阪神JF2014~ クールホタルビ『不器用な人ほど温かい』



◆阪神ジュベナイルフィリーズ2014


【クールホタルビ】

○Cool Hotarubi
○牝2
○父マツリダゴッホ
○馬名 意味由来⇒ 冠名+蛍火

==========



◆不器用な人ほど温かい



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「それでは!マツリダゴッホ産駒初のG1制覇を願って!ホタルちゃん、がんばって!カンパ~イ! 杯」


クールホタルビ
「あ、ありがとう 照」



オウケンブルースリ
「おし。今日は俺のオゴりだから、何でも好きなもの飲んでいいよ。ホタルちゃん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「どうせツケだろうぜ 汗」


クールホタルビ
「ありがとうございますっ。じゃあオレンジジュースを 照」



オウケンブルースリ
「あそっか。ホタルちゃんは、まだ2歳の女の子だから、酒はダメだよな」


クールホタルビ
「えへ 照」



オウケンブルースリ
「それにしても前走のファンタジーステークスは、断然のシンガリ人気で優勝とは、ビビったよなあ」


クールホタルビ
「えへへ」



オウケンブルースリ
「これはマジで、阪神ジュベナイルフィリーズも行けるんじゃね?」


クールホタルビ
「・・うーん・・」



オウケンブルースリ
「あれ?自信ないの?」


クールホタルビ
「・・・うん。あたしには、マイナス要素ばかり・・」


オウケンブルースリ
「ふーむ」



クールホタルビ
「・・・前走人気薄。コース替わり。距離延長。・・というか、マイル自体が初めてだし・・」


オウケンブルースリ
「そうかあ」



クールホタルビ
「ファンタジーステークス組は、阪神ジュベナイルフィリーズでは回収期待値が低いし・・」


オウケンブルースリ
「うーん」



クールホタルビ
「今回はちょっと厳しいかな。えへ 落」


オウケンブルースリ
「いやいや!みんな応援してるからさ!」


クールホタルビ
「うん」



オウケンブルースリ
「つーか、こんな大事な時に、ゴッホさんはなにしてんだ。まったく」


クールホタルビ
「・・・父さんは、マツリダ予想の事務作業で忙しいから・・」



オウケンブルースリ
「でもさあ。愛娘の晴れ舞台だっていうのに。まったくー」


クールホタルビ
「いいんです。えへ」



オウケンブルースリ
「ねえ!シゲさん!ゴッホさんは、ヒドイ奴ですよねえー!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・言うなって、言われてるんだがな」


オウケンブルースリ
「え?」



≪~数日前 タイの秘境にて~≫



タイ人ガイド チャチャイ
「ナンダッテ?!幻の宝石『ザ・ブルーハーツ』を探しに行くダッテ??汗」


マツリダゴッホ
「よろしくどうぞマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「じ、冗談じゃネエ!お前死にたいのカ? 汗」


マツリダゴッホ
「死にたくありマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「な、なんて言ってんだヨ 汗」


マツリダゴッホ
「ボクは死にましぇんマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「と、とにかく!俺は行かねえからナ!俺はまだ死にたくねエ! 汗」


マツリダゴッホ
「いや、ワシは、『ザ・ブルーハーツ』が必要なのだマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「お前わかってるのカ?!『ザ・ブルーハーツ』を採掘するには、地獄のジャングルに突入しなければならないんダゾ!?」


マツリダゴッホ
「わかってマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「地獄のジャングルに突入して、生きて帰ってこれた者は、ほとんどいねエ!」


マツリダゴッホ
「そのようだなマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「じゃあ、なぜ行く?!金か?金が必要なのカ?」


マツリダゴッホ
「いや。そうではないマツリダ」



タイ人ガイド チャチャイ
「じゃあ、なんでダ?!」


マツリダゴッホ
「・・・『ザ・ブルーハーツ』には、心を沈めて、平常心になれる効果があると聞きマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「ああ。あの青色の輝きは、精神状態を整える効果があるからナ」



マツリダゴッホ
「・・・・」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・娘が・・」


タイ人ガイド チャチャイ
「ん?」



マツリダゴッホ
「・・・ワシの娘が今週、日本競馬の最高峰、G1に出走するのですマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「ジャパニーズホースレーシング?」



マツリダゴッホ
「イエスマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「イ、イエスキリストみたいになってるナ 汗」



マツリダゴッホ
「・・・娘が、平常心でレースに出られるように、『ザ・ブルーハーツ』を採りに行きたいマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「OH!クレイジー!汗 そんなことのために、自分の命を賭けるのカ!?」



マツリダゴッホ
「・・・アイムクレイジーマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・・」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・ワシは口下手だから、一世一代の勝負をむかえる娘に、気の利いた激励の言葉ひとつ、欠けてやれんマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「おもしろいことも言ってやれんマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「た、たまにおもしろいゾ 汗」



マツリダゴッホ
「思えば娘には、なにもしてやることができなかったマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ワシは父親失格だなマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だからせめて・・・」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「こんな形でしか愛情を示せない、不器用で、ダサい父親だが・・・せめて・・」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・いや。すまぬ。チャチャイ氏。くだらん話をしてしまったなマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ワシの個人的な事情で、チャチャイ氏にリスクを負わせるわけにはいかんなマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ここまで案内してくれてサンキューマツリダ。ここからは1人で行きマツリダ」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「では、行ってきマツリダ。ザブザブ 水歩」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・むほほ 汗 水深が思ったより深いぞマツリダ 汗」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・だが、こんなところでくじけるわけにはいかんマツリダ。・・・ホトァルー!ホトァルー!!叫」


タイ人ガイド チャチャイ
「・・・おい・・アンタ・・」


マツリダゴッホ
「む?」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・ホトァルちゃん・・・というのカ?・・娘さんの名前・・」


マツリダゴッホ
「うむ。ホトァル」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・く、くそったれがぁぁーー!!オレが『ザ・ブルーハーツ』まで案内してやル!必ず採るゾ!このクレイジー野郎! 怒」


マツリダゴッホ
「・・・チャチャイ氏・・ 涙」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・実はよ。俺にも娘がいるんだヨ 照」


マツリダゴッホ
「・・・・」



タイ人ガイド チャチャイ
「まぁ、俺も、あんまり好かれてないんだけどナ 苦笑」


マツリダゴッホ
「むほほ 笑」



タイ人ガイド チャチャイ
「『オヤジうぜーよ!近寄んじゃねえよ!くせーんだよ!このボケ!タコ!』・・・とか言われるしナ 苦笑」


マツリダゴッホ
「そ、それは言われすぎだろマツリダ 汗」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・でもヨ・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



タイ人ガイド チャチャイ
「・・・娘が、俺を好きかどうかは関係ねエ。娘のためなら命かけてやるっていうアンタの心意気、賛同するゼ」


マツリダゴッホ
「チャチャイ氏・・・」



タイ人ガイド チャチャイ
「おっしゃぁぁーー!!オレに命預けろ!行くゾ!クレイジー野郎! 走」


マツリダゴッホ
「うむ。チャチャイ氏よ。共に明日の陽を見ようぞマツリダ 走」



≪~回想シーン終わり 焼き鳥シゲにて~≫



焼き鳥屋 店主シゲ
「とまあ、そんなわけだぜ」



オウケンブルースリ
「な、なんだって? 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まだ帰ってきてねえけどな」


オウケンブルースリ
「ゴッホさん・・」


クールホタルビ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・安らかに 拝」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  ガラガラッ



マツリダゴッホ
「・・・だ、誰がホトケ様やねんマツ・・リダ・・。ゼーゼーハーハー・・・ 疲」


オウケンブルースリ
「ゴ、ゴッホさん!なんで生きてんだ!? 汗」


マツリダゴッホ
「なんで勝手にころされとんねんマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・どうでしたかい?『ザ・ブルーハーツ』は」


マツリダゴッホ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・ダ、ダメでしたマツリダ・・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・そうかい」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・あと1歩のところまで行ったんだが、寸前で、チャチャイ氏がアナコンダに襲われてしまい、助けようと格闘している間に、『ザ・ブルーハーツ』は、谷底に落下してしまいマツリダ・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」


クールホタルビ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・しかし、『ザ・ブルーハーツ』の代わりに、採ってきた宝石がありマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ほう」



マツリダゴッホ
「・・・その名も、『ジ・アルフィー』」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「この宝石を身につけていると、歌を歌うときに高音域が出やすくなる効果がありマツリダ」


オウケンブルースリ
「競馬と関係ねえじゃんか 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・はぁー。せっかくホトァルのためにタイまで行ったのに、やはりワシはダメオヤジだなマツリダ 落」


オウケンブルースリ
「ま、まあよ 汗 元気出せよ!」



マツリダゴッホ
「・・・シゲ氏。このことは、くれぐれもホトァルにはナイショにしておいてくだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、いや、ゴッホさんな・・ 汗」



クールホタルビ
「・・・何がナイショなの?父さん」


マツリダゴッホ
「だから、ワシがホトァルのために『ザ・ブルーハーツ』を採りに行ったのに失敗し、しょうもない『ジ・アルフィー』を採って来てしまったこ・・・はうっっ!!汗汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ホホホ、ホトァル!!汗汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ななな、なんで、ここにいんねんマツリダ 汗汗」


クールホタルビ
「・・・オウケンさんが、激励会してくれるって」



マツリダゴッホ
「こここ、このことは聞かなかったことにしてくれマツリダ 汗汗」


クールホタルビ
「なにそれ。わけわかんない」



マツリダゴッホ
「・・・・汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・『ジ・アルフィー』を、ホトァルにあげようマツリダ 汗」


クールホタルビ
「いらない」


マツリダゴッホ
「・・・で、ですよねマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「じ、じゃあ、父さん、ホトァルの言うこと、ひとつだけ何でも聞いてやるからマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・ホント?」


マツリダゴッホ
「ホントだマツリダ 汗」



クールホタルビ
「・・・じゃあさ・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



クールホタルビ
「・・・もう二度と、ホタルのために危ないことしないで」


マツリダゴッホ
「ホ、ホトァル・・・涙」



クールホタルビ
「・・・バカ・・・涙 クソオヤジ・・・涙」


マツリダゴッホ
「・・・・ 涙」



クールホタルビ
「・・・ありがとね・・・涙 父さん・・・涙」


マツリダゴッホ
「ホ、ホトァルー!! 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



  - つづく –

サブコンテンツ