セントライト記念~トゥザワールド『思考のスパンが短いと必ず一喜一憂地獄にハマる』



◆セントライト記念2014


【トゥザワールド】

○To the World
○牡3
○父 キングカメハメハ
○馬名の意味⇒ 世界へ向かって

==========



◆思考のスパンが短いと必ず一喜一憂地獄にハマる



≪超高級料亭にて≫



トゥザグローリー
「ワールドよ。われら、超良血トゥザ一族の悲願、クラシック3冠制覇への手応えはどうだ?」


トゥザワールド
「い、いや、兄さん 汗 ボク、まだ1冠も取ってません 汗」



トゥザグローリー
「・・・フン。まぁ皐月賞とダービーなんかどうでもいい。菊花賞を勝った者こそが最強だ」


トゥザワールド
「はい。心得ております。兄さん。でもまだ菊花賞に出るかどうかは分かりませんが 汗」



トゥザグローリー
「フン。まあいい。まずは前祝いの乾杯と行こうか。・・・女将!!パンパン 手」



   カタン 戸



料亭の女将しほ
「いらっしゃいませ。グローリー様。ワールド様。いつもごひいきにしてくださり 微笑」


トゥザグローリー
「おう女将。ドリンクのメニューをくれ」


料亭の女将しほ
「かしこまりました。こちらになります。超高級ビールでございますので、お値段は少々・・」



・生ビール 1万円

・黒ビール 3万円

・オレンジビール 5万円



トゥザグローリー
「ふん。安いな」


トゥザワールド
「そうだね兄さん。僕ら、超良血のおぼっちゃまにしてみれば、激安だね」



トゥザグローリー
「・・・女将。この、オレンジビールって、なんだ?」


料亭の女将しほ
「はい。オレンジビールは、チョモランマの断崖絶壁でしか収穫することができない、超激レアなオレンジを、たっぷりと絞ったものでございます」



トゥザグローリー
「ほう。興味深いビールだな」


料亭の女将しほ
「よろしければ、ぜひに」


トゥザワールド
「・・・そ、それは、ただのオレンジジュースでは 汗」



トゥザグローリー
「わかった。じゃあオレは、生ビールで」


トゥザワールド
「えぇー 汗 あんなにオレンジビールに食いついていたのに? 汗」



トゥザグローリー
「そして弟のこいつには、オレンジビールを」


料亭の女将しほ
「かしこまりました」


トゥザワールド
「まてーい 汗」



料亭の女将しほ
「・・・それから、お食事の方ですが、本日は超高級和牛による、牛しゃぶとなっております」


トゥザグローリー
「ほう。いいな」



料亭の女将しほ
「高級和牛はお好みに合わせて、お好きなものをお選びくださいませ。メニューはこちらになります」


トゥザグローリー
「おう。どれどれ・・」



・黒毛和牛 100万円

・白毛和牛 200万円

・薄毛和牛 500万円



トゥザグローリー
「ほう」


トゥザワールド
「・・・・汗」



料亭の女将しほ
「・・・解説いたします」


トゥザグローリー
「おう」



料亭の女将しほ
「・・・黒毛和牛は、チョモランマの断崖絶壁で、過酷なトレーニングを積むことによって、心肺機能・身体能力・筋力、を最大限まで鍛え上げた、体脂肪率2%のアスリート和牛でございます」


トゥザグローリー
「うまそうだな」


トゥザワールド
「い、いや、もっと脂肪分を増やしたほうがおいしいのでは 汗」



料亭の女将しほ
「・・・白毛和牛は、過酷なトレーニングのストレスにより、全身の毛が白髪になってしまった和牛でございます」


トゥザグローリー
「ほう。苦労した分だけ、味に深みが出ていそうだな」


トゥザワールド
「・・・・汗」



料亭の女将しほ
「・・・最後に、薄毛和牛。こちらは白毛和牛に、さらに情け容赦なくハードトレーニングを課した結果、あまりのストレスで、白髪も抜けて、薄毛になった和牛でございます」


トゥザグローリー
「ほう。男の中の男だな」


トゥザワールド
「・・・・汗汗」



料亭の女将しほ
「いかがなさいますか?」


トゥザグローリー
「じゃあ黒毛和牛で」


トゥザワールド
「えぇ~! 汗」



トゥザグローリー
「そして弟のこいつには、薄毛和牛を」


料亭の女将しほ
「かしこまりました」


トゥザワールド
「ちょっとまてーい 汗」



料亭の女将しほ
「では、少しお待ち下さいませ」



   パタン



トゥザワールド
「に、兄さん 汗 ボクも生ビールと黒毛和牛が良かったんですが 汗」


トゥザグローリー
「・・・そんなことよりワールドよ。セントライト記念の勝算はどうだ?」



トゥザワールド
「はい。イスラボニータに勝てばいいだけのレースですね。問題ありません」


トゥザグローリー
「・・・いや、2回やって、どっちもチギられてるけども 汗 問題アリアリだろ 汗」



トゥザワールド
「ふっ。ダービーは結果的に前残りのレースでした。ボクは一か八か、後方から勝負してみたんですが、思いっきり裏目に出ました」


トゥザグローリー
「・・・・汗」



トゥザワールド
「今回は、僕の得意な新潟コースですからね」


トゥザグローリー
「お、お前、新潟コース走ったことないだろ 汗」



トゥザワールド
「関係ないねっ♪」


トゥザグローリー
「おおっ 驚 柴田恭兵! 汗」



トゥザワールド
「・・・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・関係・・ない・・ね・・ 落」


トゥザグローリー
「・・・ワールド?」



   カタン 戸



料亭の女将しほ
「ドリンクと和牛をお持ちいたしました」


トゥザグローリー
「ああ。サンキュー。女将」


トゥザワールド
「・・・・」



トゥザグローリー
「・・・どうした?ワールド」


トゥザワールド
「・・・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・4連勝した時は・・3冠も取れると思ったのに・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「皐月賞もダービーも負けた・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



トゥザワールド
「・・ボクには・・トゥザ一族の悲願を達成することなど・・ 落」


トゥザグローリー
「・・・ワールド。大丈夫だ。お前ならきっと・・」



トゥザワールド
「大丈夫じゃないよ!怒 僕は皐月賞もダービーも負けたんだ!しょせん無理なんだよ!僕なんかには! 泣」


トゥザグローリー
「・・ワールド・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・うぅ・・ 泣」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・いわゆる・・。思考のスパンが短すぎることの弊害でございます・・ ボソッ」


トゥザワールド
「え? 涙」



料亭の女将しほ
「・・人生において、結果を分析するときは、ある程度、長いスパンを前提としなければなりません」


トゥザワールド
「・・・女将・・」



料亭の女将しほ
「なぜなら、人生というのは、小さなアップダウンを繰り返しながら、長期的には、緩やかな右肩上がりになっていくものだからでございます(※正しい努力を継続している場合の話)」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「逆に言えば、長期的にはせっかく右肩上がりなのに、分析するスパン(期間)が短すぎると、一時的な人生のスランプ期間に、判断を狂わされるのでございます」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「ワールド様にとって、皐月賞やダービーは、長い人生のほんの一部分に過ぎません」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「人生も馬券も、『コンスタントに確実に右肩上がり』などということは絶対にあり得ないのでございます」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「人生と馬券には、必ず好調期と不調期が訪れるものです」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「大切な事は、そんなアップダウンの中で、長い目で見て長期的に、自分自身を向上させていくことなのです」


トゥザワールド
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・申し訳ございません。私ごときが偉そうなことを・・」


トゥザワールド
「いや・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・ありがとう女将。・・女将の言う通りかもしれないな」


料亭の女将しほ
「ありがたきお言葉にございます 微笑」



トゥザグローリー
「そうだワールドよ。お前は強い。俺ほどではないが、お前もそこそこ強いから、せいぜいセントライト記念を勝ってこい」


トゥザワールド
「な、なんて複雑な激励なんだ 汗」



トゥザグローリー
「じゃあそろそろ帰るよ。女将」


料亭の女将しほ
「・・・グローリー様。ワールド様。本日もありがとうございました。恒例の・・・『おみや』をご用意してございます ニヤリ」


トゥザグローリー
「おし。キタ」


トゥザワールド
「・・・・」


料亭の女将しほ
「おまえたち!入りなさい!」



   ゾロゾロ



料亭の女将しほ
「・・・左から、『上戸・吉瀬・ピン子』、でございます。ささ、お好きな『おみや』をお持ち帰りくださいませ ニヤリ」


トゥザワールド
「い、いやいや!汗 女将!僕らはそういうことは、ちょっと。・・・ねえ?兄さん」



トゥザグローリー
「じゃあ吉瀬で」


トゥザワールド
「えぇ~~! 汗」



吉瀬
「・・・あなた・・不倫する勇気あるの? 微笑」


トゥザグローリー
「フン。可愛がってやるぜ」


吉瀬
「ふふっ。昼顔って呼んで 微笑」



トゥザワールド
「に、兄さん 汗」


ピン子
「・・・ちょっと待ってくれがよ・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



ピン子
「・・グローリー様・・。ずっとアタスを選んでくれていたのに・・。最近・・何で冷たくするんだっぺが・・ 泣」


トゥザグローリー
「・・・オレたちは・・・もう終わったんだ」



ピン子
「ヒドイべさ!涙 ベッドでは、あんなにも愛の言葉を耳元で囁いてくれたのに!!ボカボカ! 殴」


トゥザグローリー
「・・・ピン子。もういいから 冷」


ピン子
「うわぁぁ~~ん!!泣涙 わがれたくねぇ~~! 涙」



トゥザワールド
「・・・・」


料亭の女将しほ
「・・・・」



トゥザワールド
「・・・女将。とりあえずセントライト記念、頑張ってきますんで」


料亭の女将しほ
「はい。応援馬券、買わせていただきますよ。ワールドさま 微笑」



上戸
「クリアアサヒが冷えてるぅ~♪」



  - つづく –

サブコンテンツ