弥生賞2015~ シャイニングレイ『気の置けない相手にこそ、礼を尽くすべし』



◆弥生賞2015


【シャイニングレイ】

○Shining Lei
○牡3
○父ディープインパクト
○馬名の由来⇒ 輝く+母名シェルズレイより

==========



◆気の置けない相手にこそ、礼を尽くすべし



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は弥生賞にチューリップ賞かー。いよいよ春の競馬も盛り上がってきたっスよねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・オレたちは、競馬を盛り上げていかなきゃいけない。・・・そうだよね?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ああ。それしかねえな」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「おし!じゃあまずは、今週の馬券をバッチリ当てて、シゲさんにツケを払うぜ! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ば、馬券の前にツケだぜ 汗」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


シャイニングレイ
「こんばんは!ただいまのお時間、お席のほうは空いていますでしょうか! 背伸」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。カウンターでいいかい?」


シャイニングレイ
「はい!ありがとうございます!それでは、お邪魔いたします!」



オウケンブルースリ
「おう。兄ちゃん。新顔だな」


シャイニングレイ
「はい!ボクは、今週の弥生賞に出走する、シャイニング礼と申します!」


オウケンブルースリ
「れ、礼? 汗」



シャイニングレイ
「はい!男は常に礼儀正しくあるべし!という意味を込めて、シャイニング礼です! 歯輝」


オウケンブルースリ
「そ、そうか 汗 一堂零みたいだな 汗」



シャイニングレイ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



シャイニングレイ
「・・・たたた、大変申し訳ございませんっ!汗 ボク、一堂零を存じ上げておりません!申し訳ございませんっ! 汗汗」


オウケンブルースリ
「いやいや 汗 謝ることじゃねえから 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・『ハイスクール!奇面組』なんて、若い人は知らねえからな 汗」



シャイニングレイ
「申し訳ございませんっ! 汗」


オウケンブルースリ
「いや、いいって。謝らなくても」



シャイニングレイ
「じ、次回までに、一堂零について自分なりに勉強しておきますっ! 汗」


オウケンブルースリ
「な、なんて礼儀正しい青年なんだ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ノンアルコールカクテルおまち。オレからのオゴリだぜ」


シャイニングレイ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「礼さんは、まだ若駒だから、ノンアルコールな」


シャイニングレイ
「は・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?」



シャイニングレイ
「はぁぁりがとうございますぅぅーー!! 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



シャイニングレイ
「僕のような無名の若造に、オリジナルカクテルを作っていただいただけでなく、しかもお代金まで無料にしていただけるなんて、この一堂零!・・・じゃなくて、シャイニング礼!一生の恩義として、生涯忘れえぬ思い出になりまするぞっ!殿っ! 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・と、殿ではねえぜ 汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



シャイニングレイ
「では!オリジナルカクテル、ありがたくいただきまするっ!・・・ゴクゴク」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



シャイニングレイ
「・・・う・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?」



シャイニングレイ
「・・・うう・・うんまーー!!喜 うまい!うまいよー!おかあちゃーーん!!涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



シャイニングレイ
「ありがとうございます!ごちそうさまでした!ツゲさん!感動しましたっ! 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ツゲではなく、シゲな 汗」


オウケンブルースリ
「・・・名前間違うのは、最悪に無礼だろ 汗」



シャイニングレイ
「はっ!!汗 たたた、大変申し訳ございませんっ!僕としたことが何ということをっ!汗 すみません!チゲさんっ! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「チ、チゲ? 汗」


オウケンブルースリ
「鍋か 汗」



シャイニングレイ
「こ、この無礼は、今週の弥生賞を勝つことで払拭するべく、頑張りますっ!」


オウケンブルースリ
「おう。礼は、2連勝中か。しかも先行して楽々と抜け出すという、お行儀のいいレースぶりだな」



シャイニングレイ
「はいっ!他馬に迷惑をかけず、礼儀正しき先行策からの抜け出しを心がけてきたでごわすっ!」


オウケンブルースリ
「方言おかしい 汗」



シャイニングレイ
「今週の弥生賞が行われる中山2000mは、前走のホープフルステークスで経験済みですので、コースに対する戸惑いは無いかと思われますっ」


オウケンブルースリ
「そうだな。2連勝の内容も完勝だし、今週の弥生賞も勝てるだろ」



シャイニングレイ
「と、とんでもございませんっ!」


オウケンブルースリ
「え?」



シャイニングレイ
「2連勝はともに、たまたまの偶然マツリダっ!」


オウケンブルースリ
「語尾おかしい 汗」



シャイニングレイ
「2連勝したレースは、どちらも先行策をとった自分にマッチした展開でした!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



シャイニングレイ
「ですから、弥生賞も大楽勝とか、弥生賞は5馬身差で勝てるとか言われても、困りますっ!」


オウケンブルースリ
「ゆってないけど 汗」



シャイニングレイ
「今回は少頭数とは言え、重賞レースの勝ち馬も多数参戦のハイレベルメンバー・・・。5馬身差って言われても、無理だと思います」


オウケンブルースリ
「うん。ゆってないから 汗」



シャイニングレイ
「シャイニング礼は、キャロットの優等生ホース&川田将雅だから、トゥザワールド先輩と、かぶってるとか言われても困りますっ!」


オウケンブルースリ
「ゆってねえって 汗」



シャイニングレイ
「トゥザワールド先輩も、弥生賞までは連勝したから、シャイニング礼も弥生賞までは勝つって?そう言われるとプレッシャーがかかりますから!」


オウケンブルースリ
「ゆってません 汗」



シャイニングレイ
「トゥザワールド先輩と同じように、弥生賞までは勝つけど、クラシックは勝てないって?エーン! 泣」


オウケンブルースリ
「ゆってねえわっ!!怒 泣くな!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



シャイニングレイ
「ハッ!!汗 たたた、大変申し訳ございませんっ!僕の失礼な会話のせいで、オウケンブルータスさんに不快な思いをさせてしまいましたっ! 汗」


オウケンブルースリ
「・・・いや、会話は不快じゃねえけど、名前を間違ってるのは不快だな 汗」



シャイニングレイ
「おうっ!!汗 ももも、申し訳ございませんっ!!汗 オウケンブルーベリーさんっ!!汗汗」


オウケンブルースリ
「コ、コイツ、ブン殴っていいすか、シゲさん 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



シャイニングレイ
「ももも、申し訳ございませんっ!!汗」


オウケンブルースリ
「・・・礼さあ、そんなに礼儀正しくしなくてもいいんじゃねえか?」


シャイニングレイ
「いえ。そこはしっとりと。」



オウケンブルースリ
「しっかりと、だ!!しっとりしてどうすんだっ!シャンプーかっ!!怒」


シャイニングレイ
「す、すいませんっ!!汗」



オウケンブルースリ
「だからさあ、オレとかシゲさんには、もっとフランクにしゃべってもいいんだぞ?」


シャイニングレイ
「いえいえ!」



オウケンブルースリ
「ねえ、シゲさん。何でも言い合える仲間なら、礼儀なんかいらないっすよねえ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・親しき仲にこそ、礼儀が必要だ」


オウケンブルースリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かに、家族や親友なら、遠慮せずに何でも喋ることができる」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「お互いに心を開いているからこそ、気兼ねなく、言いたい事を言いあうことができる」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、その居心地の良さに甘えて、相手への配慮を忘れてしまえば、自分にとって大切な家族や親友との関係も、簡単に壊れちまう事がある」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「家族だからこそ、失言して相手を傷つけてしまう。親友だからこそ、甘えて相手にきつい言葉をぶつけてしまう」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そしてその一方で、自分にとっての重要度がそれほど高くない人に対して、逆に、気を遣って配慮したりする。不思議なもんだな」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分にとっての優先順位を見誤ってはならねえ。最も大切にすべきは、何でも言い合える家族や親友であり、だからその人たちにこそ、気を遣い、配慮し、言葉を選び、大切に接していくのがいいのかもしれねぇな」


シャイニングレイ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。シャイニング礼さんの礼儀正しさ。オレは大切にしていっていいと思うぜ」


シャイニングレイ
「はい!喜 ありがとうございますっ!」



オウケンブルースリ
「そうそう。オレも、ちょうどそう思ってたんだよ。よ~く考えよう~。礼儀は大事だよ~。はっはっは 笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


シャイニングレイ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「まあよ。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



シャイニングレイ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ お姉さんが夜の礼儀を教えて、あ・げ・る♪』



シャイニングレイ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


シャイニングレイ
「・・・シゲさん。弥生賞も礼儀正しく走ってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ