チャンピオンズカップ2014~インカンテーション『一見わかりにくいのが真の優しさ』



◆チャンピオンズカップ2014


【インカンテーション】

○Incantation
○牡4
○父シニスターミニスター
○馬名 意味由来⇒ 呪文・呪術

==========



◆一見わかりにくいのが真の優しさ



≪喫茶JIROにて≫



オウケンブルースリ
「マジかよー。シゲさんとこ臨時休業かあー。しょうがねえな。またこの店に入ってみっか・・・」



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「あ。どーも。営業してる?」



喫茶店マスター 二郎
「はい。ご覧の通り、繁盛しておりますよ?」


オウケンブルースリ
「だ、誰も客いねぇけど 汗 閑散としてるじゃねえか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ご注文の方、繰り返します」


オウケンブルースリ
「ま、まだ注文してねえわっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「早く注文してください」


オウケンブルースリ
「ま、まだ座ってもいねえんだけど 汗」



喫茶店マスター 二郎
「なぜ座らないのですか?」


オウケンブルースリ
「オ、オメーがお席のほうをご案内しねえからだろ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・お席のほう、案内してほしいんですか?」


オウケンブルースリ
「いや、もう帰る! 怒」



喫茶店マスター 二郎
「お客さま? 美声」


オウケンブルースリ
「なんだよっ!怒 ちょっとええ声で、語尾を上げるな!ホテルマンかっ! 怒」



喫茶店マスター 二郎
「1500円になります」


オウケンブルースリ
「な、なんも注文してねえけど 汗」



喫茶店マスター 二郎
「チャージ料です」


オウケンブルースリ
「喫茶店だぞ 汗」



  カランコロ~ン



インカンテーション
「こんにちは~。やってますかー?」


喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ?団体様ですか?」


インカンテーション
「い、いや、どう見ても1人でしょ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「友達がいないタイプですか?」


インカンテーション
「し、失礼だなアンタ 汗」



オウケンブルースリ
「・・・おう。印鑑。おまえもまた来たのか」


インカンテーション
「あれ。オウケンさん。いらっしゃってたんですね」



オウケンブルースリ
「おう。シゲさんとこが臨時休業でな。しかたなく、な」


インカンテーション
「そうでしたか。あ、マスター。コーヒーください」


喫茶店マスター 二郎
「ございません」



インカンテーション
「え?汗 喫茶店なのにコーヒーがないんですか? 汗」


喫茶店マスター 二郎
「ございません」



インカンテーション
「じゃあ・・・オレンジジュースください」


喫茶店マスター 二郎
「ございません」



インカンテーション
「じ、じゃあ何があるんですか 汗」


喫茶店マスター 二郎
「・・・紅茶・・」



インカンテーション
「あ、紅茶があるんですねー」


喫茶店マスター 二郎
「・・は、ございません」



インカンテーション
「ねえのかよっ!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



インカンテーション
「オウケンさん!なんなんすか!この、ちょっとええ声のマスター!ホテルマンかっ! 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け、印鑑 汗」



インカンテーション
「あ。そんなことよりオウケンさん。ボクついにG1ホースになるチャンスが来ましたよ!」


オウケンブルースリ
「おう。今週のチャンピオンズカップ。旧ジャパンカップダートな」



インカンテーション
「はい。世代交代を見せつけますよ」


オウケンブルースリ
「まあ、がんばれや」



インカンテーション
「・・・ちょ、ちょっとばかり・・緊張してますけどね 固」


オウケンブルースリ
「だよなぁ」



インカンテーション
「チャンピオンズカップのことを考えるだけで、体がこわばってしまって・・。たはっ 汗」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ふーん。調教の方はどうよ?」



インカンテーション
「ええ、調教は・・・」


喫茶店マスター 二郎
「タルいっす」


インカンテーション
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「今週の印鑑さんの調教、タルいっす」


インカンテーション
「な、なぜマスターが答えるんだ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「印鑑さんは前走の、みやこステークスが仕上がってたから、それ以上の上積みはねえっす。プッw」


インカンテーション
「は、腹立つ 汗」



オウケンブルースリ
「ま、まあ印鑑よ。おまえは左回りダートでは、ほとんど崩れてないからな」


インカンテーション
「そうです! 喜」



喫茶店マスター 二郎
「・・・そうでぃす、ってか。わたすが変なおじさんでぃすってかw」


インカンテーション
「コ、コイツ、ブン殴っていいスか?オウケンさん 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け。印鑑 汗」



インカンテーション
「フン。ボクは前走の、みやこステークスで、出遅れて本来の先行策をとれなかったにもかかわらず、豪快に差しきり。脚質の自在性を証明したんです!」


オウケンブルースリ
「だな」



喫茶店マスター 二郎
「・・・いや、みやこステークスは、断然人気のクリノスターオーを各馬が追いかけて、結果的に差し馬有利の流れになりましたね。だから出遅れてラッキーでしたねー。ハッピーですねー。ハッピーボーイ♪ですねー。ドアホ!!うぅわおっっ!!ww」


インカンテーション
「コ、コロスっ! 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け。印鑑 汗」



喫茶店マスター 二郎
「印鑑、印鑑って、ワシャ印鑑屋さんかっ!ドアホ!うぅわおっっ!!ww」


インカンテーション
「オ、オウケンさん・・。二人でこのホテルマン、抹殺しましょう 怒」


オウケンブルースリ
「ま、まてまてまて 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・まてまてまて。ってか。わしゃアントニオ猪木かっ!ドアホ!うぅわおっっ!!ww」


オウケンブルースリ
「・・・・ガスガス!!蹴蹴」



喫茶店マスター 二郎
「うぅわおっっ!!泣 蹴らんといてー 泣」


インカンテーション
「オ、オウケンさん!汗 暴力はマズイっす! 汗」



オウケンブルースリ
「・・印鑑よ。チャンピオンズカップを勝って、この腐れホテルマンを黙らせろや」


インカンテーション
「オッスっ!!」



オウケンブルースリ
「応援してるぞ」


インカンテーション
「ッシャー!! 燃」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ふふっ。いい顔になりましたね ボソッ」


インカンテーション
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「印鑑さん。肩の力は抜けましたか? 微笑」


インカンテーション
「あ・・」



喫茶店マスター 二郎
「緊張から、余計な気負いがあると、どんなに強い馬でも能力を発揮できませんよ? 微笑」


インカンテーション
「ホ、ホテルマンさん・・。もしかして・・」



喫茶店マスター 二郎
「ふふっ。印鑑さんの緊張をほぐすために、わざとあなたを怒らせていたと?いえいえ。そんな事は・・・あります。って、あるんかいっ!ドアホ!うぅわおっっ!!ww」


インカンテーション
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・STAP細胞は・・・ありません。ないんかいっ!!ドアホ!うぅわおっっ!!ww」


インカンテーション
「・・・さて、オウケンさん。帰りましょうか」


オウケンブルースリ
「そうだな」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ」


インカンテーション
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「印鑑さま? 微笑」


インカンテーション
「なんすか。ちょっとええ声で、語尾を上げんな。ホテルマンか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・申し訳ございません。今、何か言おうとしたんですが、完全に忘れましたです」


インカンテーション
「と、鳥頭かっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「思い出しました」


インカンテーション
「はええなっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・忘れました」


インカンテーション
「なんだテメーわっ!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、印鑑さまへ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


インカンテーション
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



インカンテーション
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!汚いなあ! 汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。遠慮なさらず」


インカンテーション
「くっ・・。聞かないと帰れないのか・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


インカンテーション
「・・・・」



『緊張を
 ほぐせば勝てる
 チャンピョンズカプ』



喫茶店マスター 二郎
「・・・ご清聴、ありがとうございましたです 照」


オウケンブルースリ
「・・・ゴ、ゴロ悪すぎだろ 汗 なにが575でバシッと決めますだ 汗 チャンピョンズカプとか強引に短くしてるし 汗」


インカンテーション
「な、中身もゼロっすね 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・ 喜」



  - つづく –

サブコンテンツ