◆『まず現状肯定から出発しなければならない』◆



◆『まず現状肯定から出発しなければならない』◆






夢や目標を持たなければ人生は向上していかない。

「こんな人生にしたい!」

そう思うことは重要だ。

理想がなければ努力もできないし。


ただそこでひとつ気をつけなければならないことは

現状肯定からスタートするということだ。


「こんな状況からは早く抜け出したい」

と思うことは

ひとつズレると

「この環境では自分は不幸だ」

という思考になってしまう。


確かに、どうにもならない苦しい環境はあるが

現在がどんな環境であれ

そこにはその環境なりのメリットも

必ず存在してるはずだ。

まずは今の環境のメリットをリストアップして

そこに感謝するところからスタートする方がいい。


「こうなれればいいけど、別に今のままでも幸せだ」

これくらいの精神的なゆとりがあるくらいの方が

結果的に目標を達成する確率は高くなるだろう。








11R 第44回 京都大賞典(GII)


1着 オウケンブルースリ
2着 スマートギア
3着 トーセンキャプテン





菊花賞馬、オウケンブルースリ。

半年以上も間隔あけての出走で

見事な末脚爆発。

菊の後のJC5着は3歳だから

仕方なかったと思うが

4歳の阪神大賞典は1人気で7着。

古馬になって壁に当たる馬は多いが

見事クリアしてきた。


オウケンブルースリ自身も

阪神大賞典で惨敗したとき

相当に落ち込んだに違いない。

「ボクハ早熟ナノカナ・・」

「菊はマグレダッタノカナ・・」


でも彼は現状を肯定していた。

「マタG1を勝ちたい。勝ちたいけど

 たとえG1を勝てなくても

 ウチパクさんや厩務員サンは

 ボクニとてもヤサシイから

 ボクは今、幸せだ」



そして彼は、結果を出した。



サブコンテンツ