中山記念2015~ ロゴタイプ『夢は叶わず、目標は叶う』



◆中山記念2015


【ロゴタイプ】

○Logotype
○牡5
○父ローエングリン
○馬名の由来⇒ 文字を組み合わせて個性的な書体に図案化したもの

==========



◆夢は叶わず、目標は叶う



≪キャバクラにて≫



ロゴタイプ
「ちょっとオウケンさーん。どこ行くんすかー」


オウケンブルースリ
「ふっふっふ。・・・ここだ! 喜」



ロゴタイプ
「・・・キ、キャバクラ? 汗」


オウケンブルースリ
「おう。ここのナンバーワン、レナたんに会えば、パワーがもらえるぞ 喜」


ロゴタイプ
「いや、遠慮しときますよ。ボクはキャバ嬢とか、嫌いなんで」



オウケンブルースリ
「レナたんのパワーをもらえば、おまえも中山記念でモスラボニータに、奇跡的に勝てるかもしれんぞ」


ロゴタイプ
「奇跡とか言わんでくださいよ 汗 しかも、モスラじゃなくてイスラです 汗」



オウケンブルースリ
「まあよ。とりあえず入ろうや」


ロゴタイプ
「はぁ~。気が乗らないっすよ~ 落」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「あ~♪オウケンたんだぁ~♪いらっしゃいませ~♪」


オウケンブルースリ
「でへへー 喜 レナたんー!チュウチュウー! 唇尖」



No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラー 汗 当店はチュウは禁止だじょ 汗」


オウケンブルースリ
「ブー」



No.1キャバ嬢レナ
「スネないのっ。・・・あれ?そちらのイケメンさんは?」


オウケンブルースリ
「ああ。こいつは今週の中山記念に出走する、ロゴタイプだ」



No.1キャバ嬢レナ
「ロゴタイプたん、はじめまして♪レナですっ♪」


ロゴタイプ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 汗」



オウケンブルースリ
「ああ、なんかさー、コイツこういう店が苦手なんだってさ」


No.1キャバ嬢レナ
「そっか。じゃあ少しずつ慣れていってね♪ロゴタイプたん♪」



ロゴタイプ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ねっ♪ 首傾」



ロゴタイプ
「・・・タイプだ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ロゴタイプ
「・・・モロタイプだ!喜 なんてキレイな女性なんだ!うぉー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ロゴタイプ
「はじめまして!!僕の名前は、モロタイプ!・・・じゃなくて、ロゴタイプっす!!喜」


No.1キャバ嬢レナ
「は、はじめましてー 汗」



オウケンブルースリ
「レナたん、コイツはさあ、2000mの皐月賞を勝った後、マイル戦を使ったり、急にダートに転向したかと思ったら、また芝に戻ってきたりと、コロコロと方針が変わるんだよー」


ロゴタイプ
「う・・・ 汗」



オウケンブルースリ
「コロコロ変わるから、コロタイプだな 喜」


ロゴタイプ
「だ、誰がコロタイプだっ!汗 ダセーわっ!!汗」



オウケンブルースリ
「いいじゃんか。コロタイプ」


ロゴタイプ
「絶対ないっす!!弱そうだ!コロっと負けそうだ!!怒」



No.1キャバ嬢レナ
「いやーん♪コロタイプかわいい~♪」


ロゴタイプ
「え? 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあさ、コロたん、だねっ♪」


オウケンブルースリ
「い、いくらなんでも、それはないだろ 汗 レナたん 汗」



ロゴタイプ
「どうも。コロたんです」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



No.1キャバ嬢レナ
「かわいい~♪」


ロゴタイプ
「でへへー 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ、コロたんはさあ、芝とダートどっちが得意なのぉ?」


ロゴタイプ
「うーん。今のところは、芝ですかね 照」



No.1キャバ嬢レナ
「そうなんだ。じゃあ、今週の中山記念も、勝っちゃうのぉ?」


ロゴタイプ
「も、もちろんですっ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「すごーい♪」


ロゴタイプ
「でへへー 照」



オウケンブルースリ
「・・・フッ。そんな宣言していいのか?コロたんよ 苦笑」


ロゴタイプ
「ぬ?」



オウケンブルースリ
「・・・どう考えても、モスラボニータは強ええだろが。プッw」


ロゴタイプ
「うぬー 汗」



オウケンブルースリ
「おまえがマイル戦とかダートとか迷走してる間に、モスラボニータは皐月賞・ダービー・天皇賞秋・ジャパンカップと、王道路線を、敢然と歩んできたのだ」


ロゴタイプ
「むむむー 汗」



オウケンブルースリ
「どうするよ?作戦はあるのか?」


ロゴタイプ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロゴタイプ
「・・・作戦は・・・ありますっ!」


オウケンブルースリ
「スタップ細胞みたいに言うな 汗」



ロゴタイプ
「・・・作戦は・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロゴタイプ
「・・・2着狙いですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「はい、勝つ気なし」



ロゴタイプ
「だ、だって、いくら新旧の皐月賞馬の対決とは言え、フレッシュさが違うでしょ 汗」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ロゴタイプ
「フレッシュさで言えば、イスラボニータがフレッシュレモンだとしたら、ボクはポッカレモンです。焼酎にピッタリ。なんちゃって」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ロゴタイプ
「誰が、ポッカレモンだっ!!怒」


オウケンブルースリ
「お、おまえ、独特の間で、ぶっこんでくるタイプだな 汗」



ロゴタイプ
「フレッシュレモンになりたいの~! 泣」


オウケンブルースリ
「そ、それ、テレビで見たことあるけど、名前を知らないから、ツッコめねえ 汗」



ロゴタイプ
「つーか、イスラボニータは強いっすよー 汗」


オウケンブルースリ
「だなー」



ロゴタイプ
「ボクは勝てましぇーん! 泣」


オウケンブルースリ
「武田鉄矢 汗」



ロゴタイプ
「あーあー。イスラボニータの蹄鉄が、4つ全部、落鉄しないかなあ」


オウケンブルースリ
「さ、最低だ 汗」



ロゴタイプ
「あーー。中山記念、勝ちたいなあー」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ロゴタイプ
「勝てたらいいなあーー」


オウケンブルースリ
「まあ、がんばれよ。ほら、レナたんからも何か言ってやってよ。あ、オレちょっとトイレ」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ロゴタイプ
「あーあー。中山記念、勝ちたいなあー」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・願望だけでは届かないかも・・」


ロゴタイプ
「え?」



No.1キャバ嬢レナ
「ある目標を達成するには、『~~だったらいいなぁ』という願望じゃなく、『~~するにはどうすべきか?』という具体的な目標と戦略が必要だと思うんだ」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「夢は叶わない。目標は叶う。その違いは、到達点までの具体的な行動プランがあるか無いか」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「例えばさ。スペックが同じくらいの男性2人が、A子さんの事を好きになったとするよね?」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「1人の男性は『ああ~A子さん。かわいいな~付き合えたらいいな~』と思っている。そしてもう1人の男性は『A子さんと付き合うにはどうすればいいか?A子さんに楽しい気持ちになってもらうにはどうすればいいか?』と考えていたとしたら、どっちがA子さんと付き合える可能性が高いかな?」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「こういうのって、人によっては『打算的だ!けしからん!計算マコちゃんだっ!怒』と、反発するわけだけど、何も考えずにノープランで挑むことが男らしいことだとは、レナは思わないんだ」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「仕事も恋愛も、そして馬券も。『その目標を達成するにはどうすればいいか?』と、寝ても覚めても考えている人は、何も考えていない人より、絶対に強いんだよね」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから願望だけじゃダメ。コロたん」


ロゴタイプ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね?」


ロゴタイプ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん・・。傷つけちゃったね・・」


ロゴタイプ
「・・いや・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ロゴタイプ
「・・・ありがとう 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「コロたん・・」



ロゴタイプ
「・・ボクは、考えることが面倒だから、そこから目を背けて、願望と妄想の世界に逃げ込んでいたのかもしれない・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ロゴタイプ
「ありがとう。レナさん。もっとしっかり自分自身と向き合って、考えて生きていこうと思う!」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ロゴタイプ
「中山記念を勝つにはどうすればいいか?ってね」


No.1キャバ嬢レナ
「うんっ」



ロゴタイプ
「そして・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ロゴタイプ
「・・・レナさんに好かれるには、どうすればいいか?って・・ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ 照」


ロゴタイプ
「でへへー 照」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。コロッと落ちたな。コロたん。さすがレナたん。恐るべし」



  - つづく –

サブコンテンツ