京都大賞典2014~トーセンラー『苦手なことから逃げるのは恥ではない』



◆京都大賞典2014


【トーセンラー】

○Tosen Ra
○牡6
○父 ディープインパクト
○馬名意味⇒ 冠名+エジプト神話の太陽神

==========



◆苦手なことから逃げるのは恥ではない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「凱旋門賞は残念だったよねえ。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「日本の競馬と欧米の競馬は、全く別物だから、同じ走り方じゃダメなのかな?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかもしれませんねえ」



オウケンブルースリ
「プロ野球の選手が、サッカーで勝負するぐらい違いますよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そ、そんなには違わないと思うぜ 汗」



オウケンブルースリ
「日本の寿司職人が、フォワグラのポワレで勝負するくらい難しいですよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「でもさ。日本で走ってたほうが金儲け出来るのに、夢のために海を渡るっていうのも、熱くていいよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



  ガラガラッ



トーセンラー
「・・ふっふっふ。なラーば、今週は僕が日本競馬を熱くするラ! 喜」



オウケンブルースリ
「また来年も強い馬が凱旋門賞に挑戦して、競馬が盛り上がるといいよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」


トーセンラー
「き、聞けラー!!汗汗」



オウケンブルースリ
「・・ん?おまえは・・」


トーセンラー
「ふっ。そうラ。我こそは、京都コースの帝王!!トーセンラーなのラ! 喜」



オウケンブルースリ
「い、いちいち自己紹介しなくても、みんな知ってるから 汗」


トーセンラー
「ふっ。有名人だかラ 喜」



オウケンブルースリ
「おい、ラーよ。ビール飲むか?」


トーセンラー
「飲むラ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


トーセンラー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・野村?」


トーセンラー
「いや、野村ではなく、飲むラ」



オウケンブルースリ
「ノムさん?」


トーセンラー
「いや、ノムさんではなく、飲むラ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ビールお持ち」


トーセンラー
「うわーい!いたラきまーす!ゴクゴク・・・プハー!うまラー! 喜」



オウケンブルースリ
「京都大賞典はどうよ?自信あるのか?」


トーセンラー
「ふっふっふ。いっラい誰に物言っラんだ?このオランコナスラー 喜」



オウケンブルースリ
「・・・それはなんて言ってんだ?」


トーセンラー
「いったい誰に物言ってんだ?このオタンコナス 喜」



オウケンブルースリ
「誰に物言ってんだコラァー!!怒 ガスガス!!蹴蹴」


トーセンラー
「ぐ、ぐわぁぁーー!!けラーんといてー!!汗」



オウケンブルースリ
「ケッ。先輩としゃべるときは言葉づかいに気をつけろや」


トーセンラー
「す、すいまラー 汗」



オウケンブルースリ
「まあしかし、なんだかんだ言っても、お前は京都コースは走るからな」


トーセンラー
「そうラ!喜 ボクは京都コースのボスラ! 喜」



オウケンブルースリ
「・・モスラ?」


トーセンラー
「いや、モスラではなく、ボスラ」



オウケンブルースリ
「・・モスラ対キングギドラ?」


トーセンラー
「いや、モスラ対キングギドラではなく、ボスラ」



オウケンブルースリ
「まあ、ボスかどうかはわからんが、京都の鬼ってことは確かだな」


トーセンラー
「そうラ!喜 ボクは京都コースは、10戦全勝ラ! 喜」



オウケンブルースリ
「も、盛ってんじゃねえ!汗 【4-2-3-1】だろが 汗」


トーセンラー
「ふっ。四捨五入すれば、10戦全勝ラ 喜」


オウケンブルースリ
「四捨五入したら、10戦全敗だろが 汗」



トーセンラー
「今週の京都大賞典では、ボクの末脚が炸裂すラー! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう」



トーセンラー
「ボクがゴールする時、実況はこう叫ぶだろうラ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーセンラー
「『ラーはラーでも、トーセンラーー!!叫』」


オウケンブルースリ
「ラーは、おまえしかいねえだろが 汗」



トーセンラー
「もしくはこう・・・『ラーはラーでも、デスペラーーード!!叫』」


オウケンブルースリ
「負けてんじゃねえか 汗」



トーセンラー
「あるいはこう・・・『ラーはラーでも、ラーーーストインパクトー!!叫』」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。揚げ出し豆腐ちょうだい」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


トーセンラー
「き、聞けラー! 汗」



オウケンブルースリ
「なんだよ。うるせえなあ。知らねえよ」


トーセンラー
「・・・しラーねえよってか?」



オウケンブルースリ
「変なおじさんみたいに言うな 汗」


トーセンラー
「何だツィミわってか? 喜」



オウケンブルースリ
「早く帰れ 汗」


トーセンラー
「・・・はぁー・・ 落」



オウケンブルースリ
「あ、あれ?汗 急に落ち込んだな 汗」


トーセンラー
「・・・いやまあ、京都コースが得意なのはいいんだけどラ、『苦手なコースから逃げている』と思われラのは、ちょっとイヤなのラ・・・ 落」


オウケンブルースリ
「ふむ」



トーセンラー
「男たるもの、自分の苦手なものに立ち向かい、そラを克服していくのが、かっこいいような気もするラ」


オウケンブルースリ
「ほう」



トーセンラー
「だから、自分が得意な部分に特化させているボクは、卑怯者なのかもしれラい・・ 落」


オウケンブルースリ
「ふーん」



トーセンラー
「・・・そういう意味では、ボクは・・カスなのかもしれない。・・カスラ・・」


オウケンブルースリ
「・・春日?」


トーセンラー
「いや、春日ではなく、カスラ」



オウケンブルースリ
「カスカスダンス?」


トーセンラー
「カスッ♪カスカースカスッ♪春日っ♪・・・ではなく、カスラ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



トーセンラー
「・・・ねえ、シゲラん・・。ボクは・・カスラ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・春日?」


トーセンラー
「いや、春日ではなく、カスラ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ラーさんな」


トーセンラー
「・・母さん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、母さんではなく、ラーさん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・確かに、自分の苦手なものに立ち向かっていく姿は勇敢で男ラしい」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「やると決めたら結果が出るまでやり続ける、という気概は、男には必要なものだ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・だが、その半面、人生は短い」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生というのは、限られた時間の中で、最大の結果を出さなければなラないというルールに従うことになる」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えれば、『人生で何かしラの結果を出す』という点にフォーカスするなラ、これは間違いなく自分に才能があるジャンルに特化させるのが正解だ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・まぁ、とは言ってもな。人生は限りなく自由だ」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「結果を出すためだけに最適化した行動をとるのも、あえて苦難の道を行き自分自身と戦うのもな」


トーセンラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「すべては、ラーさんの自由なんだぜ」


トーセンラー
「・・母さん?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、母さんではなく、ラーさん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


トーセンラー
「いえ・・。心に響きましラ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



トーセンラー
「まずは結果を出すために、自分の得意な部分を極めたいと思いラす! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。がんばんなせえ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。ちょいちょいシゲさんがボケてたのが気になるが、一件落着だな。じゃあ俺は帰るぜ」



   カタン



トーセンラー
「ん?オウケンさん。何か落としラしたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のナースのお仕事~ 得意なワザで結果を出してあ・げ・る♪』



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



トーセンラー
「・・・シゲラん。このド変態がボクと同じ京都巧者っていうのは、イヤラ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

⇒しゃべる馬予想、詳細はここから空メール。折り返し詳細をメールでお届けします

※上記リンクが開かない方はこちらから

※注: 無料メルマガや、マツリダ予想詳細のメールが届かない場合は、別のメールアドレスでご登録頂くか、
「迷惑メールフォルダ(Bulk Mail)」と、「迷惑メールフィルターの設定」をご確認ください



サブコンテンツ