AJCC2015~ ゴールドシップ『センチメンタリズムは明日を明るくしない』



◆AJCC2015


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡6
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆センチメンタリズムは明日を明るくしない



≪キャバクラにて≫



No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪オウケンたん、いらっしゃいませ~♪水割りでいーい? 首傾」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ん?オウケンたん?」


オウケンブルースリ
「・・・あ、ああ。水割り?いいよいいよー。OK牧場ー!なんつって・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・どした?オウケンたん」


オウケンブルースリ
「・・・え?いや、いつも通りだけど・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・そっか」


オウケンブルースリ
「うん」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・最近、寒いね?」


オウケンブルースリ
「・・・・ 遠目」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・ん?今、何か言った?」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん 汗 なんでもないじょ 汗」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「あ。お客さんだ。いらっしゃいませ~♪お一人様で・・」


ゴールドシップ
「ギャオーー!! 吠」



No.1キャバ嬢レナ
「げ 汗」


オウケンブルースリ
「おう。シップか。久しぶりだな」



ゴールドシップ
「ギャオーッス!オウケンさん! 指」


オウケンブルースリ
「チョリーッスみたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「ゲートの中で咆哮する男!ゴールドシップ登場! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「わー♪シップたん、いらっしゃいませっ♪ 首傾」



ゴールドシップ
「レレレ、レナたん!チュウしてー!フゴフゴー!! 唇」


No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラ 汗 当店は、チュウは禁止だじょ 汗」



ゴールドシップ
「ゲートの中で、隣の牝馬に欲情する男!ゴールドシップ登場! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おう。シップ。AJCCに参戦するんだって?」


ゴールドシップ
「ギャオッス」


オウケンブルースリ
「そうっす、みたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「休み明けの有馬記念を一叩きして、元気があり余ってるんですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「有馬記念を叩き台にすんな 汗」



ゴールドシップ
「調教でも、併せ馬にしたかったんですが、ぶっちぎってしまい、一緒に走っていた馬は見えなくなってしまいました! 喜」


オウケンブルースリ
「やりすぎだろ 汗」



ゴールドシップ
「AJCCと言えば、2007年にマツリダゴッホさんが、5馬身差で圧勝した舞台!」


オウケンブルースリ
「だな」



ゴールドシップ
「オレもここを圧勝して、『しゃべ馬』レギュラーの座を狙ってるっす! 喜」


オウケンブルースリ
「しゃべ馬ってなんだよ 汗 ガキ使レギュラーみたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「そもそも、なんでオウケンさんが、レギュラーポジションにいるんすか」


オウケンブルースリ
「イケメンだからだろ」


ゴールドシップ
「プッww」



オウケンブルースリ
「なんで笑ってんだコラァァーー!!ガスガス 蹴蹴」


ゴールドシップ
「ぐ、ぐわぁー!!泣 すみません!」



オウケンブルースリ
「・・・まあ、こないだの有馬記念は、おまえの苦手な超スローの上がり勝負を、決死の大外マクリで3着だからな。よく頑張ってたんじゃねえの?」


ゴールドシップ
「ギャオモデス」


オウケンブルースリ
「どうもです、みたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「ふっふ。オレは中山コースは、『2-0-2-0』しかも、コレすべてG1なんですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。さすが、阪神と中山でしか走らない男、だな」



ゴールドシップ
「ギャオーッサッサー!w」


オウケンブルースリ
「ぎゃーっはっはー!w・・・みたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「AJCCを勝って、しゃべ馬レギュラーへ!マジで狙っていきますよ!・・・あ、ちょっとトイレに行ってギャオス!」



   バタン



オウケンブルースリ
「カッカッカ。相変わらず、お調子モンのシップだぜ」


No.1キャバ嬢レナ
「うふふ。あ、オウケンたん、水割りおかわり?」


オウケンブルースリ
「ああ。あんがとね。レナたん」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・しゃべ馬レギュラーを狙って、どんどん新しい世代が出てくるね。・・・はい。水割り♪」


オウケンブルースリ
「あんがと」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・現役という、ひとつの戦いが終わっても、人生の戦いは終わらないね」


オウケンブルースリ
「生きている限りな」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・自分に自信なくなっちゃった?オウケンたん」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「今日はずっと、そんな顔してる」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。落ち込むこともあるんだ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 首傾」


オウケンブルースリ
「・・・は、ははっ 汗 落ち込んでないけど 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・弱い顔は見せたくないんだ?男の子だねえ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・生きているとさ、『自分じゃなくてもいいんじゃないか?』って、思っちゃうことがあるよね」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「代わりなんか、いくらでもいるんじゃないか?じゃあ、自分の存在理由は何?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・とか思ってたんじゃないのぉ~♪もしかしてだけどぉ~♪」


オウケンブルースリ
「と、倒置法どぶろっく 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「センチメンタリズム♪影のある男♪いやーん♪セクシー♪」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・でもさ・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・センチメンタリズムは、明日を明るくしない」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「感傷主義は、常に歪んだ自己愛の具現であり、長くとどまるべきものではない」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「明るい明日を手にしたければ、今日やるべきことを、淡々と積み重ねるだけ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「わかってるんでしょ?オウケンたんなら」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・落ち込んだ時はさ・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・会いにきて」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「レナの存在理由は、そこにあるの」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ね? 微笑」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん。傷つけちゃったね」


オウケンブルースリ
「・・・レナたん・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



オウケンブルースリ
「・・・チュウ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 汗」



オウケンブルースリ
「うおぉぉー!!レナたんは、やっぱり最高だぁー!!チュウして!チュウチュウ~~!!唇」


No.1キャバ嬢レナ
「キ、キャー!汗 オウケンたん!当店は、チュウは禁止だじょー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「はっはっは 笑」


No.1キャバ嬢レナ
「うふふ♪」



オウケンブルースリ
「・・・ありがとね。・・・レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん。アタシは何もしてないから 微笑」



遠くから見てたシップ
「ク、クソがぁー!いい雰囲気でイチャイチャしやがってー!ギャオーーッス! 吠」



  - つづく –

サブコンテンツ