マイルCS~トーセンラー『自分の道を行けば必ず誰かが文句を言う』



◆マイルチャンピオンシップ2014


【トーセンラー】

○Tosen Ra
○牡6
○父 ディープインパクト
○馬名意味⇒ 冠名+エジプト神話の太陽神

==========



◆自分の道を行けば必ず誰かが文句を言う



≪焼き鳥シゲにて≫



  ガラガラッ



オウケンブルースリ
「ちーっす!ううー!寒いっ!さぶいっす!シゲさん! 震」


焼き鳥屋 店主シゲ
「熱燗おまち」


オウケンブルースリ
「はえぇな! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「冷え込んできましたねえ」



オウケンブルースリ
「だよねー。やっぱこんな時はさー、馬券でもガッツリ当てて、熱くなりたいっすよね!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



  ガラガラッ



トーセンラー
「そういうことなラー、ボクにお任せあラー! 喜」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん、おでんちょうだい」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



トーセンラー
「き、聞けラー! 汗」


オウケンブルースリ
「ん?おまえは・・・」


トーセンラー
「ふっ。そうラ。我こそは、京都コースの帝王!!トーセンラーなのラー! 喜」


オウケンブルースリ
「お、おまえも地味に登場回数、多いよな 汗」



トーセンラー
「シゲさん、ラーメンとラーハンと、つくラのタラをくラーさい! 喜」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよっ!汗 ラーメンしかわかんねえわっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ラーメンとチャーハンと、つくねのタレな、あいよ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ラーメンとチャーハンとつくねのタレおまち」


オウケンブルースリ
「はえぇなっ! 汗」


トーセンラー
「うわーい♪いただきラーす!モグモグ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「・・・うまラー 喜」


オウケンブルースリ
「・・・まいうー、みたいに言うな 汗」


トーセンラー
「・・・・ 喜」



オウケンブルースリ
「おい、ラーよ。熱燗飲むか?あったまるぞ」


トーセンラー
「飲むラ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・野村?」


トーセンラー
「いや、野村ではなく、飲むラ」



オウケンブルースリ
「ノムさん?」


トーセンラー
「いや、ノムさんではなく、飲むラ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「熱燗おまち」


オウケンブルースリ
「はえぇなっ! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・つーかよ。マイルCSはどうよ?自信あるのか?」


トーセンラー
「ふっふっふ。いっラい誰に物言っラんだ?このオランコナスラー 喜」



オウケンブルースリ
「・・・それはなんて言ってんだ?」


トーセンラー
「いったい誰に物言ってんだ?このオタンコナス 喜」



オウケンブルースリ
「誰に物言ってんだコラァー!!怒 ガスガス!!蹴蹴」


トーセンラー
「ぐ、ぐわぁぁーー!!けラーんといてー!!汗」



オウケンブルースリ
「ケッ。先輩としゃべるときは言葉づかいに気をつけろや」


トーセンラー
「す、すいまラー 汗」



オウケンブルースリ
「まあしかし、なんだかんだ言っても、お前は京都コースは走るからな」


トーセンラー
「そうラ!喜 ボクは京都コースは、11戦全勝ラ! 喜」



オウケンブルースリ
「も、盛ってんじゃねえ!汗 【4-2-4-1】だろが 汗」


トーセンラー
「ふっ。四捨五入すれば、11戦全勝ラ 喜」


オウケンブルースリ
「四捨五入したら、11戦全敗だろが 汗」



トーセンラー
「今週のマイルCSでは、ボクの末脚が炸裂すラー! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう」



トーセンラー
「ボクがゴールする時、実況はこう叫ぶだろうラ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「『ラーはラーでも、トーセンラーー!!叫』」


オウケンブルースリ
「ラーは、おまえしかいねえだろが 汗」



トーセンラー
「もしくはこう・・・『ラーはラーでも、クラーーレント!!叫』」


オウケンブルースリ
「負けてんじゃねえか 汗」



トーセンラー
「あるいはこう・・・『ラーはラーでも、グラーーンプリボス!!叫』」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



トーセンラー
「あるいはこう・・・『ラーはラーでも、ミッキーアイラーー!!!!叫』」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。肉じゃがちょうだい」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


トーセンラー
「き、聞けラー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・ミッキーアイラーってなんだよ 汗」


トーセンラー
「フィエラーの方が良かったかラ?」


オウケンブルースリ
「アムラーみたいに言うな 汗」


トーセンラー
「オウケンさん!もっとかまってくれラー!」



オウケンブルースリ
「なんだよ。うるせえなあ。知らねえよ」


トーセンラー
「・・・しラーねえよってか?」



オウケンブルースリ
「変なおじさんみたいに言うな 汗」


トーセンラー
「何だツィミわってか? 喜」



オウケンブルースリ
「早く帰れ 汗」


トーセンラー
「・・・はぁー・・ 落」



オウケンブルースリ
「あ、あれ?汗 急に落ち込んだな 汗」


トーセンラー
「・・・確かに、ボクは京都コースの鬼ラ」



オウケンブルースリ
「・・・バニラ?」


トーセンラー
「いや、バニラではなく、鬼ラ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



トーセンラー
「でもラ、もしかしたラー・・・『あいつは自分の好きなコースでばかり走っていてズルイ』って、みんなに思われているんじゃないだろうかラ・・ 落」


オウケンブルースリ
「ふむ。確かにな」



トーセンラー
「ボクは、人に悪口や文句を言われたくないんラ」


オウケンブルースリ
「まあな」



トーセンラー
「だから、もっとあえて苦手なコースを走ったりすれば、誰からも文句を言われないのではないかと思うんラ」


オウケンブルースリ
「ふーん」



トーセンラー
「・・・ねえ、シゲラん・・。人から、悪口や文句を言われないために、自分の行動を変えた方が良いんですかねラ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ラーさんな」


トーセンラー
「・・母さん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、母さんではなく、ラーさん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・たぶん自分の行動を変えても、悪口や文句は無くならねえと思うぜ」


トーセンラー
「ラ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の好きなように生きても、自分を抑えこんで苦しみながら生きても、どっちにしても悪口や文句は言われるものだ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間関係に100%はねえ。すべての人間に認められ賞賛されることは、まずあり得ない」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「特に、革新的な考え方を持っていたり、個性的な人間であればあるほど、悪口や文句を言われる事が多くなる」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その代わり、個性的であればあるほど、支持してくれる味方も増えていくんだぜ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、ラーさんな」


トーセンラー
「・・母さん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、母さんではなく、ラーさん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「批判されることを恐れるな。自分の道を行けば、敵と味方が同時に生まれるものだぜ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


トーセンラー
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


トーセンラー
「いえ・・。心に響きましラ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



トーセンラー
「迷わずに!京都の鬼を目指したいと思いますラ!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。がんばんなせえ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



トーセンラー
「ん?オウケンさん。何か落としラしたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ 悪口や文句を言って欲しいのかい?このブタ野郎!!』



トーセンラー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



トーセンラー
「・・・シゲラん。このド変態が、ボクと同じ京都巧者っていうのは、イヤラ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ