クイーンS~キャトルフィーユ『若いうちに貯金しすぎると先細りになる』



◆クイーンS2014


【キャトルフィーユ】

○Quatre Feuilles
○牝5
○父 ディープインパクト
○馬名の意味⇒ 四葉のクローバー

==========



◆若いうちに貯金しすぎると先細りになる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「・・あ・・暑い・・シゲさ・・ん・・あづい~! 汗裸」


焼き鳥屋 店主シゲ
「て、店内で全裸になるんじゃねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「いいじゃないですかぁ・・今日は誰も、お客がいないんだからぁ~ 棒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「で、出てはならない棒が出てるぜ 汗」



オウケンブルースリ
「儲かってるんだから、いい加減エアコン入れようよ~! パタパタ 扇」


焼き鳥屋 店主シゲ
「だ、誰かさんがツケを払ってくれねえから、儲かってねえんだぜ 汗」



オウケンブルースリ
「なぬ!そんな不届き者がいるんですか!シゲさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「目の前にな 汗」



オウケンブルースリ
「シゲさんは金儲けが下手だからなあ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「オウケンさんもな」



オウケンブルースリ
「あーあ。貯金がいっぱいあったらいいのになあー」



  ヒラヒラッ



オウケンブルースリ
「・・ん?なんだコレ。・・・葉っぱ?」



  ガラガラッ



キャトルフィーユ
「・・葉っぱではありません。・・そう。それは、四つ葉のクローバー! 喜」


オウケンブルースリ
「ん?チミはたしか・・」


キャトルフィーユ
「ふふっ」



オウケンブルースリ
「・・・レディアルバローザちゃんでわ?」


キャトルフィーユ
「そ、それは姉ちゃんだっ!アタシは妹のキャトルフィーユ! 怒」



オウケンブルースリ
「あ。そうだっけ。まあどっちでもマツリダだな」


キャトルフィーユ
「どっちでもよくねえわっ! 怒」



オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。キャトちゃん」


キャトルフィーユ
「カ、カトちゃんみたいに言うな!怒 若い嫁もらってねえわっ! 怒」



オウケンブルースリ
「まあ落ち着けって。ほらビール」


キャトルフィーユ
「あ。どうも。ゴクゴク プハー! 喜」



オウケンブルースリ
「・・で、この葉っぱは何?」


キャトルフィーユ
「ふふっ。それは四つ葉のクローバーよ」



オウケンブルースリ
「ふむ。たしかに。 葉4」


キャトルフィーユ
「キャトルフィーユという馬名の意味をご存知かしら?」


オウケンブルースリ
「知らないけど」



キャトルフィーユ
「ふふっ。そんなに知りたいの? 喜」


オウケンブルースリ
「いや別に」


キャトルフィーユ
「ブッ! 吹麦」」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 ビールを吹き出すな! 汗」


キャトルフィーユ
「失礼 フキフキ」



オウケンブルースリ
「あ。キャトちゃん、そういえば今週の、札幌のクイーンステークスに出るんだな」


キャトルフィーユ
「ふふっ。そうなのよ・・・いっきしっ! 吹麦」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 ビール飲んでるときに、くしゃみするんじゃねぇっ! 汗」


キャトルフィーユ
「失礼 フキフキ」



オウケンブルースリ
「今んとこ上位人気になりそうなのは、スマートレイアー、アロマティコ、ディアデラマドレあたりか。キャトちゃんは微妙な人気かもな」


キャトルフィーユ
「くっ・・・」



オウケンブルースリ
「キャトちゃんは勝ち切れないタイプだからなぁ」


キャトルフィーユ
「・・・ふっ」


オウケンブルースリ
「ん?」



キャトルフィーユ
「・・・上位人気が予想される面々は、どいつもこいつも後方からの差し馬ばかり・・。直線平坦の小回り札幌で、そいつらの脚質が有利になるとは思えないわ・・・ふ・・ふふふ・・・暗笑」


オウケンブルースリ
「こ、怖いぞ。キャトちゃん 汗」



キャトルフィーユ
「・・スムーズに先行して、スコンと抜け出し、あわよくば2~3着に粘ってやるわ・・・ふふふ・・ 暗笑」


オウケンブルースリ
「いや、勝ちに行けよ 汗」



キャトルフィーユ
「いっきしっ! 吹麦」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 なんだそのくしゃみ!やっぱ、カトちゃんに寄せていってんじゃねえかっ! 汗」



キャトルフィーユ
「ふっ。ここで、ローズステークス4着の底力を見せてやるわっ!」


オウケンブルースリ
「な、なんて微妙な着順なんだ 汗 2年前だし 汗」



キャトルフィーユ
「・・勝ちきれなくてもいいの。上位入線して、賞金を稼ぎ、コツコツ貯金するのよ・・ふ・・ふはは・・ 暗笑」


オウケンブルースリ
「そ、そうなんだ 汗」



キャトルフィーユ
「ローズステークス4着の賞金も、まだ使わないで貯金してあるのよっ」


オウケンブルースリ
「け、堅実タイプなんだな 汗」



キャトルフィーユ
「アタシは若い頃から堅実な性格なの」


オウケンブルースリ
「ふーん」



キャトルフィーユ
「欲しい本があっても買わない。欲しい服も買わない。デートも男のオゴりじゃないと行かない」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



キャトルフィーユ
「その結果!若い頃から出費は必要最小限!コツコツと貯金をためてきたのよっ! 金」


オウケンブルースリ
「そ、そうか 汗 よく頑張ったな 汗」



キャトルフィーユ
「いっきしっ! 唾」


オウケンブルースリ
「要所要所で、カトちゃんをはさむな 汗 唾液が飛んでるし 汗」



キャトルフィーユ
「無駄遣いはしない!趣味は、四つ葉のクローバーを探すこと! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



キャトルフィーユ
「ねえオウケンさん。えらいでしょ?アタシ」


オウケンブルースリ
「そ、そうだな 汗」



キャトルフィーユ
「ねえシゲさん。堅実な女はお嫁さんにしたいでしょ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・若いうちは、あまり貯金しすぎるのも考えものかもしれねえ」


キャトルフィーユ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「貯金というのはある意味、自分の成長を止める行為でもあるからだ」


キャトルフィーユ
「は?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「本を買えば、金はなくなる。だが、自分自身に知識が残る」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、その残った知識は、これから一生涯にわたって自分自身の人生を救ってくれるだろうぜ」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えば、1500円を貯金しておいても、自分を守ってはくれないが、1500円の本の知識は、誰にも奪われることなく、これから一生自分を守ってくれる」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「欲しい服を買うことも、うまい料理を食ってみることも同じだ」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もちろん無駄遣いは論外。だが貯金し過ぎるのも、人生を長い目で見れば良くねえ」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「金を使えば、必ず自分自身に経験や知識が残る。だがすべてを貯金してしまえば、自分自身が成長する機会も失ってしまうぜ」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自らの成長のために使った金は、自らをスケールアップさせるから、結果的にその何倍もの金を、後から回収することになるんだぜ」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「無駄遣いと自己投資の判断は難しいが、致命傷にならない限りは、『お金の使い方を失敗した』、という経験もまた、これからのキャトちゃんさんの人生にプラスに働くことだろう」


キャトルフィーユ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねぇ。偉そうに言っちまって」


キャトルフィーユ
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



キャトルフィーユ
「・・・そんな発想はありませんでした・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



キャトルフィーユ
「ありがと・・シゲさん・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」」



オウケンブルースリ
「はっはっは。さすがシゲさん。いいこと言うね。・・・あ。オレちょっとトイレ」



   バタン



キャトルフィーユ
「・・なるほど自己投資か。・・・ん?オウケンさんのカバンから物が落ちてる・・。オウケンさんも、自己投資をしっかりやっているのかな・・どれどれ・・カバンには、何が入っているのかしら・・ ガサゴソ」



・大量のハズレ馬券(本命サイドにブチ込んで不的中)

・購入した大人のDVD(女優と握手できる特典つき)

・レンタルした大人のDVD(2ヶ月延滞中)

・長いこと使われていないコン●●ム

・バガボンド35巻(間違って2冊買う)

・スマホ(意味もなく3台持ち)

・食べかけのメロンパン(賞味期限切れ)



キャトルフィーユ
「・・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



キャトルフィーユ
「シ、シゲさん 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。これぞ、無駄遣いの代表例。決してマネするべからず、だぜ」


キャトルフィーユ
「わ、わかりました 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ