桜花賞2012予想ハナズゴール





◆その常識は本当に正しいか



世の中にはたくさんの常識がある

暗黙の了解という形で

当たり前のようにまかり通っているルールは多い



だが、その常識は本当に正しいのだろうか

『常識だから』と思考を止めれば

権力者に都合のいいようにコントロールされるだろう



そう。

例えば、このように……

__________

◆桜花賞2012
ハナズゴール
(Hana’s Goal)
__________



≪喫茶店にて≫



ハナズゴール
「ねえねえ!アタシさあ!ジョワに勝ってるのに評価低くない?!怒」


エピセアローム
「ハナちゃん 汗 ハナミズが出てるから 汗 興奮しないで」



ハナズゴール
「2馬身半差よ!?普通ならアタシが断然の一番人気でしょうがっ!!怒」


エピセアローム
「ほら。ポケットティッシュあげるから、ハナ拭きな」



ハナズゴール
「もう!信じらんないっ!!フキフキ」


エピセアローム
「・・たぶん1番人気はジョワだろうねー」


ハナズゴール
「くっ・・・」



エピセアローム
「ジョワは前走で初めて揉まれる競馬になって、しかも休み明けだったし」


ハナズゴール
「・・・・」



エピセアローム
「一度叩かれて、今回は巻き返す、っていう考え方は普通でしょうね」


ハナズゴール
「・・普通・・?」


エピセアローム
「うん」



ハナズゴール
「・・それは思考停止よっ!!怒」


エピセアローム
「え? 汗」



ハナズゴール
「常識は疑っていかなければならない!!本当に1番人気はジョワでいいのかと!!怒」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「『それは常識だから』と言ってしまえば、それ以上は考えなくなる!それこそが思考停止状態でしょうがっ!!怒」


エピセアローム
「ま、またハナが出てるから 汗」



ハナズゴール
「常識を疑ってみることから、新しい思考が展開するのよっ!!怒」


エピセアローム
「ハ、ハナちゃんも、もうお年頃の女の子なんだから、ハナミズとか出てちゃダメよ 汗」



ハナズゴール
「・・ふっ 笑」


エピセアローム
「え? 汗」



ハナズゴール
「・・エビちゃん。それも思考停止よ」


エピセアローム
「は? 汗」



ハナズゴール
「『ハナが出てちゃダメ!』という常識に縛られた、窮屈な発想だわっ!!怒」


エピセアローム
「み、みっともないでしょ 汗」



ハナズゴール
「常識を疑うのよっ!!『本当にハナが出てちゃダメなんだろうか?』と!!」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「思考を発展させるのよっ!『もしかしたら、ハナは出てたほうがいいんじゃないだろうか?!』と!」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「アンタもハナ出しなさいよっ!!怒」


エピセアローム
「な、なぜ? 汗」


ハナズゴール
「新しい常識よ!」



エピセアローム
「・・でもさあ。逆に『ハナは出てたほうがいい』というのがスタンダードになっていったとしたら、今度は『やっぱりハナは出てないほうがいいんじゃないか?!』という疑い方も必要になってくるのでは?」


ハナズゴール
「・・さすがね。エビちゃん」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「そう!あらゆる角度から常識を疑っていくことが重要なのよっ!!」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「常識を疑うのよっ!!・・例えば今アタシが食べてるこのナポリタン」


エピセアローム
「・・・・」



ハナズゴール
「・・疑うのよ!『これは本当にナポリタンなのか?!カルボナーラじゃないのか?!』と!」


エピセアローム
「見りゃわかんじゃん ボソッ」



ハナズゴール
「見る!食べる!モグモグ・・うん。ナポリタンだな」


エピセアローム
「・・・・汗」



ハナズゴール
「・・と思っても!!怒」


エピセアローム
「ま、まだ続くの? 汗」



ハナズゴール
「もしかしたらマスターが、アタシの目をあざむくために、ナポリタンにしか見えないカルボナーラを作ったんじゃないか?!と!」


エピセアローム
「マ、マスターはそれによって、何を得るのかな 汗」



ハナズゴール
「そもそも!こんなナポリタンが880円って高いんじゃないかと!!」


エピセアローム
「マ、マスターに聞こえるから! 汗」



ハナズゴール
「そもそも!『喫茶店で食事したら、お金を払わなければならない』って、その常識はホントなのか?!怒」


エピセアローム
「そ、そりゃそうでしょ 汗」



ハナズゴール
「アタシは常識を疑う!!だからお金払わないで帰るから!じゃ! 逃」


エピセアローム
「え? 汗」



喫茶店のマスター
「あ!ちょっと!お客さん!お代は?! 汗汗」


エピセアローム
「・・す、すいません・・私が払います 汗 ・・くっそー。ハナのヤツ~ 怒」



  - つづく –


◆今日のまとめ◆

常識を疑いすぎると、おかしな方向に思考が飛んで行くことがある。


【しゃべる馬予想】…勝負レース平均回収率 125~140%
詳細は無料メルマガにて
個人情報は鉄壁の㈱まぐまぐからの発行なので安心。
いつでも解除可能です。
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから



サブコンテンツ