京成杯2015~ ベルーフ『人に認められ期待されることが良い事とは限らない』



◆京成杯2015


【ベルーフ】

○Beruf
○牡3
○父ハービンジャー
○馬名 意味由来⇒ 使命

==========



◆人に認められ期待されることが良い事とは限らない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「なんかさあ、凱旋門賞とか、海外の馬券を日本で買えるように動いていくみたいですねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうみたいですねえ」



オウケンブルースリ
「まあ、競馬法から改正して行かなきゃいけないから、なかなか大変そうですよねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。かなり大変だと思うぜ」



オウケンブルースリ
「凱旋門賞の馬券は売れそうだから、JRAも必死ですよねー。裏ワザ的な売り上げの増やし方ですよねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「さ、さあな 汗」



  ガラガラッ



ベルーフ
「・・・ふっふっふ。ならば今年の凱旋門賞は、ボクが出走しますから、馬券を買うがいい!オマエラ! 喜」


オウケンブルースリ
「シゲさん、今日、白ワインってある?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。いいのがあるぜ」



ベルーフ
「き、聞けやぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「ん?誰?オマエ」



ベルーフ
「ふっふっふ。聞きたいですか? 喜」


オウケンブルースリ
「いや別に」


ベルーフ
「ブッ! 吹」



オウケンブルースリ
「う、うわっ 汗 バカ野郎!白ワインに、ヨダレを飛ばすんじゃねえっ! 汗」


ベルーフ
「失礼。フキフキ」



オウケンブルースリ
「・・・チッ。で、お前は誰だよ?」


ベルーフ
「ふっふっふ。ボクの名は、ベルーフ」



オウケンブルースリ
「・・・パンツの?」


ベルーフ
「それはブリーフ」



オウケンブルースリ
「藤沢厩舎の元大物の?」


ベルーフ
「それはペルーサ」



オウケンブルースリ
「『元』とか言うな」


ベルーフ
「それはアンタ 汗」



オウケンブルースリ
「・・・昔、元スーパースターの中田英寿がいたサッカーチームの?」


ベルーフ
「それはペルージャ」



オウケンブルースリ
「おまえのオヤジは?」


ベルーフ
「それは、ハービンジャー」



オウケンブルースリ
「よし。ナチュラルに競馬の話に戻ったな」


ベルーフ
「おおっ!汗 スゲーっす!オウケンさん! 驚」



オウケンブルースリ
「まあよ。マツリダ予想のMCも、ジャーニーさんより、オレの方がいいと思うんだよな」


ベルーフ
「そうっすね!アニキ!」



オウケンブルースリ
「誰がアニキだ 汗」


ベルーフ
「ついて行きます!アニキ! 喜」



オウケンブルースリ
「だからぁ!オマエは誰なんだよー!」


ベルーフ
「だから、ボクはベルーフ」



オウケンブルースリ
「・・・パンツの?」


ベルーフ
「それはブリーフ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「オレはトランクス派なんだよ」


ベルーフ
「なぜですか?ブリーフの方がいいですよ?」



オウケンブルースリ
「なんでよ?」


ベルーフ
「やっぱホラ。立ち上がるときに、キ●タマを踏むリスクを回避できるじゃないですか?」


オウケンブルースリ
「うーむ 汗」



ベルーフ
「あとはホラ、座った時に、キン●タマがはみ出すリスクも回避できるし」


オウケンブルースリ
「伏せ字おかしい 汗」



ベルーフ
「そういえば昔、エイシンキンボールっていう馬、いましたよね」


オウケンブルースリ
「いたけど、誰も知らないと思うぞ 汗」



ベルーフ
「京成杯の話をしましょうよー」


オウケンブルースリ
「オマエがな 汗」



ベルーフ
「今週の京成杯は、ハービンジャー祭りになるでしょう! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。もう1頭の有力馬、クラージュシチーもハービンジャー産駒か」



ベルーフ
「そう!京成杯は、ハービンジャー産駒のワンツーとなるでしょう! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ベルーフ
「ゴール前で実況は、こう叫ぶはず!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・『ジャーはジャーでも、ハービンジャー!!!叫』」


オウケンブルースリ
「な、なんだそれ 汗」



ベルーフ
「だからぁ、『ベガはベガでもホクトベガ!』って、あったでしょ?」


オウケンブルースリ
「おう。『ラーはラーでも、トーセンラー!』ってのもあるな」


ベルーフ
「それは、筆者Tの造語でしょ 汗」



オウケンブルースリ
「だからぁー。何の話なんだよー」


ベルーフ
「そう!今週の、京成杯のゴール前の実況はこう!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・『ジャーはジャーでも、炊飯ジャー!!!叫』


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。冷やっこを」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ベルーフ
「まてーい! 汗」


オウケンブルースリ
「なんだよーうるせえなあ」



ベルーフ
「・・・わかりました。これならどうですか?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・『ハーはビンでも、ハービンジャー!!!叫』


オウケンブルースリ
「お。この豆腐うまいっすね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。手作り豆腐だぜ」



ベルーフ
「き、聞けやぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・なに、ハーはビンでも、って」



ベルーフ
「じゃあ、マジメな話をしましょう」


オウケンブルースリ
「最初からすれや 汗」



ベルーフ
「昨年から、新種牡馬として登場した、ハービンジャー産駒。その驚異の単勝回収率をご存知ですか?」


オウケンブルースリ
「存じねえけど 汗」



ベルーフ
「ハービンジャー産駒の単勝回収率は・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・33%ですっ!(219頭)」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ベルーフ
「どうすか?」


オウケンブルースリ
「いや、まあがんばれよ 汗」



ベルーフ
「・・・どうすんのコレ」


オウケンブルースリ
「しらんがな 汗」



ベルーフ
「先週も、フェアリーステークスで、ハービンジャー産駒のカービングパスが1番人気で吹き飛びました」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ベルーフ
「阪神ジュベナイルフィリーズでは、ハービンジャー産駒のロカが1番人気で吹き飛び・・・東スポ2歳では、ハービンジャー産駒のクラージュシチーが2番人気で吹き飛び・・・」


オウケンブルースリ
「だ、大丈夫だって!汗 オマエはハービンジャーにしては、安定してるし! 汗」



ベルーフ
「しかしですね、オウケンさん」


オウケンブルースリ
「ん?」



ベルーフ
「ハービンジャー産駒の狙い目を教えてあげましょう」


オウケンブルースリ
「ほう」



ベルーフ
「・・・『ハービンジャー産駒は、新馬戦で1番人気だったら、単勝回収率 157%』なのですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・重賞レースの単勝回収率は?」



ベルーフ
「0%です!」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。おあいそ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ベルーフ
「まてーい! 汗」


オウケンブルースリ
「すがすがしく散ってこい。ブリーフよ」


ベルーフ
「ベルーフだ! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・もー。なんとか言ってやってよ、シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ハービンジャー産駒の凡走が目立つのは、『期待』されているからだ」


ベルーフ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「過剰に期待され、人気になると、レースではマークされるし、負けた時も目立っちまう」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、全く人気がない馬が負けても、誰も何も言わねえ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えると、誰かに期待されたり、人気になるということは、必ずしも良い事とは言えないのかも知れねえな」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「誰からも期待されていない時の方が、ノンプレッシャーで全能力を発揮できるからだ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、誰からも見向きもされない状況というのは、自らの承認欲求を満たすことができねえ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「誰だって、人に認められたい。人に期待されたい。だが、期待されれば、それは重荷となる」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えればよ。『どっちにしても幸せ』なのかもしれねえな」


ベルーフ
「・・・幸せ・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ベルーフ
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ベルーフ
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ベルーフ
「期待される人生も、期待されない人生も、それぞれに良い面があり、それを活かした人生戦略が重要ということなんですね!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。そうかもしれねえな」



オウケンブルースリ
「はっはっは。簡単にまとめるとよ、『美女に期待されすぎると、逆に不能になる』みたいな感じだな!はっはっは 笑」


ベルーフ
「じゃあ、シゲさん。京成杯、ボクなりに頑張ってきますから!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「き、聞けやぁーー!!怒」



  - つづく –

サブコンテンツ