宝塚記念2012◆男は女を守るために存在する



しゃべる馬の無料メルマガ。馬券ヒント満載↓
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから



◆男は女を守るために存在する


__________

≪宝塚記念2012≫

ショウナンマイティ
(Shonan Mighty)
__________



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「ついにわが『チーム殿一気』が頂点をつかむ日が来たな」


ウインバリアシオン
「おうよ。先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎねえ」



ショウナンマイティ
「『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な追い込みで勝負する」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは『チーム殿一気』」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけがチームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、喫茶店のテーブルに脚をのっける」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし」



ウェイトレス
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・テーブルに脚を乗せますと、他のお客さまにご迷惑なので・・ 汗」


ショウナンマイティ
「あぁ?!」



ウェイトレス
「ひぃっ!! 汗」


ショウナンマイティ
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス
「は、はいっ! 汗」



ショウナンマイティ
「・・・・」


ウェイトレス
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「・・・イチゴのパフェをひとつ」


ウェイトレス
「か、かしこまりました! 汗」



ショウナンマイティ
「フッ。イチゴのパフェは愚連隊の証明」


ウインバリアシオン
「おうよ。男の中のイチゴ」



ショウナンマイティ
「・・あ。おまえの分、頼むの忘れた」


ウインバリアシオン
「おうよ。半分こ にするぜ」



ショウナンマイティ
「そう。二人でひとつのパフェを食うのが愚連隊のアイデンティティ」


ウインバリアシオン
「おうよ。俺たちは極悪愚連隊」



ウェイトレス
「・・イ、イチゴのパフェお待たせ致しました 汗」


ショウナンマイティ
「おう」



   カラーン!



ウェイトレス
「あ!ごめんなさい!スプーンを落としてしまいました!すぐに新しいものを・・ 汗」


ショウナンマイティ
「おい!ねぇちゃん!」


ウェイトレス
「ひぃっ!! 汗」



ショウナンマイティ
「・・スプーンはいらねぇ」


ウェイトレス
「え?」



ウインバリアシオン
「おうよ。素手で食うのが男の美学」


ショウナンマイティ
「そう。そして手で食ったあと、手がベタベタしても気にしないのが愚連隊」


ウェイトレス
「・・か、かしこまりました 汗 失礼します 汗」



ショウナンマイティ
「おい!ねぇちゃん!」


ウェイトレス
「は、はいっ! 汗」



ショウナンマイティ
「熱々の鍋焼きうどんをひとつ」


ウェイトレス
「か、かしこまりました。すぐにお持ちします 汗」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、熱々の鍋焼きうどんも素手で食う」


ウインバリアシオン
「おうよ。どんなに熱くても「熱い」と言わないのが極悪愚連隊」



ウェイトレス
「・・あ、熱々の鍋焼きうどん、お待たせしました」


ショウナンマイティ
「おう。素手で食うから、ハシもレンゲもいらねえ」



ウインバリアシオン
「おうよ。どんなに熱くても「熱い」と言わないのが男のしるし」


ウェイトレス
「か、かしこまりまし・・あ!!」



  ツルンッ
  ガッシャーン!!



ショウナンマイティ
「あぁっ熱っちゃっちゃっちゃーー!!!汗汗」


ウインバリアシオン
「・・おうよ。熱い時は熱いと言うのが男のしるし」



ウェイトレス
「た、大変申し訳ございませんっ!!汗汗」


ショウナンマイティ
「・・く・・くぅ~・・こりゃあ効くぜ・・。だが「熱い」とは言ってねえ。なぜならオレは愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。「熱い」って言っちゃった事実をねじ曲げるのが極悪愚連隊」



喫茶店のマスター
「な、なにやってんだ!バカ野郎! 怒」


ウェイトレス
「す、すみません!すみません!!涙」



喫茶店のマスター
「お客さまに鍋焼きうどんをぶちまけるなんて、考えられんぞ!このクソ女! 怒」


ウェイトレス
「すみません!すみません!!泣」


ショウナンマイティ
「・・・・」



喫茶店のマスター
「テメーなんかクビだ!大バカ野郎! 怒」


ウェイトレス
「すみません・・うぅ・・ 泣」



喫茶店のマスター
「お客さま!申し訳ございません!責任はすべてこのバカ女にあります! 汗」


ショウナンマイティ
「・・・・」



喫茶店のマスター
「ソッコーでクビにしましたので、どうかお許しを! 汗」


ショウナンマイティ
「・・・・」


ウェイトレス
「・・・・ 泣」



喫茶店のマスター
「もちろんクリーニング代と慰謝料は、このバカ女に払わせますので! 汗」


ショウナンマイティ
「・・・・」



喫茶店のマスター
「それでどうかひとつ! 汗」


ショウナンマイティ
「・・・・」


喫茶店のマスター
「・・どうか! 汗」



ショウナンマイティ
「・・おい・・」


喫茶店のマスター
「は、はいっ! 汗」



ショウナンマイティ
「・・オメーじゃねえ。・・そこの女・・」


ウェイトレス
「はい・・ 泣」



ショウナンマイティ
「・・・・」


ウェイトレス
「・・・・ 泣」



ショウナンマイティ
「・・・気にするな」


ウェイトレス
「え・・ 泣」



ショウナンマイティ
「誰にだって失敗はある。次から同じ失敗を繰り返さなければ、それでいい」


ウェイトレス
「・・・・ 泣」



ショウナンマイティ
「アンタが一生懸命に自分の仕事をしてた事を、オレはわかってる」


ウェイトレス
「・・・・ 泣」



ショウナンマイティ
「だから気にしなくていい」


ウェイトレス
「はい・・ありがとうございます・・ 泣 ありがとうございます・・ 泣」


喫茶店のマスター
「・・・(ポカーン)」



ショウナンマイティ
「・・マスター・・」


喫茶店のマスター
「は、はいっ! 汗」



ショウナンマイティ
「・・部下の失敗の責任は、上のモンが取ってやれよ」


喫茶店のマスター
「は・・?」



ショウナンマイティ
「ましてや相手は女だぜ?」


喫茶店のマスター
「・・・・」


ウインバリアシオン
「おうよ。男は女を守るために存在する。それが愚連隊の家訓」



ショウナンマイティ
「・・そう。男は何があっても女を守る。それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「おうよ。オレたち男にできることは、それぐらいしかねぇだろう?」


喫茶店のマスター
「・・・・」



ショウナンマイティ
「違うかい?マスター」


喫茶店のマスター
「・・いえ・・。その通りだと思います・・ 落」



ショウナンマイティ
「フッ。マスターの鍋焼きうどん、うまかったぜ」


喫茶店のマスター
「・・・・」


ウインバリアシオン
「そう。全部ぶちまけられて食ってないのにうまいと言う。それが愚連隊」



ショウナンマイティ
「じゃあなマスター。帰るぜ」


喫茶店のマスター
「は、はい!大変申し訳ございませんでした! 汗」



ショウナンマイティ
「フッ。オレたちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ウインバリアシオン
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ショウナンマイティ
「そう。それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。それが男のアイデンティティ」



喫茶店のマスター
「・・・・汗」


ウェイトレス
「・・・・汗」



  - つづく –

⇒しゃべる馬予想詳細は、ここから空メールで、折り返し詳細をメールにてお届けします

※上記リンクが開かない方はこちらから

サブコンテンツ