◆~シャラナヤ~あなたが真から落ち込んでいて誰かに話しかけてほしい時は、誰もあなたの友達になりたいと思ってはくれない エリザベス女王杯



◆『あなたが真から落ち込んでいて誰かに話しかけてほしい時は
    誰もあなたの友達になりたいと思ってはくれない』◆








なにもかもうまくいかなくて

もうどうればいいかわからない。

誰か助けて、誰か話しかけて。

そう思う時には、誰も話しかけてくれなかったりする。


一方で、自力でやろうと覚悟を決めて

地道にコツコツと淡々と努力しているとき

人が周りに集まってきたりする。


愚痴愚痴いうだけで

泣きごとばかりの人と一緒にいて楽しい人はいない。


なにもかもうまくいかなくても

文句ひとつ言わずにがんばっている人に

人間は魅かれる。












11R 第34回 エリザベス女王杯(GI)







1着 クィーンスプマンテ
2着 テイエムプリキュア
3着 ブエナビスタ
4着 シャラナヤ(フランス)





~エリザベス女王杯 2週間前 関西空港~





調教師デルザングル
「よーしついたぞシャラナヤ。ここが日本アルヨ」


シャラナヤ
「先生、ワタシ初めてのヒコウキで調子がワルイヨ・・」


調教師デルザングル
「なーにいってんだ。おまえはアガ・カーン殿下様の馬だ。
 日本から殿下にいい知らせを届けようじゃナイカ。
 さっそく調教に入るアルヨ」


シャラナヤ
「で、デモ体重がゲッソリと減ってシマッタ・・。
 走れませン。。」


調教師デルザングル
「いいから行け、GOGO!」


シャラナヤ
「ヒーン 涙」







~調教後 マクドナルドにて~



シャラナヤ
「エート、ベーコンレタスバーガーセット。
 ドリンクは赤ワインでお願いシマス」


店員
「も、申し訳ございません。
 当店では赤ワインは・・・」


シャラナヤ
「ソ、ソウナンデスカ・・
 母国フランスではいつも赤ワインだったノデ・・。
 では白ワインでお願いシマス」


店員
「・・・・」




~なんとか注文完了 席へ~




シャラナヤ
「ハァ~結局コーヒーかあ。
 日本人とは好みが合わないワ・・。
 お友達も誰もいないし体調不良だし
 もうカエリタイ・・・涙」


サブコンテンツ