シンザン記念2015~ ナヴィオン『時間の配分を変えれば人生をコントロールできる』



◆シンザン記念2015


【ナヴィオン】

○Navion
○牡3
○父ハーツクライ
○馬名 意味由来⇒ 軽飛行機名より

==========



◆時間の配分を変えれば人生をコントロールできる



≪焼き鳥シゲにて~新年会中~≫



オウケンブルースリ
「おし!ジャーニーさん!恒例の『牛乳を口に含んでにらめっこ対決』だっ! 酔」


ドリームジャーニー
「のぞむところですよぉ~! 酔」



オウケンブルースリ
「行くぞ!・・・笑うと負けよ!アップップ! 乳口」


ドリームジャーニー
「アップップ! 乳口」



オウケンブルースリ
「・・・・ 震」


ドリームジャーニー
「・・・・ 耐」



オウケンブルースリ
「・・・・ 鼻膨」


ドリームジャーニー
「・・・・ブフゥゥゥーー!!笑吹乳」



オウケンブルースリ
「ぐ、ぐわぁぁーー!!汗 な、何しやがんだ!この野郎!! 浴乳」


ドリームジャーニー
「ぎゃーっはははー!!笑酔 オウケン君、鼻の穴プクーってww」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「チッ。誰だこの男に酒飲ませたのは・・。あれ?そういえば、今日ゴッホさんは?」


ドリームジャーニー
「ええ。マツリダ会員さまはご存知の通りですが、ゴッホさんは年末年始の多忙で豪快に風邪をひき、ダウン中です。ぎゃーっはははー!!ウケる! 笑酔」


オウケンブルースリ
「さ、最低なアシスタントだ 汗」



  ガラガラッ



ナヴィオン
「こ、こんばんは~ 照」


オウケンブルースリ
「む?」


ドリームジャーニー
「ぬぬ?」



ナヴィオン
「あ、あの~、ボク今週のシンザン記念に出走する、ナヴィオンって言います! 汗」


オウケンブルースリ
「ほう。ナビオン君か」


ナヴィオン
「あ、いえ、ナビオンではなく、ナヴィオンです 汗」



ドリームジャーニー
「ブフゥゥゥーー!!笑吹乳」


オウケンブルースリ
「ぐ、ぐわぁぁーー!!汗 な、何しやがんだ!この野郎!!その勝負はもう終わっただろうがっ!!浴乳」



ドリームジャーニー
「ぎゃーっはははー!!チョーウケる!!笑酔」


オウケンブルースリ
「さ、酒グセ悪すぎだな、この男・・ 乳拭」


ナヴィオン
「・・・・ 乳浴」



オウケンブルースリ
「・・・で、ナヴィオン君は、シンザン記念どうよ?」


ナヴィオン
「はい。前走の朝日杯フューチュリティステークスは、馬場が重くて、ノメりまくって全く進んでいきませんでした 汗」


オウケンブルースリ
「ほう」



ナヴィオン
「G1で惨敗でしたが、力負けだとは思っていません」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ナヴィオン
「今週の京都が、キレイな馬場になれば、デビュー戦で見せた上がり32.7が炸裂しますぞ!殿!!」


オウケンブルースリ
「ノ、ノリが気色悪いぞ 汗」



ナヴィオン
「・・・とは言え、その前のデイリー杯では、良馬場にもかかわらず、アッシュゴールドごときに差し負けたのも事実」


オウケンブルースリ
「はっはっは。弟が言われてるぞ、ジャーニーさん」



ドリームジャーニー
「・・・・ぐごぉぉ~~。ふごぉぉ~~。 Zzz・・」


オウケンブルースリ
「ね、寝とるっ! 汗」



ナヴィオン
「デイリー杯のタガノエスプレッソとアッシュゴールドは、どちらも朝日杯FSでは完敗の図となっており、その2頭にも完敗したボクは、もしかしたら弱いんでしょうか? 泣」


オウケンブルースリ
「しらんがな 汗」



ナヴィオン
「でも!今回、ボクには秘策がありますっ! 喜」


オウケンブルースリ
「ほほう。『エピファイヤー』みたいなアビリティでもあるのか?」



ナヴィオン
「ええ。それは・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「・・・『相手がザコでしょ! 手』です! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・林ナビオン先生になってるぞ 汗 全然アビリティじゃねえし 汗」



ナヴィオン
「いつ勝つの?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「今でしょ! 手手」


オウケンブルースリ
「・・・キャラが迷走してるなコイツ ボソッ」



ナヴィオン
「春の、弥生賞やスプリングステークスとなると、社台のスゲー奴がいろいろ出てくるから無理。ゆえに、ザコ揃いのここで賞金を稼いでおいて、こっそりダービーに出走する作戦、ですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「こ、姑息だな 汗」



ナヴィオン
「・・・はぁー・・ 落」


オウケンブルースリ
「き、急に落ち込んだな 汗」



ナヴィオン
「・・正直、デビュー戦で『大外一気』が炸裂した時は、マジでダービーも勝っちゃうんじゃないかと思いました・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「しかもデビュー戦で2着に下した相手は、その後、3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制するショウナンアデラだったし・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「でも、人生が進むにつれて、少しずつ自分自身の限界を知ることになりました・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「人間は、生まれた時は誰もが、自分自身に不可能は無いと信じてる・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「でも、成長していく過程で避けることのできない、『挫折体験』が、いつしか人間から万能感を奪ってしまう・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナヴィオン
「あはは 汗 人生って残酷ですよね 汗」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



ナヴィオン
「そう悟ったから、今のボクは肩の力を抜いて、見たくもないテレビを見たりマンガを読んだり、ボーっとしたりして、なるべく心が傷つかないように、時間を分散してるんです」


オウケンブルースリ
「ふーん。まあ、それもアリなんじゃねえの?」



ナヴィオン
「ですよね!汗 あはは 汗」


オウケンブルースリ
「・・・どうすか。シゲさん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・本当にそれでいいのかい?」


ナヴィオン
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生は自由だ。ナヴィポンさんが、それを心から求めるなら、オレは何も言わねえ」


ナヴィオン
「・・・ナ、ナヴィオンです 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・だが・・ナビオンさんは、戦いたがっているように、オレには見えるけどな」


ナヴィオン
「・・・ナヴィオンです」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・人生ってやつは不公平なもので、『スタートライン』が、人によって全然違う」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「スタートラインとはすなわち、生まれ持った環境と才能だ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、個人が自分の力で人生をコントロールする方法は、1つしかねえ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それが、『時間の配分を変えること』だ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「今の人生にうんざりしていて、輝く未来を手にしたいと願うなら、今と同じ時間配分ではダメだ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「時間配分が今と同じである限り、何十年たっても人生は変わらねえ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もし、アンタが熱い人生を望むなら、心が傷つかないようなものに逃げるのはやめなせえ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「欲しいものがあるなら、そこに自分の持ち得る時間をつっこむことだぜ」


ナヴィオン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


ナヴィオン
「・・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ナヴィオン
「・・・いえ・・。心に響きました・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ナヴィオン
「ボクは・・自分の限界を知ることが怖かったのかもしれません・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ナヴィオン
「だから曖昧にして、逃げようとしていたのかな・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ナヴィオン
「ありがとうございました!シゲさん。ボクは熱い人生を送りたいです!だから時間配分を考えてみます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。がんばんなせえ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあ帰るか。おい、ジャーニーさん!帰るぞ!起きろ! ユサユサ」



   ゴツン



ドリームジャーニー
「う・・痛い・・。ん?オウケン君、ボクの頭に何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のハウツーDVD~ 憧れの彼女が、あなたから離れられなくなる夜の時間配分シリーズ!!パート2』



ナヴィオン
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



ナヴィオン
「・・・シゲさん。シンザン記念、全力で頑張ってきますね。将来、ド変態になりたくないんで」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!ナビオン! 汗」



ドリームジャーニー
「・・オウケン君・・・」


オウケンブルースリ
「き、聞いてくれっ!ジャーニーさん! 汗」



ドリームジャーニー
「・・このDVD・・」


オウケンブルースリ
「だ、だからそれは・・! 汗」



ドリームジャーニー
「・・・パート1から貸してください・・」


オウケンブルースリ
「え?」



ドリームジャーニー
「いいい、今から、パート1と2を勉強しましょうっ!酔 ぐへへ~~ 喜」


オウケンブルースリ
「オ、オレより最低だな。この男 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ