小倉記念~ラストインパクト『歯を食いしばって努力するだけでは成功できない』



◆小倉記念2014


【ラストインパクト】

○Last Impact
○牡4
○父 ディープインパクト
○馬名の意味⇒ 究極の衝撃

==========



◆歯を食いしばって努力するだけでは成功できない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ねぇ~!シゲさーん!暑いよーー!汗 店にエアコンつけてー! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・心頭滅却すれば、火もまた涼し、だぜ」



オウケンブルースリ
「・・・チ●●がボッ●すれば、玉もマタも涼しい?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。ゆってねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「シゲさんー。かき氷ひとつー。小倉抹茶ねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



  ガラガラッ



ラストインパクト
「・・・小倉?」


オウケンブルースリ
「ん?」



ラストインパクト
「・・・アンタ今・・・こくらってゆったか?」


オウケンブルースリ
「ゆ、ゆってないけど 汗」



ラストインパクト
「・・こくら抹茶って言っただろう?」


オウケンブルースリ
「い、いや、おぐら抹茶って言ったんだが 汗」



ラストインパクト
「・・小倉といえば俺!!ミスターコクラ」


オウケンブルースリ
「ミ、ミスターオクレみたいだな 汗」



ラストインパクト
「ミスターオグラでもいいが、ミスターオクレは嫌だ」


オウケンブルースリ
「変なこだわりがあるんだな 汗」



ラストインパクト
「あ。自己紹介がまだでしたね」


オウケンブルースリ
「誰も求めてないけど 汗」



ラストインパクト
「俺の名は・・・」


オウケンブルースリ
「ミスターオクレだろ?」



ラストインパクト
「そう!!この七三分けを見よ!・・・いや、誰がミスターオクレだっ!怒 ネタが古いわっ!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ラストインパクト
「俺は今週の、おぐら抹茶記念に出走予定の、ミスターオクレだ。・・・もうええっちゅうねん! 怒」


オウケンブルースリ
「は、早く帰ってくれないかなコイツ 汗」



ラストインパクト
「俺は、おぐら競馬場は2戦2勝。しかもどっちも楽勝」


オウケンブルースリ
「ほう」



ラストインパクト
「2月のおぐら大賞典では、通過順が『11-11-1-1』という、超絶!大マクリを披露! 喜」


オウケンブルースリ
「ほほう」



ラストインパクト
「それがあまりにもカッコよかったから、今回もやりたいんだが、あれをやるとマツパク先生がブチ切れるのだ! 怖」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ラストインパクト
「仕方がないので・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ラストインパクト
「・・お手紙書いた。さっきの手紙のご用事なあに?・・・いや、なんの話だっ!!怒 黒ヤギさん!リメンバーミー! 紙食」


オウケンブルースリ
「頼むから早く帰ってくれ 汗」



ラストインパクト
「さて。そこのアンタ。何か質問はあるか?」


オウケンブルースリ
「ない」


ラストインパクト
「ブッ! 吹」



オウケンブルースリ
「・・質問はないが要望としては、オマエに、早く帰ってほしい」


ラストインパクト
「帰らせようとすんな! 汗」



オウケンブルースリ
「うーん。じゃあさあ。小倉記念といえば、去年レコードタイムで圧勝した、メイショウナルトがいるけど、どうよ?」


ラストインパクト
「ふっふっふ。聞きたいですか? 喜」



オウケンブルースリ
「いや別に」


ラストインパクト
「ブフゥーッ! 紙吹雪」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 さっき食べた黒ヤギさんの手紙を吹き出すな!汗 汚えわっ! 汗」


ラストインパクト
「失礼。フキフキ」



オウケンブルースリ
「メイショウナルトはさあ、前走の七夕賞も、ハイラップで逃げて完勝してるからな。こいつを捕まえるのは、なかなか大変かもよ?」


ラストインパクト
「ふっふ。ナルトが去年、おぐら記念を勝った時の斤量は53キロ。そして今年は57.5キロ。4.5キロもの増量なのですよ 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ラストインパクト
「それに対して俺。2月のおぐら大賞典は55キロ。そして今回は57キロ。2キロの増量なら、生まれたての赤ん坊より軽い! 喜」


オウケンブルースリ
「もっと違うたとえ、あっただろ 汗」



ラストインパクト
「今回のレースプランとしては、ハイペースで逃げるナルトを早めに追いかけ、消耗戦に持ち込む!そして2頭ともヘロヘロで惨敗!・・・って、コラーッ!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ラストインパクト
「・・・はぁー 落」


オウケンブルースリ
「ん?どした?」



ラストインパクト
「・・・俺、こんなおちゃらけたこと言ってるけど、必死に頑張ってるんですよ・・」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ラストインパクト
「本当は、こんな夏のローカル重賞じゃなくて、中央のG1で活躍したいっすよ・・」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ラストインパクト
「俺、小さい時から努力家で、自分に出来ない事でも、歯を食い縛って努力して、できるようになりたいタイプなんです」


オウケンブルースリ
「えらいのー」



ラストインパクト
「努力は人を裏切らない!男は歯を食い縛って、ただ、無心で努力するのみ!」


オウケンブルースリ
「熱いなー」



ラストインパクト
「ねえ、シゲさん!男たるもの、そうですよね!?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ラストインパクト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・きっかけとしては、夏のローカル重賞でもいいと思うがな」


ラストインパクト
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・歯を食い縛って努力することは素晴らしいが、『努力』という言葉に酔ってしまうと、思考停止状態になることがある」


ラストインパクト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・どんなジャンルでも成果を出すためには、努力を一定期間以上、継続させることが絶対に必要だ」


ラストインパクト
「はい」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、努力の継続は、『角度を変えながらの試行錯誤』でなければ、なかなか結果は出しにくいものだ」


ラストインパクト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「猪突猛進で、同じ努力を繰り返すことも、時には必要だが、それだけでは成功できねえ」


ラストインパクト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分自身を客観的に俯瞰して、自分の強みは何か?別のやり方はないか?人と違う方法はないか?、と、少し立ち止まって考えてみることが、結果的には近道になったりするんだぜ」


ラストインパクト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねぇ。偉そうに言っちまって」


ラストインパクト
「いえ・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ラストインパクト
「・・闇雲にG1を目指すのではなく、いろいろな経験を積みながら、自分の適性や好みを見極めていくことが大切なんですね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかもな」



ラストインパクト
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まぁそういうことよ。悲壮感を漂わせて泣きながら努力するより、鼻歌交じりに楽しみながらできる様な、自分のステージみたいなものを探すのが大事だぜ」


ラストインパクト
「はい!」



オウケンブルースリ
「人それぞれ、適性や好みがあるからな」


ラストインパクト
「はい!オウケンさんにも、これから色々と相談させていただきますね!」



オウケンブルースリ
「はっは。まあ、小倉記念がんばれや。じゃあオレは帰ろうっと・・」



   カタン



ラストインパクト
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ ド変態ナースの性癖と、夜の好みに迫る!!』



ラストインパクト
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深い訳がっ! 汗汗」



ラストインパクト
「・・・じゃあシゲさん。シゲさんに『だけ』これからも色々と相談させていただきますね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ