阪神大賞典2015~ ゴールドシップ『人生はオッサンになってからが勝負』



◆阪神大賞典2015


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡6
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆人生はオッサンになってからが勝負



≪キャバクラにて≫



No.1キャバ嬢レナ
「あー♪オウケンたん、いらっしゃいませ~♪」


オウケンブルースリ
「うわーい♪レナたん、チュウチュウ~~ 唇」



No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラー 汗 当店はチュウは禁止だじょー 汗」


オウケンブルースリ
「ブー」



No.1キャバ嬢レナ
「スネないの 汗 あれ?オウケンたん、今日はおひとりさま?」


オウケンブルースリ
「あ、いや、もう一人・・」



   ガチャ



ゴールドシップ
「ギャオーー!! 吠」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 汗」



ゴールドシップ
「レレレ、レナさん!チュウチュウー!ディープチュウー! 唇舌」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃」



オウケンブルースリ
「お、落ち着け!シップ!汗 ディープチュウはイカンぞ! 汗」


ゴールドシップ
「フ、フゴフゴーー!!鼻息」


No.1キャバ嬢レナ
「は、鼻息が荒いじょ!シップたん! 汗」



ゴールドシップ
「フゴフゴーー!!レナたん、いい匂いー!クンクン。フゴゴー!! 立」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃」



  ゴンッ!(タライ大)



ゴールドシップ
「ごおうはぁぁーー!! 泣」


オウケンブルースリ
「・・・最後の漢字はやめろ 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 汗」



ゴールドシップ
「・・・(バタッ) 倒」


オウケンブルースリ
「おし。しんだか」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・こいつの名前はゴールドシップ。菊花賞・有馬記念・宝塚記念と、数々のビッグレースを制した歴史に残る名馬だが、同時に、ドスケベであり、しかも激烈にワガママなので、そっちの方が有名だったりする」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「馬房で隣の牝馬に一晩中、発情して体力を消耗したり、さらには、スタート直前のゲート内で、隣の牝馬に発情して出遅れる男。それがゴールドシップ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「・・・そう。オレは、破天荒な男なのです! 起」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 生きてた! 汗」



ゴールドシップ
「・・・フッ。タライを食らっても、まだまだ元気ですよ 立」


オウケンブルースリ
「最後の漢字やめなさい 汗」



ゴールドシップ
「ギャオーッス!オウケンさん! 指2」


オウケンブルースリ
「チョリーッスみたいに言うな 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おう。シップ。阪神大賞典に参戦するんだって?」


ゴールドシップ
「ギャオッス」


オウケンブルースリ
「そうっす、みたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「阪神大賞典は、ここまで2年連続で圧勝しているレースなのです! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。オマエの大得意なレースだな」



ゴールドシップ
「ええ。ちなみに須貝尚介先生のコメント⇒『闘争心をかき立てる意味からも、今回は馬ごみの中で、馬をいじめる競馬をさせる』ですってよ」


オウケンブルースリ
「ほう」



ゴールドシップ
「これが何を意味するか?」


オウケンブルースリ
「なによ?」



ゴールドシップ
「ふ・・ふふふ 笑」


オウケンブルースリ
「こ、こわっ 汗」



ゴールドシップ
「そう!馬ごみの中には、デニムアンドルビーと、フーラブライドという美女牝馬2頭が! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「牝馬2頭に挟まれて・・いじめられる!喜 ああっ!二人がかりで、そんなにいじめられたら・・ボクもう・・! 出」


オウケンブルースリ
「やめなさい 汗」



ゴールドシップ
「まぁとにかく、今年も阪神大賞典を圧勝して3連覇!!!そして、『しゃべ馬』レギュラーの座を狙ってるっすよ! 喜」


オウケンブルースリ
「しゃべ馬ってなんだよ 汗 ガキ使レギュラーみたいに言うな 汗」



ゴールドシップ
「そもそも、なんでオウケンさんが、レギュラーポジションにいるんすか」


オウケンブルースリ
「イケメンだからだろ」


ゴールドシップ
「なるほど。・・プッw」



オウケンブルースリ
「なんで笑ってんだコラァァーー!!ガスガス 蹴蹴」


ゴールドシップ
「ぐ、ぐわぁー!!泣 すみません!」


オウケンブルースリ
「ケッ」



ゴールドシップ
「・・・でも、自分は、皐月賞・菊花賞・有馬記念・宝塚記念*2、の5冠ですよ?」


オウケンブルースリ
「ぬ」



ゴールドシップ
「ちなみに、オウケンさんは?」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・菊花賞と京都大賞典と阿賀野川特別の、変則3冠馬だ」


ゴールドシップ
「なるほど。確かに、名馬ですね。・・・プ」



オウケンブルースリ
「なに笑ってんだコラァァーー!!ガスガス 蹴蹴」


ゴールドシップ
「ぐ、ぐわぁー!!泣 ちょっとしか笑ってません!!すみません! 泣」



オウケンブルースリ
「・・・まあしかし、シップよぉ。オマエ、なんだかんだ言って、4連敗中だぜ?」


ゴールドシップ
「う・・ 汗」



オウケンブルースリ
「前走のAJCCだって、得意の中山コースで、調教もバッチリだったのに惨敗だし」


ゴールドシップ
「うぬ・・ 汗」



オウケンブルースリ
「オマエさあ、だんだんと『走らない条件』が増えていってないか?」


ゴールドシップ
「うぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「オマエももう6歳。今週の阪神大賞典は、お前が思ってる以上に、重要な意味を持つと思うぜ?」


ゴールドシップ
「うううー 汗」



オウケンブルースリ
「ん?どうした?シップ」


ゴールドシップ
「・・・うううー!!レナさんの脚がキレイすぎるーー!!フゴフゴーー!!襲」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎゃー! 汗」



  ゴンッ!(タライ大)



ゴールドシップ
「ふごはぁぁーー!!泣」



オウケンブルースリ
「テメー!この野郎!!オレの貴重なアドバイスをシカトすんなコラァーー!!ガスガス 蹴蹴」


ゴールドシップ
「ぐ、ぐわぁー!!泣 タライ大からの、ケンカキック連打はヤメテー! 泣」


オウケンブルースリ
「ケッ。トイレに行ってくるぜ」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・あ、シップたん、水割りおかわり?」


ゴールドシップ
「ああ。どもです 照」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・たしかに・・」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ゴールドシップ
「・・・確かに、オウケンさんの言うとおりだ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「オレっちも、もう6歳。十分オッサンだ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「若い頃は、自分がオッサンになることなんて考えもしなかった」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「『オッサンになったら終わりだぜ!はっはっは 笑』・・・なんて、思ってたような気もする」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「でも・・・『自分は何でもできる』と思っていた万能感は、時とともに少しずつ失われていった・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「若さが羨ましい・・・なんちゃってー。たははっ 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・落」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・若さから来る万能感なんて、ただの勘違いだよ」


ゴールドシップ
「え?」



No.1キャバ嬢レナ
「確かに若い時って、自分には何でもできるって思っちゃうけど、実はその万能感は、ただの錯覚だったりする」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「根拠なき自信。努力を積み重ねてもいないのに自信があっちゃダメなんだよ」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それに、若者だって、たったの10年で、もうオッサンだよ♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「男は、おっさんになってからの積み重ねが勝負。ぶっちゃけ、若い頃なんか、人に迷惑をかけなければ、何やってたっていいと思うんだ♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「身体能力なんかのパフォーマンスは、どうしたって若い人には勝てないけど、おっさんにはそれまで積み重ねてきた経験と知識がある」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「日本人は、若い成功者を褒め称えすぎるから、『おっさんになったらもう終わりなんじゃないか?』・・・とか思ってたんじゃないのぉ~♪もしかしてだけどぉ~♪」


ゴールドシップ
「と、倒置法どぶろっく 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「でも、それも勘違い。この国を支えているのは、おっさんパワーなんだから♪」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん。傷つけちゃったね」


ゴールドシップ
「・・・レナさん・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ゴールドシップ
「・・・ありがとう・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ゴールドシップ
「・・・もし・・阪神大賞典を3連覇したら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ゴールドシップ
「・・・1回いいっすか? 立」


No.1キャバ嬢レナ
「は? 汗」



ゴールドシップ
「・・・い、一回だけ!ねえねえ!ハアハア!!ギャオーーッス!!吠立」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃汗」



遠くから見てたオウケン
「・・・う、うーむ 汗 オッサンとは思えぬ精力だ 汗 さすがシップ。恐るべし 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ