◆函館2歳ステークス2012予想ティーハーフ



しゃべる馬の無料メルマガ。馬券ヒント満載↓
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから



◆人生を形づくるのは才能ではない



≪ファミレスにて≫



ウェイトレス
「お子様ランチ、2つお待たせしましたー 微笑」


サドンストーム
「お。来た来た 喜」


ティーハーフ
「うわぁーい♪」



サドンストーム
「ティーよ。このお子様ランチはな、オルも2歳の時によく食っていたという、縁起モノだ 喜」


ティーハーフ
「へー。ボクも3冠とれるでちゅか? 喜」



サドンストーム
「あたぼーよ!ジャーニー&オル兄弟なんて、もう古い!時代はオレたち兄弟のもんだ! 燃」


ティーハーフ
「・・でも、お兄ちゃんまでお子様ランチ食べなくても 汗」



サドンストーム
「バカ言ってんじゃねえ!オレは秋の菊花賞を取るんだ! 燃」


ティーハーフ
「お、お兄ちゃんの距離適性から言ったら、1コーナーでバテるのでは 汗」



サドンストーム
「とにかく!ティーよ!まずは函館2歳ステークスを圧勝するんだぞ! 燃」


ティーハーフ
「う、うーん。それより僕たち兄弟って、画的に地味な気が 汗」



サドンストーム
「何言ってんだ!時代は、父ストーミングホームだ! 燃」


ティーハーフ
「じ、地味だ 汗」



サドンストーム
「モハメド殿下に吉報を! 燃」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「・・ん?なんだティーよ。自信ないのか?」


ティーハーフ
「・・だって・・オルさんと同じお子様ランチを食べても、オルさんみたいな才能が生まれるワケじゃないでちゅ・・ 落」


サドンストーム
「・・・・」



ティーハーフ
「世の中で活躍する人って、きっとみんな才能があるんでちゅ・・ 落」


サドンストーム
「・・・・」



ティーハーフ
「だからボクには・・ 落」


サドンストーム
「・・・・」


ティーハーフ
「・・・・ 落」



サドンストーム
「・・ティーよ。おまえが言ったことは、半分正解だが、半分不正解だ」


ティーハーフ
「え・・」



サドンストーム
「・・お兄ちゃんはな、世の中の人の才能なんて、みんなそんなに違わないと思ってる」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「違うのは、”習慣”なんだ」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「人生を形づくるのは、才能ではなく習慣だ」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「1日は24時間だが、そのほとんどは、”無意識の習慣行動”によって消費される」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「人はいちいち考えて行動すると、脳が疲れるので、習慣化して無心で動こうとするんだ」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「だから人生を形づくるのは習慣。才能は二の次だ」


ティーハーフ
「・・・・」



サドンストーム
「ティーよ。おまえは若い。良い習慣を身につければ、3冠も獲れるさ!」


ティーハーフ
「う、うん!」



サドンストーム
「なにがドリームジャーニーだ!なにがオルフェーヴルだ! 燃」


ティーハーフ
「うん!」



サドンストーム
「ドリームジャーニーなんて、今度お兄ちゃんが会ったら、タメグチで説教してやるぜ!『コノヤロー!』ってな! 燃」


ティーハーフ
「お兄ちゃんカッコイイ!」


サドンストーム
「ハッハッハ! 喜」



通りすがりのジャーニー
「あれ?そこにいるのは、サドンストーム君?」


サドンストーム
「あ?気安くオレの名を呼ぶのはどこのどいつ・・・はうっ!!汗汗」



ドリームジャーニー
「弟くんも一緒だったんですね。函館2歳Sがんばってね」


ティーハーフ
「・・お、お兄ちゃん・・今こそタメグチで説教を・・『コノヤロー!』って・・(ヒソヒソ)」



サドンストーム
「・・・・汗」


ドリームジャーニー
「・・・・」



サドンストーム
「・・ジ、ジャーニー!」


ドリームジャーニー
「・・・・」



サドンストーム
「・・・さん!」


ドリームジャーニー
「ん?どしたの?」



サドンストーム
「・・・・汗」


ドリームジャーニー
「・・・・」



サドンストーム
「・・コ・・!」


ドリームジャーニー
「コ?」



サドンストーム
「・・コ、コンニチワ 汗」


ドリームジャーニー
「あ。こんにちはー♪」



ティーハーフ
「コ、コンニチワじゃねえだろっ!兄貴コノヤロー!!怒」



  - つづく –

⇒しゃべる馬予想詳細は、ここから空メールで、折り返し詳細をメールにてお届けします

※上記リンクが開かない方はこちらから

サブコンテンツ