◆『人に認められようとする努力は、他人の基準で生きるということだ』◆



◆『人に認められようとする努力は、他人の基準で生きるということだ』◆





10R エニフステークス

1着 グロリアスノア
2着 マイプリティワン
3着 ランザローテ
4着 タマモホットプレイ




自分の中に、相当な確信をもって

なにかしらの基準がある人は別として

多くの人は、他者に認められることで

満足感や充実感を得る。

人間は人の間で生きる生き物だからそれも本能だろう。


しかしながら他人に認めてもらうことが

目的化してしまうと

本来、自分は何を望んでいたのか

自分が本当にやりたいことはなんなのか

それを知らず知らずのうちに

見失っていくことも多い。


時に他人がどう思うかは度外視して

自分の心は何を望んでいるのか

向き合ってみる必要もあるだろう。



さて今回4着のタマモホットプレイ。

実にこれが53戦目。

もう6年近くもアスリートやっている。

しかもいつも追い込んで4着か5着。

かたくなに自分のスタイルを守って。

そんな彼の生き方も悪くない。



サブコンテンツ