ラジオNIKKEI賞~ウインマーレライ『親が思うより子は成長している』



◆ラジオNIKKEI賞2014


【ウインマーレライ】

○Win Malerei
○牡3
○父 マツリダゴッホ
○馬名の由来⇒ 冠名+絵画。父名より連想。絵に描いたような素晴らしい走りを。

==========



◆親が思うより子は成長している



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「あ~~。暑い~~ 汗汗 シゲさーん。いい加減、この店にもエアコン入れようよー 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「経費節減だぜ」



オウケンブルースリ
「いつも客たくさん入ってるのに、なんで儲かってないの~?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ 汗 ツケを踏み倒す男が常駐してるからな 汗」



オウケンブルースリ
「なぬ!!そんな奴は、出入り禁止にするべし! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう 汗 じゃあそうするか 汗」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


マツリダゴッホ
「・・・こんばんマツリダ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ほう。珍しいお客だぜ」


ウインマーレライ
「こんばんわー」



オウケンブルースリ
「おー。お前は、ゴッホさんの息子の・・」


マツリダゴッホ
「うむ。マーくんマツリダ 喜」



オウケンブルースリ
「そうそう!2歳で2連勝するも、その後、鳴かず飛ばずのマーくんな 笑」


マツリダゴッホ
「・・・・ 怒」


オウケンブルースリ
「じ、冗談だって 汗 ゴッホさん 汗」



マツリダゴッホ
「・・マーくん神の子、普通の子」


オウケンブルースリ
「普通じゃダメだろ 汗」



マツリダゴッホ
「マーくんは、今週のラジオNIKKEI賞で、マツリダゴッホ産駒初の重賞制覇を狙うのだマツリダ 喜」


オウケンブルースリ
「ほほう」


ウインマーレライ
「・・でもボク・・オウケンさんの言う通り、2連勝のあとは鳴かず飛ばずですからね・・ 落」



マツリダゴッホ
「マーくんよ。前走の青葉賞は、負けたとはいっても0.3秒差。しかも差し馬有利の流れで、先行して粘りこんだわけだからマツリダ」


ウインマーレライ
「うん・・」



マツリダゴッホ
「ワシの中では、今年の青葉賞の優勝馬は、実質マーくんだと思っていマツリダ」


ウインマーレライ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「実質ってなによ 汗」



マツリダゴッホ
「しかも福島競馬場は、マーくん初勝利のコース。あの日は、単勝1.8倍の圧倒的人気を背負い、後方から大まくり炸裂。大物感を感じさせるレースだったなマツリダ 喜」


ウインマーレライ
「そ、そうかな? 汗」


オウケンブルースリ
「ただの親バカじゃねえか 汗」



マツリダゴッホ
「今年のラジニケのメンバーは、重賞ではほとんど実績のない馬ばかり。ここで、マーくん神の子の末脚が炸裂し!父と子の!歓喜の抱擁が・・・」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。つくね2本おかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


マツリダゴッホ
「聞けやマツリダ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ゴッホさん、マーくんさん、飲み物はどうしやすかい?」


マツリダゴッホ
「うむ。ワシはビールで、マーくんにはオレンジジュースを」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


ウインマーレライ
「・・・ちょっとオヤジ・・」


マツリダゴッホ
「ん?どうしたマツリダ?」



ウインマーレライ
「・・ボクはもう子供じゃないんだ。ビールでいいよ!」


マツリダゴッホ
「むほほっ 汗 マーくんが不良になってしまいマツリダ 汗」



オウケンブルースリ
「いや、ゴッホさんさ。3歳の夏ったら、もう大人だろ。俺だってそれぐらいの頃には、もう酒もタバコもガンガンやってたぞ?」


マツリダゴッホ
「・・マーくんは、おぬしのような不良とは違うのだマツリダ」


オウケンブルースリ
「くっ・・」



マツリダゴッホ
「なあマーくん。オレンジジュースでいいだろうマツリダ?不良じゃないんだからなマツリダ 微笑」


ウインマーレライ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「それとも、リンゴジュースの方がい・・」


ウインマーレライ
「・・うるさいなぁ! 怒」


マツリダゴッホ
「むほ? 汗」



ウインマーレライ
「ボクはビールが飲みたいんだ!いつまでも子供扱いすんなよ! 怒」


マツリダゴッホ
「むほほっ 汗 マーくんが不良言葉をっ 汗汗」



ウインマーレライ
「もういいよ!怒 ねえオウケンさん、別の店で飲もうよ!」


オウケンブルースリ
「む。」


マツリダゴッホ
「・・・マ、マーくん 泣」



ウインマーレライ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・はっはっはー!笑 おし!わかったぜ!オレサマが大人の飲み方を教えてやろう! 喜」


ウインマーレライ
「うん・・」



オウケンブルースリ
「じゃあなゴッホさん!喜 息子は預かったぜ!しっかり不良にしてやるからよ! 笑」


マツリダゴッホ
「むほほ 汗 ちょちょちょ、ちょっと待てマツリダ 汗汗」



オウケンブルースリ
「・・・シゲさん。あとのことは・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・おう。わかったぜ」



オウケンブルースリ
「よーし!じゃあ飲みに行くか!マーくん! 喜」


ウインマーレライ
「うん・・」



   バタン



マツリダゴッホ
「・・・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・マーくんが・・不良に・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・オレンジジュースが大好きだったマーくん・・。酒を飲もうとするなんて・・。ワシの教育が間違っていたのでしょうかマツリダ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ゴッホさんな」


マツリダゴッホ
「・・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「先日この店に、マーくんさんが一人で来てな」


マツリダゴッホ
「む?」



≪回想シーン~ 数日前 焼き鳥シゲにて≫



焼き鳥屋 店主シゲ
「酒を?」


ウインマーレライ
「うん!飲めるようになりたいんだ!」



オウケンブルースリ
「・・・なんでよ?」


ウインマーレライ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



ウインマーレライ
「・・・ボクの目標は、重賞を勝つこと。そして、オヤジみたいなG1ホースになることです」


オウケンブルースリ
「おう」



ウインマーレライ
「そのために毎日頑張ってる。でも・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「ボクには、オヤジやオウケンさんみたいな、突出した競走能力はないような気がする・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「ボクが重賞を勝ったら、きっとオヤジは喜ぶだろうな」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「・・でも、もしボクが重賞を勝てなくても・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「いつかオヤジと二人で、この店で酒が飲みたいんです」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「・・・なんかさ。父親と息子って、照れくさいっていうのもあるけど、あまり心を開いて話ができないじゃないですか?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「でも父親が歳を取ってきて、息子も大人になるにつれて、ほんの少しずつ、父子の距離が縮まって行って・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「そしていつか、オヤジと二人で酒を飲むことができたらいいなって。」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「あの日言えなかったこととか、ずっと謝りたかったこととか。・・そんな昔話ができたらいいなって。」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウインマーレライ
「だからボク、お酒が飲めるようになりたいんです!」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ウインマーレライ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・フッ。そうか。なら、ビール飲んでみるかい?マーくんさんよ」


ウインマーレライ
「うん!」


オウケンブルースリ
「カッカッカ 笑 さすがゴッホさんの息子だな。熱いわw」



≪回想シーン終わり~ 焼き鳥シゲにて≫



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・とまあ、そんな感じだな」


マツリダゴッホ
「・・・・ 号泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・うう・・涙 バーくん・・・ 鼻水」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ハ、ハナが出てるぜ 汗」


マツリダゴッホ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、何も心配する事はねえぜ」


マツリダゴッホ
「サ、サンキューですバツリダ・・・涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・子供ってやつはよ。親が思っている以上に、ちゃんと親のことを見てるし、しっかり成長してるのかも知れねぇな」


マツリダゴッホ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから親が何でも口出ししたくなる時でも、少し自由に、子供の意志でやらせてみることも大切かもしれねえな」


マツリダゴッホ
「・・・そうですねマツリダ 涙 これからはワシも、あれはダメだ、これもダメだ、と言わないようにしなければなりませんねマツリダ」



  ピロリロリ~ン♪



焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?オウケンさんからメールだぜ」



 ⇒『イエーイ!今から、マーくんをキャバクラに連行しま~す!喜 悪の道へGO!(爆)』



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「そ、それはダメだマツリダ!汗 マーくん!今、助けに行くぞマツリダ! 走」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ