◆『成功の下、久しく居るべからず』◆



◆『成功の下、久しく居るべからず』◆





努力して何かを成し遂げた時

運よくうまくいった時

つまり結果が出た時

私たちは喜び、努力してよかったと思う。


しかし多くの場合、その喜びに浸りすぎて

次も同じようにやろうとする。

それはそれで必勝のパターンがつかめているわけで

悪いことではないが、

足元すくわれるのは、大抵うまくいった後だ。


「たまたまうまくいっただけ」

という気持ちを忘れなければ

人生で大きな落とし穴に落ちることはないだろう。







11R 第14回 秋華賞(GI)






1着 レッドディザイア
2着 ブロードストリート
3着 ブエナビスタ(2着降着)





パドック周回中、

ブエナビスタは悩んでいた。

札幌記念のゴール前の光景が

彼女の脳裏に浮かび上がる。


「オークスでギリギリ届いてしまったことが

 逆に私の心に慢心を生んではいなかったか?

 また届くさ、とどこかで思っていなかったか?

 私の単勝を買ってくれたファンの方に

 申し訳ないことをした。。。」


「今回は京都の内回り。

 東京と同じように大外一気では届かない。

 一か八か内をつこう。アンカツさん。」


4コーナー。

勝負どころでも前が開かない。

「ま、まずい。レッドはもうあんな前にいるよー。

 ここは外にいくしかないわ。とうっ!」


(ブロードストリートの進路を妨害)
「きゃーちょっとなにすんのよアンタ!!

 藤田さん、大丈夫?

 ブエナがふくらんできちゃってー。

 あ、そんなこと言ってる場合じゃなかった!

 早くレッドを追わなきゃ!」



ブエナビスタは試行錯誤していた。

今回の結果はレッドとの体調の差など

いろんな要素が影響したものであって

まだ勝負はついてないと見る。

外回りのエリザベス女王杯で

もう一度見たいものだ。




サブコンテンツ