七夕賞~マイネルラクリマ『成功への最短ルートは試行錯誤である』



◆七夕賞2014


【マイネルラクリマ】

○Meiner Lacrima
○牡6
○父 チーフベアハート
○馬名の由来⇒ 冠名+涙

==========



◆成功への最短ルートは試行錯誤である



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「むふふ 喜 ゴッホさんの息子のマーくんのおかげで、ラジニケで儲かっちゃいましたよ~ 金金」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ゴッホさんも嬉しいでしょうねぇ」



オウケンブルースリ
「むっふっふ 喜 この金で今度こそ、むふふ♪なことを! 欲」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ツ、ツケはどうなりますかい 汗」



  ガラガラッ



マイネルラクリマ
「はい!チーッス! 手」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



オウケンブルースリ
「む。お前は、今週の七夕賞の主役の・・」


マイネルラクリマ
「ふっ」



オウケンブルースリ
「・・・リラクマだな?」


マイネルラクリマ
「ラクリマだっ!!怒 リラックマみたいになってんじゃねえかっ! 怒」



オウケンブルースリ
「・・リラックマって何よ?」


マイネルラクリマ
「だからリラックマは、無表情なクマのキャラクターでしょ! 怒」



オウケンブルースリ
「・・ほう。お前は馬なのに、なんでクマの名前にされたんだ?」


マイネルラクリマ
「さ、されてねえわっ!!怒 アンタがラクリマとリラクマを間違ったんでしょーがっ!!怒」



オウケンブルースリ
「そうか。すまん。ラリックマ」


マイネルラクリマ
「うぃ~~♪なんだかフワフワ気分~~♪・・・って、ラリってねえわっ!!怒 誰がラリったクマだ! 怒」



オウケンブルースリ
「・・名前が覚えにくいんだよなぁ。マイネル・・何だっけ?」


マイネルラクリマ
「ラクリマ! 怒」



オウケンブルースリ
「わかった。もう間違えないからな。・・・マクリヤ」


マイネルラクリマ
「おし!向こう正面で一気にマクるぜ!!・・・いや、マクリ屋じゃねえわっ!!ラクリマだっ!怒 オレは先行馬だから、マクらねえしっ!!怒」



オウケンブルースリ
「そうか。すまん。・・・クリマラ」


マイネルラクリマ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マイネルラクリマ
「・・・な、なんか危ねえわっ!!汗 やめろや! 汗」


オウケンブルースリ
「あ~疲れた。で結局、お前の名前を覚えて無いんだけど 笑」



マイネルラクリマ
「だから!マイネルリラクマだって!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マイネルラクリマ
「・・・違うっ!!汗 誰がリラックマだっ!!汗」


オウケンブルースリ
「じ、自分で言ったんじゃんか 汗」



マイネルラクリマ
「ラクリマ!『涙』っていう意味です!ラクリマ クリスティのラクリマ! 汗」


オウケンブルースリ
「わかったわかった。ラクリマクリスティを若い人が知ってるかどうかは、わからんけど」



マイネルラクリマ
「・・・はぁー。とにかく、今週の七夕賞は勝ちにいきますよ」


オウケンブルースリ
「58キロだぞ?」



マイネルラクリマ
「ふっ。福島2000は、オレの庭ですから 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。確かに、福島民報杯0.6差。去年の七夕賞0.4差。・・ちぎって勝ってるな」



マイネルラクリマ
「ふっふっふ。小回り向きの先行力っすから 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



マイネルラクリマ
「まあしかしですねー。オレもローカル開催に特化して走ってもいいような気がするんですよねー」


オウケンブルースリ
「ん?」



マイネルラクリマ
「いや、岡田総帥の相馬眼がハンパないのは認めます。ただ、ちょっと余計なレースを使い過ぎかなーって」


オウケンブルースリ
「ほう」



マイネルラクリマ
「香港とか行っちゃってるし 汗」


オウケンブルースリ
「旅行できて、ちょっと羨ましいけどな」



マイネルラクリマ
「いやね?オレ的には、もっと無駄なく効率よく行きたいわけですよ」


オウケンブルースリ
「うん」



マイネルラクリマ
「なるべく失敗を少なく、敗戦を少なく、最短距離で進んでいく方がいいじゃないですか?」


オウケンブルースリ
「まあなー」



マイネルラクリマ
「だからオレが思うに、最初に最短距離の道を決めて、なるべく無駄のないように、失敗のないように進んでいくのが早いと思うんですよねー」


オウケンブルースリ
「ふーん」



マイネルラクリマ
「ですよねー?シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ムダを経て、効率にたどり着く」


マイネルラクリマ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・馬券でも仕事でも恋愛でも同じだが、確かに世の中のあらゆる事には、『成功確率を高めるための方法』が存在する」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それはある意味、『結論』とでも言うべきものだ」


マイネルラクリマ
「はい」



焼き鳥屋 店主シゲ
「という事は、最初にこの『結論』を誰かに教えてもらえば、人生は失敗しねえと思うかい?」


マイネルラクリマ
「思います」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・それが、そうでもねぇのが人生の難しいところであり、面白いところでもあるんだぜ」


マイネルラクリマ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「『結論』ってやつは、それを理解するための土台がある者にのみ効果を発揮する」


マイネルラクリマ
「・・・土台・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「つまり、自分自身で汗をかきながら積み重ねてきた経験がなければ、答えだけを聞いても、その意味が理解できないわけだぜ」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、自分なりに必死に学び続け、泥臭く失敗し続け、何度も投げ出しそうになるまで頑張った者は、ある日、『結論』と出会うことで、今までの苦悩の経験が有機的に結びつく」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それを『効率』と言うんだぜ」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、面倒な努力や、泥臭い失敗を避けて、最短距離で進もうとしてもうまくいかねえ」


マイネルラクリマ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もしかしたらよ、泥くさく失敗し続ける試行錯誤こそが、成功への最短ルートなのかもしれねぇな」


マイネルラクリマ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ふむ。もしかしてだけど~♪だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


マイネルラクリマ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


マイネルラクリマ
「いえ・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「概念的な話になっちまったな」


マイネルラクリマ
「はい・・でも・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マイネルラクリマ
「・・・効率というのは、最初から求めるものでは無い・・・心に響きました 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



マイネルラクリマ
「・・ラクリマがこぼれました 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「涙な 汗」



マイネルラクリマ
「香港での惨敗も、一見、無駄に見える敗戦も、すべては自分自身の経験として積み重なっているんですね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。そうだな」



マイネルラクリマ
「シゲさん!ありがとうございました!今までモヤモヤしていたものが、晴れた気がします!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。リラクマさんの役に立てたようだな」


マイネルラクリマ
「はい!」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マイネルラクリマ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マイネルラクリマ
「・・・いや、リラクマじゃねえわっ!怒 誰がリラックマだ!怒 ゆるキャラじゃねえわっ!!怒 ラクリマだ!涙という意味のラクリマ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・ツッコミ多いな 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ