◆~ワイルドワンダー~人間は学び続ける限り絶望を感じることはない



◆『人間は学び続ける限り絶望を感じることはない』◆






憂鬱な気分になったり、厭世的になる時は

多くの場合、

学ぶ時間より思考する時間の方が長くなっている。


必死に何かを学ぼうと勉強しているとき

人間はブルーな気分にはなりにくい。

逆にインプットを中断して

自分の中で思考がグルグルしているとき

人間はブルーな気分になりやすい。


自分ひとりの知識など、ほんの一部分でしかなく

世の中には学ぶべきことが山のようにある。


「最近気分が憂鬱になることが多いなあ」

と感じるなら

新しい世界のことを学ぼうと立ちあがってみることは

高確率であなたの気分を前向きに誘導するだろう。












11R 第14回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)







1着 ワンダーアキュート
2着 ダイショウジェット
3着 ワイルドワンダー(7歳。しかも1年ぶりのレース)






武蔵野ステークスレース数日前。吉野家にて。




マチカネニホンバレ
「ワンダーさん、牛丼でよかったんですか?」


ワイルドワンダー
「ああいいよいいよ。ニホンバレは若いし
 体も大きいからのう。
 たくさん食っといた方がええよ」


マチカネニホンバレ
「すみませんねーつき合わせちゃって。
 いやーなんせ540キロもある馬体なもんで
 がっつり食べないとお腹がすいてしまって。。」


ワイルドワンダー
「そうじゃろう。食っとけ」


マチカネニホンバレ
「すいませーん。牛丼大盛りのねぎだくの
 つゆだくだくでー」


ワイルドワンダー
「つ、つゆだくだくだと雑炊みたいになっとるな。。」




店の客A
「なあ明日の武蔵野Sなに買う?
 やっぱサクセスブロッケンは強いよなー」

客B
「俺はワイルドワンダーが気になるなー」

客A
「ああ?7歳でおまけに1年も休んでた馬だぞ?
 絶対いらないよー」


マチカネニホンバレ
「ちっ、あいつら言いたい放題いいやがって」


ワイルドワンダー
「いいんじゃよ、ニホンバレ。
 ホントのことだからな。
 でもわしは周りが言うほど悲観してないし
 休んでた間も憂鬱にはなってないんじゃよ。
 わしは東京コースが得意だから
 今よりさらに東京を上手に走るにはどうすればいいかなって思って
 休養中は東京コースの本をたくさん買ってきて
 いろいろ研究してたんじゃ。
 新しいことを学んでいるときは
 ポジティブな気持ちでいられるものじゃ」


マチカネニホンバレ
「なるほど!いいお話ありがとうございます!
 僕もこれから本を買いにいきます。
 じゃ、失礼します!」


ワイルドワンダー
「おう、若いもんは勢いがあるのう。
 ・・・・ん?
 し、支払いはわしか・・?」










         完

サブコンテンツ