルースリ
「わ、わかんのかいっ! 汗 つーか、敬礼かわゆす 照」



トーセンラー
「ラーケンさんのツッコミが、ウザラー」


オウケンブルースリ
「やかましいわコラァー!!テメーの後始末だろがぁぁーー!!ガスガス! 蹴」


トーセンラー
「う、うわ~ 汗 けラーんといて~ 汗 レース前にケガすラー 汗汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪ラーたんは、どうして京都コースが得意なの?」


トーセンラー
「・・・ふっ。京都と言えば清水の舞台。キヨラーのぶラーいかラー、飛び降りラー! 喜」



オウケンブルースリ
「こ、答えになってねえし 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「なるほどー♪」


オウケンブルースリ
「納得すんのかいっ! 汗」



トーセンラー
「・・・でも・・」


No.1キャバ嬢レナ
「んー?」



トーセンラー
「・・・さっきも言っラが、今回の東京マイルという条件は、かなり厳しいラ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「んー」



オウケンブルースリ
「まぁそうだよな。京都と東京じゃ、求められる能力が全然違うからな」


トーセンラー
「そうラ。おラえの言う通りラ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・ラ?」



オウケンブルースリ
「・・・なあ、ラーよ。さっきから気になってたんだが、お前さっきから、ちょいちょいタメ口になってねえか?」


トーセンラー
「なってねえラ」



オウケンブルースリ
「・・・それは、なんて言ってんだ?」


トーセンラー
「なってねえわ」



オウケンブルースリ
「なってんだろがぁぁーー!!怒 コラァー!!ガスガス! 蹴」


トーセンラー
「ぐわぁー!泣 けラーんといてー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・ふぅー。疲れた。レナたん、ちょっとトイレ行ってくるわ」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪いってらっしゃい♪」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・水割りおかわりする? 微笑」


トーセンラー
「いラーん」



No.1キャバ嬢レナ
「そっか。・・・安田記念、勝てるといいね♪」


トーセンラー
「無理ラ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「オラー、得意なコースと苦手なコースが、はっきりしすぎてしまってラ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「走る前かラー、結果は見えてラー・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「ファンもみんなそれをわかってラー。どうせあいつは東京コースでは無理ラって、言ってラー・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「・・ラァ・・。もっと欠点の少ない、万能な能力に生まれたかったラァ・・ 落」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「どーせアンタも、そう思ってるんだラ?ラッハッハラー 自虐笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・思ってないもん・・」


トーセンラー
「ラ?」



No.1キャバ嬢レナ
「アタシは・・ラーたんが無理だなんて思ってないもん」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ラーたんはすごいと思う」


トーセンラー
「な、なんでラ?」



No.1キャバ嬢レナ
「だって多くの人は、人の欠点を探すことばかりするのに、ラーたんは、しっかり自分の欠点と向き合ってる」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人の欠点を探して笑ったり、人のダメな部分を見て、自分が安心したりする方が楽だよね」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でも、ラーたんは、自分の長所や短所としっかり向き合って、客観的に自分自身を見ることができてる」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「アタシは・・決して人のせいにすることなく、自分で悩んで苦しんで、がんばってる人を応援したいの」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・だから・・ラーたんは・・無理じゃないもん・・ 涙」


トーセンラー
「・・・レラさん・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめんね・・。アタシ、バカだから・・うまく言えなくて・・ 涙」


トーセンラー
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



トーセンラー
「・・・フー。こいつは参っラね 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」



トーセンラー
「No.1キャバ嬢なんて、ドス黒い女ばかりラと思ってラ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「あんラの涙を見てると、周りの景色までキラーキラーと、輝いて見えラー」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ラーたん・・ 涙」



トーセンラー
「・・・さっき、水割りのおかわりは、いラーんと言ったが・・」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ。飲む?」


トーセンラー
「ああ。飲むラ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・野村?」


トーセンラー
「いや、野村ではなく、飲むラ」



No.1キャバ嬢レナ
「野村ID野球?」


トーセンラー
「いや、野村ID野球ではなく、飲むラ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・えへ 涙」


トーセンラー
「ララー 照」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ねえ、ラーたん」


トーセンラー
「ラ?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・今度は、ラーたんがキラーキラーと輝く景色をレナに見せて。・・・安田記念で。」


トーセンラー
「ああ。まったく実績のない東京コースで、オラーが勝ったラー、劇的だラー」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



トーセンラー
「レラさん」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



トーセンラー
「・・・もし、オラーが安田記念で掲示板に載ったラー・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



トーセンラー
「・・・一緒に、ラー油ラーメン・・食べに行ってくラーさい 照」


No.1キャバ嬢レナ
「うんっ♪いっしょ行こっ♪」



トーセンラー
「ララー 照」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。完全に落ちたなラー。さすがレナたん。恐るべし。つーか、掲示板ってとこが自信のなさを表してるな。ラー油ラーメンって何だ?汗 ラーって言いたいだけだろ 汗 ブツブツ」



  - つづく –

サブコンテンツ