◆『うまくいっている人を模倣することから始まる』◆



◆『うまくいっている人を模倣することから始まる』◆





自分が成功したいと思ったときに

最短の方法は

すでに成功している人を模倣することだ。

要するにパクる。

なぜその人はうまくいっているのか?と考えてみる。

そして自分にも取り入れていけそうな部分をマネしてみる。


完全な「自分オリジナル」などというものは

天才にしか作れない。

我々、凡人にとってのオリジナルとは

マネするところから始まる。


マネすることに飽きたら

その時は自分のアレンジを加えてしまえば

それは紛れもなく

あなたのオリジナルとなるだろう。








11R 第14回 秋華賞(GI)






1着 レッドディザイア
2着 ブロードストリート
3着 ブエナビスタ(2着降着)







-秋華賞の数日前-

ブロードストリートは機嫌がよかった。

ローズステークスでレッドディザイアを負かしたからだ。

「私を5番人気にするなんて考えられない。

 いやーすっきり勝てて気分がいいわー。

 しかもレコードタイムよ。見た?見た?」


-秋華賞のスタート前-

ブロードストリートはまだ浮かれていた。

「ふふ~ん♪今日もレコードで勝っちゃったらどーしましょ。

 ぐふ、ぐふふふ 笑」


(ゲートオープン。ブロードストリート 大出遅れ)

「ぎょえーーー。ちょちょちょー待ってー。」


しかしここでブロードストリートは考えた。

「出遅れたのはしかたない。

 ここで焦って脚を使っちゃだめだ。

 そう、直線一気だ。あの馬のように!」


ブロードストリートはブエナビスタを「模倣」した。

「直線勝負のスタイルをパクるしかない!

 我ながら天才!ブエナ、まっとれ」


-4コーナー-

「よし!ここから末脚爆発だあー!

 GOGO-!」


ドーン!(ブエナビスタに直撃)

「ぐわー!いたたた。何がどうなったの??

 ああーブエナ・レッドはもうあんなところに;;

 も、模倣失敗っすか?泣」


藤田「失敗じゃない!諦めるな。行くぞ!」




ブロードストリートの戦いはまだこれからだ。





サブコンテンツ