フィリーズレビュー2015~ クールホタルビ『誰かのためでは成功できない』



◆フィリーズレビュー2015


【クールホタルビ】

○Cool Hotarubi
○牝3
○父マツリダゴッホ
○馬名 意味由来⇒ 冠名+蛍火

==========



◆誰かのためでは成功できない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ホタルちゃん!フィリーズレビューがんばんなよ!カンパ~イ! 杯」


クールホタルビ
「あ、ありがとう 照」



オウケンブルースリ
「いやー、それにしても、誰も期待してなかったマツリダゴッホ産駒が、重賞やG1を騒がせているんだから意外だよなー」


クールホタルビ
「す、すいません 汗」


オウケンブルースリ
「あ 汗 いやいや!いい意味でだよ? 汗」


クールホタルビ
「は、はい 汗」



オウケンブルースリ
「でも、ホタルちゃんもさあ、取引価格はなんと、189万円!国産のクルマより安い!」


クールホタルビ
「す、すいません 汗」


オウケンブルースリ
「あ、いやいや!いい意味でさ! 汗」


クールホタルビ
「はい 汗」



オウケンブルースリ
「前走の、阪神ジュベナイルフィリーズは惨敗だったけど、今週のフィリーズレビューはどう?」


クールホタルビ
「はい。JFは距離的に厳しかった部分もあるので、今回の1400mは走りやすいのではないかと」


オウケンブルースリ
「うんうん」



クールホタルビ
「ただ、脚質的に阪神より、直線平坦なコースの方が合いそうな気はしますけど。えへ 汗」


オウケンブルースリ
「うん。まあさ、マツリダゴッホ産駒は、惨敗した後、つらっと激走する奴が多いからさ。頑張んなよ」


クールホタルビ
「はい!」



オウケンブルースリ
「つーか、こんな大事な時に、ゴッホさんは何してんだ。まったく」


クールホタルビ
「・・・父さんは、マツリダ予想の事務作業で忙しいから・・」



オウケンブルースリ
「でもさあ。愛娘の晴れ舞台だっていうのに。まったくー」


クールホタルビ
「いいんです。えへ」



オウケンブルースリ
「ねえ!シゲさん!ゴッホさんは、ヒドイ奴ですよねえー!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・言うなって、言われてるんだがな」


オウケンブルースリ
「え?」



≪~数日前 インドの山奥にて~≫



ガイドのチャチャイ
「久しぶりダナ。ゴッホ」


マツリダゴッホ
「うむ。チャチャイ氏も、元気そうで何よりマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「また俺を呼び出したってことは、お宝を探しに行くノカ?」


マツリダゴッホ
「うむ。お力を貸してもらえんだろうかマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガイドのチャチャイ
「・・・前回、お前に助けてもらった恩は、忘れちゃいねぇゼ」


マツリダゴッホ
「いや、ワシの方こそ、無茶な頼みを聞いてもらって感謝しておりマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「まぁ結局、『ザ・ブルーハーツ』はゲットできなかったけどな。HAHAHA! 笑」


マツリダゴッホ
「フッ」



ガイドのチャチャイ
「・・・あの時のアナコンダはすごかったな 笑」


マツリダゴッホ
「うむ。チャチャイ氏は、8割がた、飲み込まれてたからなマツリダ 汗」



ガイドのチャチャイ
「しかしまあ、あの足場の悪い、坂道だらけの場所で、よくアナコンダを撃退することができたな。ゴッホよ」


マツリダゴッホ
「うむ。ワシは『中山マイスター』。坂道での勝負なら、誰にも負けんのだマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「HAHAHA!そうか 笑」


マツリダゴッホ
「うむ」



ガイドのチャチャイ
「・・・で、今回は?」


マツリダゴッホ
「うむ。インドの秘宝【タージマハール】を探しに行きたい」



ガイドのチャチャイ
「ナ、ナンダッテ?!幻の宝石【タージマハール】を、探しに行くダッテ??汗」


マツリダゴッホ
「よろしくどうぞマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「じ、冗談じゃネエ!お前死にたいのカ? 汗」


マツリダゴッホ
「死にたくありマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「な、なんて言ってんだヨ 汗」


マツリダゴッホ
「ボクは死にましぇーんマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「と、とにかく!俺は行かねえからナ!俺はまだ死にたくねエ! 汗」


マツリダゴッホ
「いや、ワシには、【タージマハール】が必要なのだマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「お前わかってるのカ?!【タージマハール】を採掘するには、インドの凶悪なトラ「ホワイトタイガー」の縄張りに突入しなければならないんダゾ!?」


マツリダゴッホ
「わかってマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「ホワイトタイガーの縄張りに突入して、生きて帰ってこれた者は、いねエ!」


マツリダゴッホ
「そのようだなマツリダ」



ガイドのチャチャイ
「悪い事は言わねぇ!やめておけ! 汗」


マツリダゴッホ
「・・・・」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・秘宝【タージマハール】には、どんな相手にも、引け目を感じなくなる効果があると聞きマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「ああ。あの金色の輝きは、一時的に、セルフイメージを高める効果があるからナ」



マツリダゴッホ
「・・・・」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・娘が・・」


ガイドのチャチャイ
「ん?」



マツリダゴッホ
「・・・ワシの娘が今週、フィリーズレビューに出走するのですマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「ジャパニーズホースレーシング?」



マツリダゴッホ
「イエスマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「イ、イエスキリストみたいになってるナ 汗」



マツリダゴッホ
「・・・フィリーズレビューには、社台系を筆頭とした高額馬が、数多く出走してくるマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「そんなセレブたちの中で、ワシの娘のホトァルは、取引価格189万円の、家なき子だマツリダ。同情するなら金をくれマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・せめて、引け目を感じないようにしてやりたいマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「OH!クレイジー!汗 そんなことのために、自分の命を賭けるのカ!?」



マツリダゴッホ
「・・・おぬしにとっては「そんなこと」かもしれんが、ワシにとっては命より大切な娘なのだマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・ワシは口下手だから、大切な勝負をむかえる娘に、気の利いた激励の言葉ひとつ、かけてやれんマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「おもしろいことも言ってやれんマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「た、たまにおもしろいゾ 汗」



マツリダゴッホ
「思えば娘には、なにもしてやることができなかったマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ワシは父親失格だなマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だからせめて・・・」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「こんな形でしか愛情を示せない、不器用で、ダサい父親だが・・・せめて・・」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・いや。すまぬ。チャチャイ氏。くだらん話をしてしまったなマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ワシの個人的な情事で、チャチャイ氏にリスクを負わせるわけにはいかんなマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「事情な 汗 個人的な情事て 汗」



マツリダゴッホ
「ここからは1人で行きマツリダ」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「では、行ってきマツリダ。さらば、チャチャイ氏。・・・ガサガサ 草進」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・むほほ 汗 この山は思ったより険しいなマツリダ 汗 虫だらけだし 汗」


ガイドのチャチャイ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・だが、こんなところでくじけるわけにはいかんマツリダ。・・・ホトァルー!ホトァルー!!叫」


ガイドのチャチャイ
「・・・おい・・アンタ・・」


マツリダゴッホ
「む?」



ガイドのチャチャイ
「・・・ホトァルちゃん・・・だったナ・・娘さんの名前・・」


マツリダゴッホ
「うむ。ホトァル」



ガイドのチャチャイ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガイドのチャチャイ
「・・・く、くそったれがぁぁーー!!オレが【タージマハール】まで案内してやル!必ず採るゾ!このクレイジー野郎! 怒」


マツリダゴッホ
「・・・チャチャイ氏・・ 涙」



ガイドのチャチャイ
「・・・前にも言ったがヨ。俺にも娘がいるんだヨ 照」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガイドのチャチャイ
「まぁ、俺も、あんまり好かれてないんだけどナ 苦笑」


マツリダゴッホ
「むほほ 笑」



ガイドのチャチャイ
「『オヤジうぜーよ!近寄んじゃねえよ!顔も見たくねえよ!このボケ!タコ!イカ!』・・・とか言われるしナ 苦笑」


マツリダゴッホ
「それは言われすぎだろマツリダ 汗」



ガイドのチャチャイ
「・・・でもヨ・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガイドのチャチャイ
「・・・娘が、俺を好きかどうかは関係ねエ。娘のためなら命かけてやるっていうアンタの心意気、賛同するゼ」


マツリダゴッホ
「チャチャイ氏・・・」



ガイドのチャチャイ
「おっしゃぁぁーー!!オレに命預けろ!行くゾ!クレイジー野郎! 走」


マツリダゴッホ
「うむ。チャチャイ氏よ。共に明日の陽を見ようぞマツリダ 走」



≪~回想シーン終わり 焼き鳥シゲにて~≫



焼き鳥屋 店主シゲ
「とまあ、そんなわけだぜ」



オウケンブルースリ
「な、なんだって? 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まだ帰ってきてねえけどな」


オウケンブルースリ
「ゴッホさん・・」


クールホタルビ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・安らかに 拝」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  ガラガラッ



マツリダゴッホ
「・・・だ、誰がホトケ様やねんマツ・・リダ・・。ゼーゼーハーハー・・・ 疲」


オウケンブルースリ
「ゴ、ゴッホさん!なんで生きてんだ!? 汗」


マツリダゴッホ
「なんで勝手にころされとんねんマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・どうでしたかい?【タージマハール】は」


マツリダゴッホ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・ダ、ダメでしたマツリダ・・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・そうかい」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・あと1歩のところまで行ったんだが、寸前でチャチャイ氏が、ホワイトタイガーに9割がた、飲み込まれマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」


クールホタルビ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「ワシが、チャチャイ氏を飲み込もうとするホワイトタイガーに近寄ると、ホワイトタイガーの右ストレートがワシに!」


オウケンブルースリ
「・・・(ゴクッ)」



マツリダゴッホ
「ワシは、恐怖に押しつぶされそうになりながらも、ホワイトタイガーの右ストレートに、全体重を乗せたジョルトカウンターを合わせた」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「カウンターで眉間を打ち抜かれたホワイトタイガーは、ダウン。そしてワシは、チャチャイ氏を救出したのだマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「だが、そんなことやってる間に、【タージマハール】は、谷底に落下してしまいマツリダ・・・落」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・しかし、【タージマハール】の代わりに、持ち帰ったものがありマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ほう」



マツリダゴッホ
「・・・その名も、【ホワイトタイガーカレー】」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「ジョルトカウンターで倒したホワイトタイガーを、原住民の協力でカレーにしてもらいマツリダ」


オウケンブルースリ
「く、食いたくねえな 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・はぁー。せっかくホトァルのためにインドまで行ったのに、やはりワシはダメオヤジだなマツリダ 落」


オウケンブルースリ
「ま、まあよ 汗 元気出せよ!」



マツリダゴッホ
「・・・シゲ氏。このことは、くれぐれもホトァルにはナイショにしておいてくだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、いや、ゴッホさんな・・ 汗」



マツリダゴッホ
「こんなこと、ホトァルに知れたら、あの子は、『父さんのために』という気持ちが強くなってしまいマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「しかし「誰かのために」という気持ちは、文学的には美しいのだが、現実的にはあまりうまく機能しないことが多いマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「成功している人の多くは、頑張る理由を他人に求めない。誰かのためではなく、自分のため。そしてその仕事への純粋な情熱のために頑張る。それが「結果的に」誰かのため、になっていくものだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だからホトァルには、ワシのためなどと考えずに、自分のため、そして純粋にレースへの情熱で走って欲しいマツリダ」


クールホタルビ
「・・・わかった」



マツリダゴッホ
「うむ。わかってくれたなら、それでいい。・・・ブッ! 吹」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ホホホ、ホトァル!!汗汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ななな、なんで、ここにいんねんマツリダ 汗汗」


クールホタルビ
「・・・オウケンさんが、激励会してくれるって」



マツリダゴッホ
「こここ、このことは聞かなかったことにしてくれマツリダ 汗汗」


クールホタルビ
「なにそれ。わけわかんない」



マツリダゴッホ
「・・・・汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・【ホワイトタイガーカレー】を、ホトァルにあげようマツリダ 汗」


クールホタルビ
「いらない」



マツリダゴッホ
「・・・で、ですよねマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「じ、じゃあ父さんな、ホトァルの言うこと、ひとつだけ何でも聞いてやるからマツリダ 汗」


クールホタルビ
「・・・・ホント?」


マツリダゴッホ
「ホントだマツリダ 汗」



クールホタルビ
「・・・じゃあさ・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



クールホタルビ
「・・・もう二度と、こんなことやめて」


マツリダゴッホ
「ホ、ホトァル、すみマツリダ 汗」



クールホタルビ
「・・・迷惑なの。父さんがチョロチョロしてると、レースに集中できないじゃない」


マツリダゴッホ
「は、はい 汗」



クールホタルビ
「・・・やめてよ・・ 涙」


マツリダゴッホ
「・・・・」



クールホタルビ
「・・バカ・・クソオヤジ・・。心配させないでよ・・。ホタルのために危ないことしないで・・ 涙」


マツリダゴッホ
「・・ホトァル・・ 涙」



クールホタルビ
「・・・カレー・・ありがとね・・。父さん・・・涙」


マツリダゴッホ
「ホ、ホトァルーー!! 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



  - つづく –

サブコンテンツ