根岸S2015~ ワイドバッハ『常識を疑うことを忘れれば組織に埋没する』



◆根岸ステークス2015


【ワイドバッハ】

○Wide Bach
○牡6
○父アジュディケーティング
○馬名の由来⇒ 冠名+作曲家名

==========



◆常識を疑うことを忘れれば組織に埋没する



≪喫茶JIROにて≫



オウケンブルースリ
「くっ・・。今日は焼き鳥シゲは休業・・。てことは・・この店しかねえか・・」



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「あ。どーも。営業してる?」



喫茶店マスター 二郎
「はい。ご覧の通り、繁盛しておりますよ?」


オウケンブルースリ
「だ、誰も客いねぇけど 汗 閑散としてるじゃねえか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「あいにく、お席の方が満席となっておりまして」


オウケンブルースリ
「ガラガラじゃねえか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ほう。なぜわかったんですか?」


オウケンブルースリ
「一目瞭然だろ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ひとめ・・ぜん?」


オウケンブルースリ
「いちもくりょうぜんだっ!!怒 喫茶店やる前に漢字の勉強しろ!つーか、読めない字を飛ばすな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ご注文の方、繰り返します」


オウケンブルースリ
「ま、まだ注文してねえわっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「早く注文してください」


オウケンブルースリ
「くっ・・。やはりこの店の腹立たしさは圧倒的・・。入るんじゃなかった・・ ブツブツ」



喫茶店マスター 二郎
「どうかなさいましたか? 美声」


オウケンブルースリ
「い、いや・・・。つーかアンタ、ええ声だな 汗 ホテルマンか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「ホテルマンみたいに言うな 汗 つーか、言い直すな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「お客さま? 美声」


オウケンブルースリ
「なんだよっ!」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・な、なんもねえのかよっ!!怒 ええ声で言いたかっただけじゃねえかっ! 怒」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・ 喜」



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「お。珍しく客だぞ。ホテルマン」


喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」



ワイドバッハ
「ども。営業してますか?」


喫茶店マスター 二郎
「あいにく、お席の方が満席となっておりまして」


ワイドバッハ
「ガラガラだけど 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ご注文のほうは、レモンティーでよろしかったですか?」


ワイドバッハ
「い、いや、よろしくないけど 汗 あ、レモンティーがオススメなんですね?」



喫茶店マスター 二郎
「違います」


ワイドバッハ
「ち、違うんかいっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ご注文は、どうなさいますか?」


ワイドバッハ
「じゃあコーヒーを」



喫茶店マスター 二郎
「ございません」


ワイドバッハ
「なんで喫茶店なのにコーヒーがないんですか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・エスプレッソ・・」


ワイドバッハ
「ほう。本格的なエスプレッソがあるんですね」



喫茶店マスター 二郎
「・・は、ございません」


ワイドバッハ
「ねえのかよっ!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ワイドバッハ
「なんなんだっ!この、ちょっとええ声のマスター!ホテルマンかっ! 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け。誰か知らないけど 汗」



ワイドバッハ
「あ。失礼。ご挨拶が遅れました。ボクは今週の根岸ステークスに出走する、ワイドバッハと申します」


オウケンブルースリ
「おう。お前がワイドバッハか」



ワイドバッハ
「はい!バッハはもちろん、あの大作曲家!ヨハン・ゼバスティアン・バッハから襲名しました! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん。芸術家つながりで、マツリダゴッホ、みたいな感じだな」



喫茶店マスター 二郎
「・・・お客さま?マツリダゴッホとは、誰ですか?」


オウケンブルースリ
「テメーは話に入ってくんな 怒」



ワイドバッハ
「てゆうか、マツリダゴッホさんを知らないの?マスター? 汗」


喫茶店マスター 二郎
「知りません」



ワイドバッハ
「オルフェーヴルは?」


喫茶店マスター 二郎
「知りません」


ワイドバッハ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「このホテルマンは、相手にするなバッハ」


ワイドバッハ
「ですね 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・お客さま?作曲家のバッハとは、誰ですか?」


オウケンブルースリ
「根岸ステークスは、フェブラリーステークスに向けて大事な一戦だな」


ワイドバッハ
「そうっすね。頑張りますよ」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・ 泣」


ワイドバッハ
「・・・な、なんか泣いてますけど 汗」


オウケンブルースリ
「ほっとけ」



ワイドバッハ
「あ。そういえば、この髪型はどうですか? 喜」


オウケンブルースリ
「な、なんだその、クリクリパーマは 汗」



ワイドバッハ
「ふっふっふ。もちろんこの髪型は、作曲家のバッハ師匠をリスペクトしている証拠です! 喜」


オウケンブルースリ
「そ、そうなんだ 汗」



ワイドバッハ
「まあとにかく、根岸ステークスで良い競馬をして、本番につなげていきたいですね」


オウケンブルースリ
「だな」



ワイドバッハ
「先週の東海ステークスは、ディフェンディングチャンピオンのコパノリッキーが圧勝でした」


オウケンブルースリ
「そうだな」



ワイドバッハ
「僕もここでいい競馬をして、フェブラリーステークスは、『逃げるリッキー vs 追い込むバッハ』みたいな構図になると、盛り上がると思います」


オウケンブルースリ
「・・・前走のチャンピオンズカップの敗因はなによ?」



ワイドバッハ
「ええ。ペースと距離。敗因は明白です」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ワイドバッハ
「昨年末のG1、チャンピオンズカップはコパノリッキーの出遅れで、超スローペース。地獄の前残り決着となってしまいました」


オウケンブルースリ
「だな」



ワイドバッハ
「あの展開で最後方から、上がり最速で6着まで来たことを、ありがたいと思えコノヤロー!って感じっす」


オウケンブルースリ
「なんでキレてんだよ 汗」



ワイドバッハ
「さすがに根岸ステークスは、もうちょっと流れるだろうし、距離も400m短縮で、走りやすくなるハズ」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ワイドバッハ
「あとは、この巨大なクリクリパーマが、空気抵抗で走るジャマにならない事を願うだけです」


オウケンブルースリ
「切れや 汗」



ワイドバッハ
「まあでも・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



ワイドバッハ
「・・・ダートで追い込みなんて、常識的じゃないですよね・・」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



ワイドバッハ
「芝ならまだしも、追い込みが不利なダートで、後方から行くなんて、やっぱり無謀ですかね・・」


オウケンブルースリ
「うーん。G1を勝つには、ある程度の自在性は必要かもなあ」



ワイドバッハ
「ですよね・・。常識ですよね・・」


オウケンブルースリ
「まぁ常識だよな」



ワイドバッハ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・常識などというものは、既得権益を持つ者が、自らの利益を守るために作ったものに過ぎない・・ ボソッ」


ワイドバッハ
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「常識に縛られるということは、今あるヒエラルキーに埋没するということです」


ワイドバッハ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「もちろん、組織や社会の中で生きる上で、最低限の常識を踏まえておくことは必要です」


ワイドバッハ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「ですが、そんな中でも常に、常識を疑う、ということを忘れてはなりません」


ワイドバッハ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「盲目的に常識を信じこむ事は、知らず知らずのうちに、誰かに支配されることにつながるのかもしれませんね」


ワイドバッハ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・偉そうにすみません。バッハ様には、いつまでも常識にとらわれず、その個性を大切にしていただきたかったものですから・・」


ワイドバッハ
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



ワイドバッハ
「・・・ありがとう・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



ワイドバッハ
「ありがとう、ホテルマンさん!なんだか迷いが吹っ切れた気がするよ!」


喫茶店マスター 二郎
「とんでもございません 美声」



ワイドバッハ
「根岸ステークス、迷わず、末脚勝負で行ってくるよ!」


喫茶店マスター 二郎
「応援馬券、買わせていただきますよ? 美声」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・いちけん・・おちつく・・?」



オウケンブルースリ
「いっけんらくちゃくだっ!!怒 落ち着いてどうすんだ!漢字の勉強しろや! 怒」


ワイドバッハ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おし。じゃあ帰ろうぜ。バッハ」


ワイドバッハ
「そうっすね」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ 美声」


ワイドバッハ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、バッハさまへ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


ワイドバッハ
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



ワイドバッハ
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!ヨダレがっ!!汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。遠慮なさらず」


ワイドバッハ
「くっ・・。聞かないと帰れないのか・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


ワイドバッハ
「・・・・」



『常識に
 縛られぬバッハ
 おそと一気』



喫茶店マスター 二郎
「・・・ご清聴、ありがとうございましたです 照」



オウケンブルースリ
「・・・ゴ、ゴロ悪すぎだろ 汗 なにが575でバシッと決めますだ 汗 最後は、『大外一気』って言ってんのか? 汗」


ワイドバッハ
「ご、強引に短くしてますね 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・ 喜」



  - つづく –

サブコンテンツ