スプリンターズS(&凱旋門賞)~ハクサンムーン『大切な人のために戦う者が強い理由』



◆スプリンターズステークス2014(&凱旋門賞)


【ハクサンムーン】

○Hakusan Moon
○牡5
○父 アドマイヤムーン
○馬名の由来⇒ 石川県の山名+父名

==========



◆大切な人のために戦う者が強い理由



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ今週から秋のG1が開幕だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「でも凱旋門賞の注目度が高すぎて、スプリンターズステークスは、隅っこに追いやられてるよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そんな事はねえと思うぜ 汗」



オウケンブルースリ
「あーあ。オレも全盛期に凱旋門賞に挑戦してたら、勝ってた自信あるんだけどなぁ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・そうですねえ」


オウケンブルースリ
「『間』がおかしい!汗 シゲさん!今、無理無理って思ったでしょー! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、思ってねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「くっそー!汗 その立派なヒゲ、引っこ抜いてやるぅー! 引」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、痛てえぜ 汗」



  ガラガラッ



ハクサンムーン
「・・・ふっふっふ。男2人でイチャイチャしてますね。アンタらは、モーホーですか 笑」


オウケンブルースリ
「おし!ヒゲ3本ゲッツ! 髭3」


焼き鳥屋 店主シゲ
「や、やめてくれ、だぜ 汗」



ハクサンムーン
「き、聞けやぁー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・ん?・・アナタハ、韓国のパクさんデスカ?」


ハクサンムーン
「韓国のパクさんじゃねえわっ!汗 ハクサンムーン!コテコテのジャパニーズだっ!!汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「韓国冷麺おまち」


ハクサンムーン
「いや、韓国人じゃねえわっ!汗 なんでシゲさんまで乗ってんすか! 汗」



オウケンブルースリ
「プルコギもアリマスヨー 喜」


ハクサンムーン
「韓国人じゃねえしっ! 汗」



オウケンブルースリ
「韓国アイドル、少女時代のポスターもアリマスヨー 喜」


ハクサンムーン
「いらねえわっ!汗 ・・・あ、でもちょっと欲しいかも 照」



オウケンブルースリ
「・・・よし。じゃあオレ、そろそろ帰りますわ。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう」


ハクサンムーン
「か、帰るなっ!!汗 まだスプリンターズステークスの話してねえわっ! 汗」



オウケンブルースリ
「なんだよー。めんどくせえなあ」


ハクサンムーン
「めんどくさいってゆっちゃったよっ!!汗」



オウケンブルースリ
「・・・スプリンターズSはどうよ。ズルズルッ 食」


ハクサンムーン
「れ、冷麺を食いながら適当に聞くな!汗 しかもそれボクの冷麺だしっ! 汗」



オウケンブルースリ
「まぁ今週はさぁ、凱旋門賞があるから、マスコミもそっち優先だしな。プッw」


ハクサンムーン
「くっ・・・」



オウケンブルースリ
「お前も高松宮記念みたいに出遅れないように、せいぜい気をつけろよ。プッw」


ハクサンムーン
「ふっ。ボクは、新潟コースは重賞を勝つぐらい得意なんですよ 喜」


オウケンブルースリ
「直線のアイビスSDだけどな 汗」



ハクサンムーン
「ふっふ。休み明けのセントウルステークスを叩いて、体調はバッチグーです 喜」


オウケンブルースリ
「し、死語 汗」



ハクサンムーン
「チョベリグです 喜」


オウケンブルースリ
「もういいわ 汗」



ハクサンムーン
「チョベリバです 喜」


オウケンブルースリ
「どっちだよ 汗」



ハクサンムーン
「ふっふっふ。ストレイトガールは休み明け。コパノリチャードも休み明け。グランプリボスも休み明け」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ハクサンムーン
「こいつらG1をナメとんな。そう思うだろ?オウケンよ!」


オウケンブルースリ
「・・・・ガスガス!!蹴蹴」


ハクサンムーン
「ぐわぁぁーー!!汗 蹴らんといて!タメグチは謝ります! 汗」



オウケンブルースリ
「・・まぁ今回は、フレッシュさを重視した馬か、セオリー通り叩いて本番を重視した馬か、運命の分かれ道だな」


ハクサンムーン
「ええ。競馬における『型』の重要性を、僕が証明してやる!なあ!オウケンよ!」



オウケンブルースリ
「・・・ギュッ! 締」


ハクサンムーン
「ぐ、ぐはぁぁーー!!汗 スリーパーホールドはヤメテー! 汗苦」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  ガラガラッ



帽子の女
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



オウケンブルースリ
「・・・ん?・・おおっ!喜 なんだあの美人は! 喜」


帽子の女
「・・・空いてるかしら?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。オウケンさんの横でいいかい?」


帽子の女
「いやです」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹麺」


ハクサンムーン
「う、うわっ!汗 ちょっとオウケンさん!冷麺を吹かないでください! 汗」



オウケンブルースリ
「くっ・・・。失礼な!汗 誰なんだお前は! 怒」


帽子の女
「・・・・(脱帽)」



オウケンブルースリ
「・・チ、チミは・・ 汗」


ハープスター
「・・・本日はお日柄もよく 微笑」



オウケンブルースリ
「ハ、ハープスターちゃんでわ 汗汗」


ハクサンムーン
「おおー 汗」



ハープスター
「・・・ごめんあそばせ・・・。なんちゃって♪てへ♪」


オウケンブルースリ
「カ、カワユス 照」


ハクサンムーン
「・・・・ 照」



ハープスター
「うわぁ♪大衆居酒屋みたいなところって、初めてで感激♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですかい」



ハープスター
「うん。アタシいつも、ブエナ組での登場だから」


オウケンブルースリ
「ブエナちゃんは元気か?」



ハープスター
「はい♪いつも若頭のペルーサおじさんと、ネタやってるよ♪」


オウケンブルースリ
「ネタゆうな 汗」



ハープスター
「わー♪焼き鳥がいっぱい並んでて、すごーい♪」


オウケンブルースリ
「はっはっは。クソ汚ねえ店だが、ゆっくりしていきなよ」


ハープスター
「はーい♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「いよいよ凱旋門賞だな。ハープちゃん」


ハープスター
「そうなんですぅー。緊張ー。ドキドキ♪ 胸」



オウケンブルースリ
「ギガントカワユス 照」


ハクサンムーン
「・・・・ 照」



ハープスター
「でもでもぉー。ロンシャンの芝2400mって、ものすごくスタミナが要求される気がして、不安なんです…」


オウケンブルースリ
「ふむ。オレはマラソンレースの菊花賞を勝っているから、ハープちゃんとの子供が産まれたら、きっとバランスが良いサラブレッドになるぜ! 喜」


ハープスター
「え?」



オウケンブルースリ
「はっはっはー!だから、オレと種付けし・・」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「てぇぇぐはぁぁーー!!泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「シゲ特製、みそ汁おまち」


ハープスター
「うわぁ♪いいにおいー♪」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ハープさんが、フランスでも平常心で戦えるよう、日本料理でおもてなしだぜ」


ハープスター
「ありがとうございますー♪ゴクゴク・・・ごちそうさまでした~♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。一気飲みだぜ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「パクさんには、シゲ特製のキムチ鍋だぜ」


ハクサンムーン
「か、韓国人じゃねえわっ! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・いや、オレにはねえのかよっ! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ツケが先だぜ」



ハープスター
「みなさん。アタシ、勝てるとは言わないけど、この夢舞台に立つことさえできなかった姐さんのために、頑張ってきます 燃」


オウケンブルースリ
「うん。ブエナちゃんも凱旋門賞に行くはずだったからな」



ハクサンムーン
「ボクも、引退したロードカナロアの評価を下げないためにも、頑張ってきます 燃」


オウケンブルースリ
「だな。じゃあシゲさん。最後に激励の言葉を」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ハクサンムーン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・むろん、人生は自分のためにある」


ハープスター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・だが、『誰かのために戦う者』は強い」


ハクサンムーン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「なぜなら、自分以外の誰かのために戦う者は、目先の欲望から解放されるからだ」


ハープスター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分のためだけに戦う者は、自分の中の欲望によって、本来のパフォーマンスを阻害されることがある」


ハクサンムーン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、大切な人のために戦う者は、欲望から解放され、のびのびと自分自身を発揮できたりするものだぜ」


ハープスター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ハクサンムーン
「いえ!ありがとうございますっ! 燃」


ハープスター
「リラックスできたかもです♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ハクサンムーン
「オウケンさん!ボク!G1ホースになってきます!応援しててください! 燃」


ハープスター
「じゃあアタシは、世界一に♪」


オウケンブルースリ
「はっはっは。応援してるから2人とも頑張れよ。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



ハクサンムーン
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


ハープスター
「えー♪なんのDVD~?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ すっごいお注射で、欲望から解放して・あ・げ・る♪』



ハクサンムーン
「・・・・」


ハープスター
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



ハクサンムーン
「シゲさん。ボクG1ホースになってきます。シゲさん『だけ』が、応援しててください!」


ハープスター
「アタシもシゲさん『だけ』に、応援されたいなっ♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗 しっかり応援させてもらうぜ 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ