◆~タガノエリザベート~他人にどう思われるかを気にしない人が成功する



◆『他人にどう思われるかを気にしない人が成功する』◆








日本人は固有の宗教を持たないため

判断基準が「世間体」「他人にどう思われるか」

に偏りがちになる。


日本人の自意識は

世界の中でも強い部類であり

狭い土地で多くの人間が暮らす社会では

他者との関わり合いは最重要項目なのは確かだ。


しかしながら現代に限って言えば

多少孤立したからといって

村八分になって生きていけなくなるケースは稀であり

むしろ自分を抑えてしまいすぎて

その人の独自の個性をつぶしてしまう弊害の方が大きい。


特に最近はメンタル面での悩みを持つ人が増えている。

他人の目を気にしないことは

自分の心を守ることにもつながるし

社会的成功の一要因にもなる。












11R 第14回 KBS京都賞ファンタジーステークス(G3)







1着 タガノエリザベート
2着 ベストクルーズ
3着 グレナディーン
4着 ラナンキュラス(1番人気。ファレノプシスの娘)







~ファンタジーステークス前、記者会見~



記者
「ではラナンキュラスさん、こちらのイスでお願いしまーす!」


ラナンキュラス
「はい。ここでいいかしら。
 あ、ちょっと待ってくださる?
 メイクを直したいわ」


記者大勢 カメラフラッシュ
「ラナンキュラスさん!こっち向いてくださーい!」
「ラナンさん笑顔でお願いしまーす!」




ベストクルーズ
「ラナンちゃん、スゴイ人気ね」

タガノエリザベート
「でもこれは人気投票じゃないから。
 レースは人気がない方が走りやすいわ」




~ファンタジーステークススタート~



ラナンキュラス
「大勢のお客さんが私の姿を見てるから
 美しく走らないといけないわね。
 うわっ!ど、泥が顔にっ!
 だから内枠はいやだって言ったのよー。
 お化粧直さなきゃね。
 ええっと化粧ポーチはどこだっけな」


タガノエリザベート
「人気もないことだし
 ここは一発シンガリから行ったれと。
 ・・・あれ?勝っちゃった」



~レース後~



ラナンキュラス
「おめでとう。エリザベート。
 あんな後ろから直線一気なんてすごいわね。完敗よ」


タガノエリザベート
「違うの、ラナン。
 あなたは背負う物が多かった。
 あのプレッシャーと期待の中で走ったら
 私だったら4着には入れなかったと思う。
 私は人の目と期待を背負わなかったから
 能力を最大限に発揮できたの。
 まだ勝負は終わってない。
 阪神JFで、またいい勝負しましょう!」




ラナンキュラス
「そうね。ありがとう、エリザベート。

サブコンテンツ