◆未知の領域だからこそ経験するミッドサマーフェア



しゃべる馬の無料メルマガ。馬券ヒント満載↓
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから



◆未知の領域だからこそ経験するミッドサマーフェア



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「シゲさん!このDVDは当たりだぜ! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「なんのDVDですかい?」



オウケンブルースリ
「・・・むっふっふ 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「シゲさんも見たいだろ? 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、いや遠慮しとくぜ 汗」



   ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


ミッドサマーフェア
「こんにちは」



オウケンブルースリ
「おお!キミはフローラステークス快勝のミッドちゃん! 喜」


ミッドサマーフェア
「・・空いてますか?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「オウケンさんの横でいいですかい?」


ミッドサマーフェア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・・また今度にします」


オウケンブルースリ
「オ、オイちょっとまてーい!! 汗」



ミッドサマーフェア
「・・なんでしょうか?」


オウケンブルースリ
「なんでオレの隣がイヤなんだ! 汗」



ミッドサマーフェア
「・・汗くさそう・・」


オウケンブルースリ
「ブッ! 汗」



ミッドサマーフェア
「・・ではまた後日に伺います」


オウケンブルースリ
「ちょちょちょ!!汗 まあ座んなよ!汗」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「オレの名前はオウケンブルースリ。美しき栗毛の貴公子よ! 喜」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「オルフェーヴルより、おっとこまえだと思っただろ?! 喜」


ミッドサマーフェア
「思いません」


オウケンブルースリ
「ブッ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それにしても、ミッドさん。フローラSは強かったですねえ」


ミッドサマーフェア
「・・そうかしら。相手がユルユルだったから・・」


オウケンブルースリ
「か、辛口だ 汗」



ミッドサマーフェア
「ただ、オーナーのシェイク・モハメド殿下に、初めての重賞制覇をプレゼントできたことは、喜ばしく思います」


オウケンブルースリ
「モハメドと言えば、モハメド・アリ!なんちゃって! 喜」



ミッドサマーフェア
「・・無礼な事を言ってはなりません・・」


オウケンブルースリ
「え? 汗」



ミッドサマーフェア
「モハメド殿下がその気になれば、あなたの存在など、1秒で消え去るでしょう・・」


オウケンブルースリ
「コ、コワッ!!汗汗」



ミッドサマーフェア
「・・消え去りたいのですか?」


オウケンブルースリ
「い、いやいや!汗 まだ見たいDVDもたくさんあるし! 汗」



ミッドサマーフェア
「・・口は災いの元・・長生きしたければ、言葉を慎むことが重要です・・」


オウケンブルースリ
「わ、わかりました 汗」




ミッドサマーフェア
「Midsummer Fairとは、真夏の祭典の意。オークスを勝って、モハメド殿下に真夏の祭典をプレゼントしたいのです」


オウケンブルースリ
「ふーん。エライねえ」



ミッドサマーフェア
「・・でも・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・オークスは2400m・・。未知の領域です・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「昨年は、デボネア先輩が、殿下の期待に応えられず、ダービー12着・・(3番人気。デットーリ)」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・私もそうなるんじゃないかと・・。だから怖いのです・・未知の距離が・・」


オウケンブルースリ
「カッカッカ 笑」


ミッドサマーフェア
「?」



オウケンブルースリ
「怖くないってそんなの。なんとかなるだろ」


ミッドサマーフェア
「・・あなたのような人に言われたくありません。天皇賞から逃げたくせに!」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ミッドサマーフェア
「あ・・。ごめんなさい・・」



オウケンブルースリ
「ハッハッハ 笑 いいよいいよ。ミスター逃亡者と呼んでくれ! 笑」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「さて!嫌われ者のオウケン君は、帰るとするか! 笑」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ごめんな、ミッドちゃん。嫌な思いをさせるつもりはなかったんだ」


ミッドサマーフェア
「・・いえ・・そんな。こちらこそ・・」



オウケンブルースリ
「じゃ!シゲさん。また来ます!・・金はもちろん無いので、ツケといてね!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・あ、ミッドちゃんさ」


ミッドサマーフェア
「?」



オウケンブルースリ
「・・初めての事や、未経験の事は、たしかに怖い。誰だってビビるもんだ」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「でもさ、未知の世界だからこそ、経験する価値があるような気もするな」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「おんなじ事を、毎日繰り返してたって、自分自身の成長につながらないだろう?」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「もし失敗してもさ、新しい事への挑戦は、多くの事を学べると思うからさ」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「たはっ!あんまりベラベラしゃべると、また怒られるから、もう帰るわ!グッバイ!」



   バタン



ミッドサマーフェア
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・オウケンさんって・・一体どういう人なんですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・つかみどころがない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」


ミッドサマーフェア
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「いい男だということだけは、保証するぜ」


ミッドサマーフェア
「・・たしかに・・そんな気がします」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



ミッドサマーフェア
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「・・・あれ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「?」



ミッドサマーフェア
「オウケンさん、忘れ物だわ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ミッドサマーフェア
「何かしら・・。DVD?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



  『ナースのお仕事25 ~こんなお注射は未知の領域♪~』



ミッドサマーフェア
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・ 汗」



ミッドサマーフェア
「モハメド殿下に頼んで、消し去ってもらいましょうか・・ 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そ、そうしてくれ 汗」



  - つづく –

【しゃべる馬予想】…勝負レース平均回収率 125~140%
詳細は無料メルマガにて
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから



サブコンテンツ