ジャパンカップ~エピファネイア『不調期は成長の前ぶれ』



◆ジャパンカップ2014


【エピファネイア】

○Epiphaneia
○牡4
○父シンボリクリスエス
○馬名 意味由来⇒ クリスマスから12日目にあたる1月6日「公現祭」

==========



◆不調期は成長の前ぶれ



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ちーっす!ううー!寒いっ!さぶいっす!シゲさん! 震」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう、いらっしゃい。キンキンに冷えた生ビールおまち」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「シ、シゲさんが小ボケを… 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・シゲさんさあ、オレは体が冷え切っているんだから、あったまる酒なら飲むけど、キンキン生ビールは飲まないっすよー。ゴクゴク・・・プハァー!おかわり! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「いよいよ、最強メンバー集結のジャパンカップっすね! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「ドンナとハープスターの新旧女王対決っすね!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、世界ランキングトップのジャスタウェイさんが立ちはだかるぜ」



オウケンブルースリ
「秋天で覚醒したスピルバーグやら、ダービー馬のロンリー、蛯名氏のお手馬モスラとメノ・・・。すごいメンバーっすよねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「さて、この中から誰を軸にするかな・・・ブツブツ」



  ガラガラッ



エピファネイア
「ちょっと待ったーー!!叫」


オウケンブルースリ
「ん?」



エピファネイア
「おーっとここで、ちょっと待ったコールだーー!!喜」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん、ビールおかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ペース早すぎだぜ」



エピファネイア
「き、聞けやぁーー!!汗」


オウケンブルースリ
「ん?オマエは・・」


エピファネイア
「ふっふっふ。そうでぃす。わたすが、変なエピファネイアでぃす。・・・誰が変なエピファネイアだっ! 汗」



オウケンブルースリ
「あれ?シゲさん、焼き鳥の肉、変えた?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。企業秘密だぜ」


エピファネイア
「き、聞けやぁーー!!汗」



オウケンブルースリ
「なんだよ、うえるせえなあ。オマエにはもう期待してねえし」


エピファネイア
「まてーい! 汗」



オウケンブルースリ
「オマエは菊花賞までは強かったんだがなあ。古馬相手には、まだ連対もしてねえだろ」


エピファネイア
「くっ・・・」



オウケンブルースリ
「秋天も伸びなかったしなあ」


エピファネイア
「ふっふ。秋天は、半年以上の休み明けで体が、ノットキレキレでした」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



エピファネイア
「それでも秋天は 0.2差!今回は休み明けを叩いて、チョットキレキレですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「ちょっとだけかい 汗」



エピファネイア
「そして距離!ボクは菊花賞を圧勝しているように、2000より2400以上の方が、モットキレキレになるんですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「な、なんかそれ腹立つな 汗」



エピファネイア
「まだありますよ!聞きたいですか? 喜」


オウケンブルースリ
「いや、別に」


エピファネイア
「ブッ! 吹」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 ヨダレを飛ばすな! 汗」



エピファネイア
「そう!騎手です!今回は福永氏がジャスタウェイに乗るため、ついに乗り替わり! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう」



エピファネイア
「クリストフ・スミポンですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、ポン酢ある?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あるぜ」


エピファネイア
「き、聞けやぁーー!!汗」



オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ここでラフプレー王の、スミヨンか。確かにちょっと見ものだな」


エピファネイア
「スミヨンさんなら、久々に僕の『エピファイヤー』が炸裂するかもです! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」



エピファネイア
「エピファイヤーの説明から入りますか? 喜」


オウケンブルースリ
「いや!いい!汗 それいいから! 汗」



エピファネイア
「説明しよう!!喜」


オウケンブルースリ
「み、短めで頼むぞ 汗」



エピファネイア
「エピファイヤー。それはオレのアビリティ」


オウケンブルースリ
「・・・あ、シゲさん。ミニラーメンひとつね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



エピファネイア
「発動すれば、異次元の急加速。ニトロみたいなもんです」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ミニラーメンおまち」


オウケンブルースリ
「はええな 汗」



エピファネイア
「でも、エピファイヤーにも弱点があるっす」


オウケンブルースリ
「・・・ズルズルッ 麺」



エピファネイア
「エピファイヤーは、道中で折り合いを欠くと、ニトロが全部こぼれちゃうのだ」


オウケンブルースリ
「ミニラーメン、うんまー 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ありがとよ」



エピファネイア
「皐月賞は外枠でスタートして、かかりまくったので、道中でエピファイヤーが全部出ちゃった。ニトロダダ漏れ」


オウケンブルースリ
「このスープ、かなり煮込んでるんですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「まあな」



エピファネイア
「ダービーは、道中で前の馬のケツに突撃して、つまづいた時に、エピファイヤー放出(※これをケツファイヤーと言う)」


オウケンブルースリ
「ダシは比内鶏?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「企業秘密だぜ」



エピファネイア
「ということで、発動さえすれば、デビュー戦や菊花賞の時のような、異次元の超加速が可能。それがエピファイヤー」


オウケンブルースリ
「麺もうまいっすね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「手打ち麺だぜ」



エピファネイア
「でも5レースに1回くらいしか発動しない」


オウケンブルースリ
「また食いたくなる味っすね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ありがとよ」



エピファネイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



エピファネイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・ん?あれ、解説終わったのか?」


エピファネイア
「・・・・ 泣」



オウケンブルースリ
「ちゃ、ちゃんと聞いてたって! 汗」


エピファネイア
「ホント? 泣」


オウケンブルースリ
「マジ!」



エピファネイア
「・・・じゃあ、道中で前の馬のケツに突撃することを、何と言う? 泣」


オウケンブルースリ
「・・・え、えーとー・・ 汗」


エピファネイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・ア●ル フ●●ク? 汗」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!泣」


エピファネイア
「・・・いいもん、いいもん 泣 絶対エピファイヤー発動させて、みんなをアッと言わせてやるもん・・ 泣」


オウケンブルースリ
「そ、その意気だ!エピ夫! 頭痛」



エピファネイア
「・・・どーせボクは落ち目ですよーだ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



エピファネイア
「あーあ。3歳の頃は楽しかったなー 落」


オウケンブルースリ
「ま、まあ好調期だったしな 汗」



エピファネイア
「不調期なんか楽しくないなー 落」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」


エピファネイア
「ハァー・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・不調期も、悪くないもんだぜ」


エピファネイア
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生は馬券に似ている。必ず、好調期と不調期が繰り返されるという点に於いてな」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして人生の好調期は楽しいが、全てがうまくいってしまうがゆえに、無意識に他人に対して『傲慢さ』が出ちまうことがある」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「傲慢さは、イヤなオーラとして、周囲の人間を不快にさせる」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「好調期が長く続かないのは、ここに1つの原因があるわけだぜ」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、不調期は自信をなくしているから、謙虚になる。謙虚な人は周囲が助けたくなる」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして不調期には、試行錯誤したり、努力を積み重ねるから自分自身の能力がアップしやすい」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「好調期は楽しいが成長しない。不調期は苦しいが成長する」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えればよ、人生に無駄な時期はないぜ」


エピファネイア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


エピファネイア
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



エピファネイア
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



エピファネイア
「結果が出ていないときこそ、逆に自分の能力はアップしているのかもしれませんね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。苦しみの向こうにある喜びって感じだぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



エピファネイア
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ 苦しみの向こうにある享楽を教えて・あ・げ・る♪』



エピファネイア
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



エピファネイア
「・・・オウケンさん・・」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!エピ夫! 汗」



エピファネイア
「・・・このDVD・・・貸してください・・」


オウケンブルースリ
「え? 汗」



エピファネイア
「うぉぉーー!!見たいっす!コーフンして、エピファイヤーが出そうですっ!オウケンさん! 少出」


オウケンブルースリ
「エ、エピファイヤーはニトロじゃねえのか? 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ