中京記念~マジェスティハーツ『ありのままの自分は意外と退屈だ』



◆中京記念2014


【マジェスティハーツ】

○Majesty Hearts
○牡4
○父 ハーツクライ
○馬名の意味⇒ 威風堂々とした強い気持ち

==========



◆ありのままの自分は意外と退屈だ



≪公園にて≫



マジェスティハーツ
「オ、オレと付き合ってくださいっ!汗 マジで!」


料亭の女将しほ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「しほさんっ! 汗」


料亭の女将しほ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「オレ、マジなんだっ! 汗」


料亭の女将しほ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「元気と書いてマジと読むっ!」


料亭の女将しほ
「・・ほ、本気だと思うけど 汗」



マジェスティハーツ
「短気と書いて、損気と読む!」


料亭の女将しほ
「読まない 汗」



マジェスティハーツ
「ありのままのオレを見てくれ!」


料亭の女将しほ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「お願いしますっ! 手」


料亭の女将しほ
「ごめんなさい」


マジェスティハーツ
「ブッ! 吹」」



料亭の女将しほ
「・・・マジ君・・。あなたはまだ若い。私みたいなおばさんじゃなく、若くて綺麗な女の子と、青春の思い出を作りなさい 微笑」


マジェスティハーツ
「オ、オレは、しほさんがいいんだっ! 泣」



料亭の女将しほ
「・・・ありがとう・・。でも・・」


マジェスティハーツ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・ごめんね・・ 微笑」


マジェスティハーツ
「うぉぉーーー!!号泣」



≪~数時間後~キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「マ、マジで? 汗」


マジェスティハーツ
「・・マジっす・・ 泣」



オウケンブルースリ
「オマエ、女将はハードル高ぇだろー 汗」


マジェスティハーツ
「・・・・ 泣」



オウケンブルースリ
「あそこは超高級料亭だからな。実質、社台の超良血馬だけが集まるところだぞ?」


マジェスティハーツ
「・・・・ 泣」



No.1キャバ嬢レナ
「大丈夫だよ、マジたん♪男性は色々な挫折や苦悩を乗り越えた人の方が素敵だもん♪ね?」


マジェスティハーツ
「・・・うるせえよ・・ 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 汗」



マジェスティハーツ
「黙れよ女。しほさんは、お前みたいな軽薄な女とは違うんだよ。バカ野郎が 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「ご、ごめん・・ 落」



マジェスティハーツ
「バカ女に言われたくねぇんだよ。俺はお前みたいな女が、1番嫌いだからな 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「うー・・ごめんちゃい・・落 レナは、おとなしく水割りを作るでちゅ・・ 落」


マジェスティハーツ
「フン」



オウケンブルースリ
「オイー!レナたんをいじめるんじゃねえー!この野郎ー!オレのレナたんをー!コ~リャ!チョイナチョイナー! 酔」


マジェスティハーツ
「オ、オウケンさん、飲み過ぎっす 汗」



オウケンブルースリ
「で、マジ君よ。中京記念はどうよ?マジな話」


マジェスティハーツ
「ええ。失恋の腹いせに、豪脚を炸裂させますよ! 怒」



オウケンブルースリ
「ふーん。気合い入ってるのはいいけど、マイル戦は久しぶりだろ?」


マジェスティハーツ
「そうですが、中京1600は勝ったことがあるし、対応できないとは思ってないっす。マジで」



オウケンブルースリ
「ほほう。じゃあ前走のエプソムカップの敗因はどうよ?」


マジェスティハーツ
「エプソムカップは内枠有利のレース展開でしたからね。外枠を引いた俺には、ちょっと流れが向きませんでした。マジで」



オウケンブルースリ
「ちなみに下馬評では、現在、中京記念2連覇中の、中京記念マイスター、ガラガラハッハーの3連覇が期待されてるな」


マジェスティハーツ
「フラガラッハだっ!汗 うがいした後に笑ってる人みたいに言うな! 汗」



オウケンブルースリ
「まあ、という事は、今週の中京記念では、お前の巻き返しもあり得ると?」


マジェスティハーツ
「あり得ますよ。マジで」



オウケンブルースリ
「マジで?」


マジェスティハーツ
「マジで」



オウケンブルースリ
「愛されるよりも愛したい?」


マジェスティハーツ
「マジで」



オウケンブルースリ
「KinKi Kids、マジで?」


マジェスティハーツ
「マジで」



オウケンブルースリ
「山本”Kids”徳郁、マジで?」


マジェスティハーツ
「なんで複数形なんすか 汗 そこはキッズじゃなくて、キッドでしょ 汗」



オウケンブルースリ
「ハァ~!チョイナチョイナー! 酔」


マジェスティハーツ
「ただの酔っ払いじゃねえかっ! 怒」



オウケンブルースリ
「ハァ~・・寝る・・グー・・Zzz・・」


マジェスティハーツ
「寝るなっ! 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「ちょ、ちょっとオウケンたん 汗 当店はおひるね禁止だじょ 汗」



オウケンブルースリ
「ぐごぉ~・・Zzz・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」


マジェスティハーツ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・あ。マジたん。水割りおかわり?」


マジェスティハーツ
「ああ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・オウケンたんは、お馬鹿だよねえ 苦笑」


マジェスティハーツ
「お馬鹿っつーか、大馬鹿だな 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・でもさ・・」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ちょっと元気になったでしょ?」


マジェスティハーツ
「む」



No.1キャバ嬢レナ
「マジ君を気分転換させようとして、わざとお馬鹿な事してたのかもね。オウケンたん」


マジェスティハーツ
「そ、そうなのか?」



No.1キャバ嬢レナ
「いや、知らないけど」


マジェスティハーツ
「知らねえのかよっ! 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたんの考えてる事は、レナにもわからないのだ 汗」


マジェスティハーツ
「ま、まあ確かにな 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「はい♪水割り♪」


マジェスティハーツ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「・・・ちょっとだけ、しゃべってもいいか?女よ」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん♪」



マジェスティハーツ
「・・・ありのままの俺を愛してほしいんだ・・。しほさんに・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「恋愛のテクニックとかじゃなく、素の自分を見て欲しいんだ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「飾らない俺を、ありのままの俺を見てほしいんだよ・・・ 落」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


マジェスティハーツ
「・・・・ 落」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・それは、相手の女性のため?それとも自分のため?」


マジェスティハーツ
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあ逆に、コミュニケーション能力を磨いて、自分と一緒の時間を、相手に気持ちよく過ごしてほしいと思うのは、誰のため?」


マジェスティハーツ
「な、何わけのわからんことを・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあ、今のレナは、素のレナ?それとも飾ったレナ?」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・そんなの、どっちでもいい」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「大切な事は、自分と接した相手が、楽しい時間を感じてくれるかどうか」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「相手に気分良く過ごしてもらうために、自分自身のコミュニケーション能力の向上が必要なら、レナは迷わず、素の自分を捨てる」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だってさ、レナの場合は、素の自分じゃー全然ダメダメだからさ。てへ♪」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「『ありのままの自分』ってさ、努力するのがめんどくさい時にも、使えちゃう言葉なんだよね」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、昨日までの古い自分なんか、さっくり捨てちゃって、どんどん新しい自分にリニューアルしていけばいいんだよ♪」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「そしたらね。気づいたときには、いつの間にか自分を振った人よりも、自分の方が魅力的になってたりするの♪」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「その時に、初めてその失恋を肯定できる。『あの挫折があったから今がある』って思える」


マジェスティハーツ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・な、なんちゃって!汗 エラソーに言っちゃって、メンゴ! 汗」


マジェスティハーツ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「・・・おい。女」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



マジェスティハーツ
「・・・いや・・・レナ・・さん 照」


No.1キャバ嬢レナ
「あ・・。名前・・」



マジェスティハーツ
「・・・フー。参ったな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「・・・失恋したばっかりだっていうのに」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「・・・ア、アンタのこと・・、好きになりそうだ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「マジたん・・ 涙」



マジェスティハーツ
「愛されるよりも愛したい。マジで 照」


No.1キャバ嬢レナ
「うん・・ 涙」



マジェスティハーツ
「山本”Kids”徳郁、マジで」


No.1キャバ嬢レナ
「そ、それは知らん 汗」



マジェスティハーツ
「ふっ。努力しない自分への言い訳・・か・・」


No.1キャバ嬢レナ
「偉そうに言ってごめんね・・」



マジェスティハーツ
「いや。そのとおりかもしれねぇな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マジェスティハーツ
「今週の中京記念。オレの末脚を、レナさんに捧げる 照」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ 涙」



マジェスティハーツ
「見ててくれ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 涙」



寝たフリしてたオウケン
「・・・ふむ。完璧にオチたなマジよ。さすがレナたん恐るべし。しかし山本”Kids”徳郁のネタ、パクりやがったな。マジの野郎・・ ブツブツ」



  - つづく –

サブコンテンツ