◆アルゼンチン共和国杯2011予想⇒フォゲッタブル⇒オレが行くまで粘ってろ



【フォゲッタブル】

○Forgettable
○馬名 意味由来⇒ 『ディープインパクトのことを忘れるくらいの馬になってほしい』という馬主さんの想いより。
○5歳 男性 黒鹿毛
○父ダンスインザダーク
○レース間隔 : 4週
○調教師2011順位:2位
○東京芝 1-0-0-1
○全成績 4-3-1-15
○単勝回収率 47%
○複勝回収率 96%
○母エアグルーヴの超良血馬
○3歳まではかなりの能力を見せていたが、4歳からスランプ突入
○このままでは、逆にフォゲッタブルのことを忘れられてしまうので、そろそろ復活を!



◆オレが行くまで粘ってろ



≪焼き鳥シゲにて≫



♪しみじみ~飲めば~しみじみと~ぉぉぉ~♪



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・焼き鳥おまち」


料亭の女将しほ
「・・・やっぱりNASAに戻る気はないの?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・そう言ったハズだぜ」



料亭の女将しほ
「・・多くの人の役に立てる仕事なのよ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・ハァー・・ 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・でも・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「あなたはあの頃より・・楽しそうね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・もし・・出会った時期が違っていたら・・・わた・・」



ガラガラッ



オウケンブルースリ
「うぃーっす!!シゲさん!こんばんワニ! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」



料亭の女将しほ
「・・お客さん来たみたいだから帰るわね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



料亭の女将しほ
「・・シゲ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



料亭の女将しほ
「・・・焼き鳥は・・最高だったわ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ドンッ



オウケンブルースリ
「痛っ! 汗」


料亭の女将しほ
「あ。ごめんなさい・・」



バタン



オウケンブルースリ
「・・シゲさん・・あの美人さん・・たしか前にも・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



フォゲッタブル
「シゲさん!ビールくださーい! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



オウケンブルースリ
「・・ふむ。まあいっか。・・シゲさん!オレもビールね! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



オウケンブルースリ
「フォゲよぉ!アルゼンチン共和国杯は、俺らでワンツー決めようぜ! 喜」


フォゲッタブル
「そうですね!重斤量の実績馬2頭のワンツーといきましょう! 喜」



ガラガラッ



ネコパンチ
「ちょっと待ちニャさい」


オウケンブルースリ
「あ?」



ネコパンチ
「わがはいの存在を忘れるでニャイぞ」


オウケンブルースリ
「はぁ?誰だ?オマエ?」


ネコパンチ
「・・吾輩はネコである」



オウケンブルースリ
「シゲさん、ビールおかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ネコパンチ
「ちょいちょい 猫手」


オウケンブルースリ
「な、なんだよ 汗 ネコの手みたいにグーで触るな 汗」



ネコパンチ
「わがはいを無視するでニャイぞ」


オウケンブルースリ
「だからオメーは誰なんだよ 怒」


ネコパンチ
「・・吾輩はネコである」



オウケンブルースリ
「あ、シゲさん。厚焼きたまごもください」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ネコパンチ
「ちょいちょい 猫手」


オウケンブルースリ
「だ、だからネコの手で触るのはやめろ! 汗」



ネコパンチ
「わがはいも同席するニャ」


オウケンブルースリ
「同席すんな。あっちで一人で飲めよ。オレはフォゲと飲んでるんだよ」


ネコパンチ
「・・・・ 落」



オウケンブルースリ
「ねえねえシゲさん!オレ勝てるかなあ!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。今週のオウケンさんは調子いいですからねえ」


オウケンブルースリ
「だよね! 喜 勝てるよね!オレ! 喜」



ネコパンチ
「・・勝てニャイ」


オウケンブルースリ
「あ?」



ネコパンチ
「オウケンは勝てニャイ」


オウケンブルースリ
「な、なんでそんなことわかるんだコラァー! 怒」



ネコパンチ
「なぜなら、わがはいが勝つからだニャー♪」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん。バターコーンもください」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ネコパンチ
「無視するニャー! 怒 ボカボカ! 猫拳」


オウケンブルースリ
「い、痛ててて!!汗 猫パンチするんじゃねえっ!!汗」



ネコパンチ
「ふっふ。さっき『実績馬のワンツー』とか言ってニャが、ここは荒れるハンデ戦だニャ」


オウケンブルースリ
「フン。関係ねえよ」



ネコパンチ
「関係あるニャ!ここは格下の、軽ハンデ馬が勝つんニャ! 喜」


オウケンブルースリ
「あっそ」



ネコパンチ
「『窮鼠猫をかむ』だニャー! 喜」


オウケンブルースリ
「・・つーか、おまえがネコだろ。バカ」



ネコパンチ
「バカって言うニャー!!怒 ボカボカ! 猫拳」


オウケンブルースリ
「い、痛ててて!!汗 猫パンチするんじゃねえっ!!汗」



ネコパンチ
「わがはいの東京実績を見ろニャ!」



◆ネコパンチ 東京実績

【0-1-0-7】



オウケンブルースリ
「・・ぜ、全然ダメじゃねえか 汗」


ネコパンチ
「全然ダメって言うニャー!!怒 ボカボカ! 猫拳」


オウケンブルースリ
「い、痛ててて!!汗 猫パンチするんじゃねえっ!!汗」



ネコパンチ
「・・はぁ・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ネコパンチ
「吾輩は、せっかくオープンまで来たのに、誰も注目してくれんニャ・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・モグモグ」



ネコパンチ
「・・思えば、吾輩はもう40戦以上も戦って、まだ一度も1番人気になったことがないニャ・・ 落」


オウケンブルースリ
「そ、それは逆にすごいな 汗 ”逆ブエナちゃん”だな 汗」



ネコパンチ
「・・そんなオープン馬がいるニャろうか?・・いや、いニャい・・ 落」


オウケンブルースリ
「は、反語表現を使うな 汗 クラシカルな言い回しだな 汗 つーか、そんなオープン馬は他にもいるだろ 汗」



ネコパンチ
「・・ハァー・・我輩なんて、しょせん、ネコである・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ネコパンチ
「・・ネコは努力しても、人間になれはしニャいんだ・・ 泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ネコパンチ
「・・・・ 涙流」



オウケンブルースリ
「・・・おい。クソネコ」


ネコパンチ
「・・・・ 涙」



オウケンブルースリ
「・・オレはゴール前で、差し切るからよ」


ネコパンチ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・おまえはそれまで、前で粘ってろ」


ネコパンチ
「え・・」



オウケンブルースリ
「・・ワンツー決めようぜ」


ネコパンチ
「・・オウケン・・ 泣」



オウケンブルースリ
「ふっ。窮鼠猫をかんでやるからよ 喜」


ネコパンチ
「う、うん! 泣」



オウケンブルースリ
「・・・って、誰がネズミだ!クソネコ!コラァー!!怒 ガスガス! 殴蹴」


ネコパンチ
「お、おまえが勝手に言ったんだニャー!!怒 ボカボカ! 猫拳」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ