宝塚記念~ゴールドシップ『苦しみを避ければストレスはなくなるが自分が生まれ変わるチャンスもなくなる』



◆宝塚記念2014


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡5
○父 ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆苦しみを避ければストレスはなくなるが自分が生まれ変わるチャンスもなくなる



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「おし!キャバクラに突撃だぜ!シップ! 喜」


ゴールドシップ
「・・・いや、オウケンさん」


オウケンブルースリ
「ん?」



ゴールドシップ
「オレ今週、宝塚記念なんすよ。キャバクラとかで遊んでる場合ではないんすよ」


オウケンブルースリ
「うーん。まぁあまり緊張しても良い結果は出ないぞ。リラックスするためにもGO! 喜」


ゴールドシップ
「・・・気が乗らないっすけどね・・」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「いらっしゃいませー♪・・・あー♪オウケンたんー♪」


オウケンブルースリ
「うわーい!喜 レナたんー!チュウチュウー。んー 唇」



No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラっ♪当店はチュウは禁止だじょ♪ 汗」


オウケンブルースリ
「えー!いいじゃんいいじゃんー。んー 唇」



No.1キャバ嬢レナ
「あれ?そちらの白いダンディーさんは?」


オウケンブルースリ
「ああ。こいつは今週の宝塚記念で、ファン投票第1位。シップだ。レース前でナーバスになってて、テンション低いけどな」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「えー♪すごぉーい♪大人気のスターなんだねっ♪シップたん♪」


ゴールドシップ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「んん?シップたん?」



ゴールドシップ
「・・・チ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ち?」



ゴールドシップ
「・・・チュウチュウーーー!!!んー!!唇 レナたんー!!チューしてー!ハァハァ! 立」


No.1キャバ嬢レナ
「ちょ・・ちょっとー♪汗 シップたん!汗 ストップだじょー 汗」



ゴールドシップ
「チューしてくれないと、ハァハァが止まらないぜよー!唇 んー!早くー!ギャオーー!! 吠」


No.1キャバ嬢レナ
「シ、シップたん 汗 店内で吠えちゃダメだじょ! 汗」



オウケンブルースリ
「お、落ち着けシップ!汗 ハメを外して出入り禁止になったら、シャレにならんぞ!汗 馬っ気を出すな! 汗」


ゴールドシップ
「ハ・・ハメ!ハメ!!立 ハァハァ! ギャオーーッス!! 吠」



オウケンブルースリ
「ま、まずい!汗 シップのエンジンがかかっちまった!汗 レナたん!横に飛べ!」


No.1キャバ嬢レナ
「わ、わかった!・・・とうっ! 横飛」


ゴールドシップ
「ハァハァ!喜 どこ行くのー!レナたんー! 追」



オウケンブルースリ
「今だっ!!はいぃぃっ!! 綱引」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「ぐはぁー!! 泣」



オウケンブルースリ
「・・・・汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」


ゴールドシップ
「・・・・ 倒」



オウケンブルースリ
「おし 汗 しんだか?」


No.1キャバ嬢レナ
「しんだらダメだじょ 汗」



ゴールドシップ
「・・・・ 倒」


オウケンブルースリ
「・・・おーい・・ ツンツン 突」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・・ギャオーーッス!!吠 レナたんー!チュウチュウー!!唇 ハァハァ! 立」


No.1キャバ嬢レナ
「キ、キャー 汗」



   バキッ!



ゴールドシップ
「どわぁーー!!泣」


オウケンブルースリ
「いい加減にしろバカ 拳」



No.1キャバ嬢レナ
「だ、大丈夫?汗 シップたん? 汗」


ゴールドシップ
「・・・ううん・・大丈夫じゃない・・レナたん、ひざ枕して~! スリスリ 足」



No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラー 汗 どさくさに紛れちゃダメだじょー 汗 シップたん 汗」


オウケンブルースリ
「・・・おいシップよ」


ゴールドシップ
「はいー? スリスリ」



オウケンブルースリ
「・・お前そんなんでファン投票1位に応えられるのか?」


ゴールドシップ
「ん~~。どうでしょう~。ん~」


オウケンブルースリ
「な、ながシップ茂雄になってるぞ 汗」



ゴールドシップ
「・・だってー今回は、バリアシオンさんもドンナもマンボも、調子良さそうですからねー スリスリ」


オウケンブルースリ
「ああ。お前は春天で、ウインバリアシオンに完敗してるからな」



ゴールドシップ
「む。失礼な。あれは完敗ではなく、ゲート内で係員のオッサンが、俺のケツを触りやがったんすよ」


オウケンブルースリ
「ま、まあな 汗」



ゴールドシップ
「俺はそれがめっちゃ腹立って、ゲート内で吠えまくったわけですよ。ギャオー!! 吠」


オウケンブルースリ
「わかったから吠えるな 汗」



ゴールドシップ
「しかも俺は、東京と京都では来ない。中山と阪神では来る。ご存知のとおりっす」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗」



ゴールドシップ
「だから阪神では・・・クルーー!! 喜」


オウケンブルースリ
「ザキヤマシップになってるぞ 汗」



ゴールドシップ
「とは言え、ウインバリアシオンの安定感は確かに脅威」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ゴールドシップ
「だがしかし、奴は長距離では安定感抜群だが、2200mでは、たいしたことない 喜」


オウケンブルースリ
「天誅のパターンだな 汗」



ゴールドシップ
「ドンナは同期で、共にクラシックから戦ってきたわけだが、まだ1回もやらせてくれな・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「のはぁーー!!泣」


オウケンブルースリ
「ライバルを女として見るなバカ」



ゴールドシップ
「い、痛いっす 泣 タライはやめてくださいよー 泣」


オウケンブルースリ
「マンボはどうよ?」



ゴールドシップ
「ええ。マンボもまだ1回もやらせてくれな・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「どしぇーー!!泣」



オウケンブルースリ
「・・・今年の宝塚記念は牝馬が4頭もいるから、危険だな 汗」


ゴールドシップ
「そうなんです!喜 もし女に囲まれてゴールできるなら、着順なんて何着でもいいっ!!喜」


オウケンブルースリ
「お、終わったな 汗 最強の女好きだ 汗」



ゴールドシップ
「まぁしかしですね、オウケンさん」


オウケンブルースリ
「ん?」



ゴールドシップ
「俺も最初から、阪神と中山だけで走ってれば、余計な負けとかストレスを感じなくて済んだんじゃないすかね?」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ゴールドシップ
「人生は自分の長所を生かすことが最大のポイントだから、自分の苦手なコトとか、やりたくないコトは避けた方がストレスにならないっすよね」


オウケンブルースリ
「そうかもなぁ」



ゴールドシップ
「やっぱ人生は、ストレスを避けて楽しいことだけやる方がいいっすよね。ねー?レナたん? 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・んー。レナはちょっとだけ違うかもー♪」


ゴールドシップ
「え?」



No.1キャバ嬢レナ
「確かに、シップたんの言う通り、苦手なことや、腹が立つことや、嫌な事は、避けた方がストレスは減ると思う」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でもさー。腹が立ったり、苦しんだり、悩んだりした後って、新しい自分と出会うチャンスでもあると思うんだよね♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「何もムカつくことがなく、悩むこともない日々は、『自分を変えよう!』と思わせない」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「平穏で穏やかでストレスがない日々は、『今のままでいい』『今のままが続いてほしい』と思わせる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「今のままの平穏が続くことを願えば、そこで成長は止まり、転落が始まる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、『腹が立った事』って、そのままにしておくとストレスにしかならないけど、その嫌な出来事を分析して明日に繋げれば、自分を成長させるための大きな原動力になると思うんだ♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だからね。シップたんの今までの敗戦は、無駄じゃなかったと思うよ♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だって、シップたんは、負けるたびに強くなってきたと思うから」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 微笑」


ゴールドシップ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 微笑」



ゴールドシップ
「・・・レナたん・・」


No.1キャバ嬢レナ
「んー? 首傾」



ゴールドシップ
「・・・ややや!やっぱチュウチュウーー!!唇 よくわからん話だけどチュー!!んー!!ハァハァ! 立」


No.1キャバ嬢レナ
「キ、キャー 汗」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「ごぅわぁっ!!泣」



オウケンブルースリ
「・・・さ、最低だ 汗 よくわからんとか言っちゃったよ 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



  - つづく –

サブコンテンツ