新潟記念~マーティンボロ『知識が少ないから楽しくないだけ』



◆新潟記念2014


【マーティンボロ】

○Martinborough
○牡5
○父 ディープインパクト
○馬名の由来⇒ ニュージーランドの町名

==========



◆知識が少ないから楽しくないだけ



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「イェーイ!レナたん、今夜も素敵な時間を過ごしに来たじょー♪ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「あー♪オウケンたん♪ご・ぶ・さ・た♪」



オウケンブルースリ
「でへへ~ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あれ。そちらのダンディさんは?」


オウケンブルースリ
「ああ。コイツは今週の新潟記念の有力候補の・・・」


マーティンボロ
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・マーティムポロだ」


マーティンボロ
「・・い、いや、マーティンボロっす 汗」



オウケンブルースリ
「略して、ティムポロ」


マーティンボロ
「略さないでください 汗 しかも『ポ』じゃなくて『ボ』です 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・レナたん。ティムポロって言って」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ティムポロ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・ 喜」



マーティンボロ
「ちょ、ちょっとー!オウケンさん!セクハラですよ! 喜」


オウケンブルースリ
「オマエも喜んでるじゃねえか 汗」


マーティンボロ
「人の名前で遊ばないでください! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・じゃあ・・レナたんさ。・・・オティムポロって言っ・・」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「てぇぃはぁぁーー!!泣」


マーティンボロ
「・・・な、なぜキャバクラに、タライが 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「よし。タイミング完璧♪ 紐」



マーティンボロ
「・・・まぁしかしですね。僕は、こういう夜のお店は嫌いなんですよ・・」


オウケンブルースリ
「固いこと言うなって。ティムポ」



マーティンボロ
「そ、それやめてもらっていいですか 汗 『ロ』まで略すと、マズイっす 汗」


オウケンブルースリ
「そもそもさあ、マーティンボロって何よ?」



マーティンボロ
「フッ。マーティンボロというのは、ニュージーランドの観光地で、ワインがめっちゃ美味しい街です 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん。だから何?」


マーティンボロ
「ア、アンタが聞いてきたんでしょうが 汗」



オウケンブルースリ
「ねえねえ~、レナたん、ひざ枕して~ 甘」


No.1キャバ嬢レナ
「コラー♪当店は、ひざ枕禁止だじょ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「む。なんだその冷たい目線は。ティンボ」


マーティンボロ
「・・・別に」



オウケンブルースリ
「沢尻エリカばりに冷たいぞ」


マーティンボロ
「・・そんなことないっすよ。ただ、俺はこういう、女がいる店は楽しめないんで」



オウケンブルースリ
「キャバクラとか、行かないのか?よいしょ 膝枕」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・ちょ、ちょっとオウケンたん 汗」


マーティンボロ
「・・まず行かないっすね」



オウケンブルースリ
「もったいねえなあ。人生の楽しみが半分くらいになるぞ。はっはっは。 膝枕」


No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたん 汗 重いじょ 汗」



マーティンボロ
「・・何が楽しいのかわからんっすね」


オウケンブルースリ
「はっはっは。まぁ、そのうちわかるよ。あ、オレちょっとトイレな」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ティンボロたん、水割りおかわり?」


マーティンボロ
「・・いや、まだ残ってっから」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・あ、ティンボロたん、野球とかサッカーとか好き?」


マーティンボロ
「いや、見ない」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・むー 汗」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・レナはね。こういうお仕事っていうこともあるけど、いろんなスポーツや、お笑い番組や、政治とかも勉強するんだじょ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあさ♪ティンボロたんの趣味は何?」


マーティンボロ
「・・・特にない」



No.1キャバ嬢レナ
「むむー 汗」


マーティンボロ
「なんつーか・・。どんな趣味も、やる前から、あまり興味が持てねぇからな」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


マーティンボロ
「楽しそうなことならやってみてもいいが、楽しそうなことが無いんだ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・もしかするとさぁ」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・もしかしてだけど~♪・・・さぁ」


マーティンボロ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・順番が逆かもしれないじょ?」


マーティンボロ
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「なんていうかさ。楽しそうだからやるんじゃなくて、やるから楽しい、っていう面があるんじゃないかな?」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「例えば、競馬について詳しい人は、白熱のG1レースを見るとすごく楽しいけど、競馬を全く知らない人は、同じレースを見ても、ただ馬が走っているようにしか見えない」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「サッカーについて詳しい人は、華麗なオフサイドトラップを見ると感動するけど、サッカーを知らない人は、何が凄いのかさっぱりわからない」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「野球に詳しい人は、『ながしマツリダさん』のネタを見て笑うけど、野球を知らない人は、何のことだかわからない」


マーティンボロ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「だからさぁ。どんなジャンルであっても、そのジャンルの知識がいっぱいある人の方が、絶対に楽しめるんだよね♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それはきっと人生でも同じで、毎日いっぱい感動して生きている人もいれば、毎日が無感動に、ただなんとなく過ぎていく人もいる」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人生は、色々な事を知れば知るほど感動したり、楽しめる回数が増えていく。何も知らなければ、何にも感動できない。それじゃあ毎日がつまんないよね♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だからレナ的には、『楽しくなさそうだからやらない』んじゃなくて、『とりあえずやってみたら楽しいかも?』と思って、いろんな知識を増やしていく事を意識してるんだ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「そしたらね。感動できる回数が、どんどん増えたよ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・斜に構えて・・・世の中を斜めに見て冷笑するより、バカバカしいことでも、やってみようって思ってるんだ♪」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・そのほうが楽しいよ。・・ティンボロたん」


マーティンボロ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ね?」


マーティンボロ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめんね・・。傷つけちゃったね・・」


マーティンボロ
「・・・いや・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マーティンボロ
「・・・ありがとう・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ティンボロたん・・」



マーティンボロ
「・・・ふー。参ったな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マーティンボロ
「・・斜に構えてる・・か。・・そうだな。アンタの言う通りだ。・・いや・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マーティンボロ
「・・・レナ・・さん・・の言う通りだ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「あ・・。名前・・」



マーティンボロ
「・・・新潟記念で賞金を稼げたら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



マーティンボロ
「・・・また・・会いにきてもいいか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・えへ 泣 もちろんだじょ 泣」



マーティンボロ
「・・レナさんのことを、もっと知って・・。もっと好きになっても・・いいか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・うん・・ 泣」


マーティンボロ
「フッ 照」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。完全に落ちたな。ティムポコ。さすがレナたん。恐るべし」



  - つづく –

サブコンテンツ